2019/04/21//Sun.
季節は止まらず進んでゆくね
sawara1611.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 うちの方では八重桜が見頃になりました。
 もうあとは葉っぱの季節ですね。
 葉っぱが青々としてくるのも、花が咲くのと同じくらい嬉しいものですね。
2019/03/30//Sat.
これやどれや
sendai1902.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 天気が最悪。
 アレルギーなのか身体もだるくて。
 そういうのを我慢してなんとか真面目に取り組んでいるつもりですが、ぱっとしません。
 ここに書ける面白いことがないってのは、よくない兆候だ。
 なんかしよう、なんか。


2019/03/28//Thu.
あれやそれや
sendai1901.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 イチローさんは、あの名調子でオールナイトニッポンやってくれねえかなあ、って声があるみたいですね。
 彼ならば、さだまさしともいい勝負できると思う。笑


 街を楽しく歩きまして、すると、つまり、スナップ写真ですけど、このDP2メリルもいまだに面白いわけです。
 しかし世の中の最新というのは一点にリコーのGR3が持って行ってるのであり、それを試しに電気屋さんで触ってみる。
 おじさんがほしいらしく、粘着質にしているので、待って。
 動作がシャープで、いいカメラオーラが出ているな。
 そしてちょっと小ぶりになったんじゃない? と、隣にあるGR2と合わせて見たとき、やはり小さくなっている、このぼくの洞察力の鋭さを褒めてください(アサヒカメラとかに載ってるだろ)。
 いいカメラオーラは値段からも実際強く出ており、12万円とか……しかしそれでも価値はあると思う。
 街をこのカメラで撮り歩いたらとても楽しいはず。

 その後、いい感じの家具屋さんを見つけたので入り、かなりいい感じの渋い革張りのソファーを見つけ座ってみると、とてもいい。
 そしてこのお値段が意外に安く、12万円くらいである。
 このカメラを買うか、このソファーを買うか。
 街をうろつくか、部屋でおちつくか。
 どっちもでしょう? 金は使うためにこそあるんだぜ。
 今はたまたまポケットにないだけ、ほんとだよ。

2019/03/13//Wed.
漂泊じんせい
SDIM1051-3.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 たまに都会。
 ライトルームのプリセットでブリーチバイパスをかすったら、なんかそれもいいなと思ったので。
 「漂泊」であって、「漂白」じゃねえんですよ。

 お見せできる写真がないかと画像フォルダをガサゴソしてみると、なんだか雑多にいろんなところの写真があり、行動範囲が広くてすごいね、というより、変だね、のレベルに至りつつある手ざわり。
 てっきりお部屋に閉じこもる性分なのかと思ってましたが、本当はそうやって、アチコチ行く人生だったのだな、きっと。
 不思議な気もするけど、それはそれで面白い。

 自動車は何よりの道具だからして、気候に合わせてスタッドレスを脱がせました。
 分厚い18インチのタイヤの重いことよ、持ち上げるのでやっとです。


2019/02/27//Wed.
いこいのぬるい光
sawara1908.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 妙にホッとするよね、と思いつつも、こんな狭い路地はドラマのセットのようだとも思うのでした。
 お芝居感ありますね。うそくさい。
 自分も、この変なお芝居の登場人物なのかもしれないよ。


 2月ももうすぐ終わる。それはいいけど、月日数勝手に3日短縮版にしてんじゃねえよ。
 シュリンクされた月末を足掻く羽目になって大変不本意。
 2月は結構密に仕事に取り組んだ気もして、ブログや写真編集に向かうのもほどほどにしていました。
 しかし、実際そうしてみると、朝のひと時やサボり息抜きのコレが、自分の情緒安定に多少の良い効果を持っていたのだな……と感じます。
 何もしないってことが「いこい」ではないんだよね。


2019/02/24//Sun.
special moon
sawara1906.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 そうして、日が暮れました。
 キリ良いところまで仕事をして、さあ引き上げようかなと思ったら、「月がとってもきれいですよ」とのお知らせ。
 ちょっと外を覗いただけでは見えなかったので、川べりに移動してみると、まばゆいほどに明るいではありませんか。
 今日はほとんど、太陽と月が交代した、そんな感じです。
 対岸のコンビナート地帯がわが街。


続き...
2019/02/22//Fri.
今度こそ夕焼け
sawara1905.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 やっと夕焼けにありつく感じです(ちょっと横に移動してみた)。
 あー、綺麗。
 僕の心の悪い部分を焼き尽くしてくれねえかなあ。


 そういう意味では仏様に手を合わせることと変わらないと思いまするので、昨日読んだ本を紹介したいと思います。
 創元SF短編賞受賞作であるところの「天駆せよ法勝寺」(amazoooonに天駆します)
 受賞作として紹介されたのを見て、ウワアこれ読みたいと思っていたら、あなた、キンドル出現時108円ですよ!?
 買わなきゃ莫迦、ってえか煩悩の数字値段にしてんじゃねえ!(偶然)

 内容はというと、「佛理学に基づく佛質の佛精(エネルギー)転換により宇宙を旅するお寺「法勝寺」にて、選ばれし七人の宇宙僧たちが三十九光年彼方の星の大仏の御開帳に大発進……合掌!」 という、とにかく素晴らしいもの(?)。
 しびれませんか。読むともっとしびれてきますよ。
 閻浮提なんて言葉も久しぶりに聞いたよね。いかすワードが盛りだくさんです。

 せっかくSFを読むんならこれくらいのぶっ飛び(この際、「佛飛び」)が欲しいものです。
 安いし、短編なので歯切れ良いし、やばい佛とのバトルや金剛パワードスーツみてえなのも出てくるし、お得感満点なのでぜひ読んでみてください。
 (あと、作者のプロフィールにもなかなかぶっ飛べるものがある。)


[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

DP2Merrill 
K-1 
FA35mmf2 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
Flektogon20mmf2.8 
smc-m20mmf4 
smcTakumar105mmf2.8 
K-7 
OtherCamera 
MX-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
OptioA30 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
Pancolar50mmf1.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//