2017/08/13//Sun.
夏の日通信
choshi1704.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 ……というわけで、5月連休の富山・能登半島・一部長野の旅記録は終わりです。
 長野市の山中で巨樹を二つ訪ねた後、山あいに暮れてきた日を眺めながら、「……帰るか」と引き返し、あとはひたすら走りまくって700キロくらい、深夜におうちに到着、もうそれだけです。
 旅はいいもんです。
 車が変わって走りがよくなったし(四輪駆動にしてほんとによかった)、シートもよろしくなったので疲れも半減。 
 何ならもっと走れるというような力を、明日への回復に回せた感じもします。
 いろんな風景、いろんな巨樹に出会ったな、今回も。


 そして、これをまとめている今はもう夏真っ盛りな盆休みなんですけど、夏だというのに僕の身辺は慌ただしくなってきました。
 また生き方が変わるようです。
 正しい道に乗った、あとはまっすぐ前だけを見て頑張れば良いのだと信じきっていましたが、実際はそんなに甘くはない道だったようです。
 本当は右も左も、ごく手前もはるか先も見えていなければいけなかった。
 間断なくバランスを取り続け、その上で予定よりも早く目的地についていなければならなかった。
 要するに、行き当たりばったりでうろうろ旅を続けている僕なんかが、到底選ぶべきではないルートを走っていたのでしょう。

 一旦走り始めたのだから、そのまま我慢して走り続けろ、身を犠牲にして捧げろ、それが男の責任だろと馬鹿な要求をしてきた人もいましたが、払いのけ、この際下道だか脇道だかに一度降りることにしました。
 すると、この旅路はわからないもので、行く先に、急に灯台のような光が見え始めたのです。
 そう、それはまるで灯台でした。
 そこへ向かえと呼んでいる光……そして気づけば、それまでは全く知らなかった道を高速で飛ばしている自分がいるのです。
 知らない道……それはまるで話に聞くアウトバーンのような、今までに走ったことのない道。
 自分の足回りや最高出力や運転技術をばしばし試されるけど、もっと飛ばして走ってみたくなるような道です。
 びっくりしつつ、でも事故にだけは気をつけて……もう脇腹くらいはコスったかもしれないけど……もうちょっとアクセルを踏み込んでみることにします。
 道は続いている。


2017/08/11//Fri.
巨樹を訪ねる 臥雲の三本杉
nagano1723.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 長野市の山中、散らばる集落同士を結ぶ道をくねくねと走り抜け、さらに登ったところに、臥雲院というお寺があります。
 その下方、崖下のようなところに、印象深い杉の巨樹があります。
 「臥雲の三本杉」です。
 このような、変わった立ち姿。
 今回は変わり種の杉に数多く出会う旅です。


続き...
2017/08/05//Sat.
巨樹を訪ねる 赤岩のトチ
nagano1706.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 南北に長い長野県のほぼ最北に当たる地域、長野市から西の山中、七二会(なにあい)という地区に、日本最大と言われるトチノキの巨樹があることを知りました。
 「赤岩のトチ」です。


続き...
2017/08/02//Wed.
ワインディング、ロード
nagano1705.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 人生、生きてる自分が一番よくわからない。
 今って、第何コーナーあたりなんだろう。
 「魔のカーヴ」とかって呼ばれてるそれは、もう過ぎたんだろうか?
 スロー・イン、そしてファスト・アウト?
 ストレートに出てニトロ・ブースト使うんなら、先にプシュッてした方が負けんのか、やっぱ?
 わからない。
 わからないからそれは苦いし、また甘いのかもしれない。


2017/07/30//Sun.
山あり谷ありダム湖もあり
nagano1703.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 (早朝4時に延々流れる環境ビデオ的に、いろいろなグリーンをおたのしみください)

 旅も三日目。
 能登半島を周遊して富山に戻って、富山駅前になぜか取れてしまった宿(またかよ)に一泊。
 黄金週間なんでハナから諦めていたのに、やる気のない検索で思いがけず二泊も宿が取れてしまったという、なんか謎っぽい展開。
 悪くない宿ではありましたが長居はせず、どうしようかと考えた挙句、長野をちょっとかすめて帰ることにしました。
 帰り道も700キロ以上あるからね。

 とはいえ、地図を広げてみると長野県ってのはとても広大であって、なめてかかると大変なことになってしまうのであろう。
 さらに言わせてもらえれば、その広大な面積がほぼ山、道はその間を文字通り縫うようにしか無えんだぜ。
 つまり深追いは禁物であり、これという目標だけを決めてアタックの後、きっぱりと群馬方面に離脱する……高速で長野入りしながら、富山の「ますのすし」おにぎりを食いつつ決意を固めました。
 実はおすしはあまり好きじゃ無いんですが、この日は食いたかったの、疲れてたのかな。
 長野県と一口に言っても、反対側に走ってってしまうと静岡や愛知に抜けられてしまうという、これも三方海しか無いみたいな半島民には信じがたいような事実。
 長野には海が無いんですか、海がなくてどうやって生きてくんだ?(それもまた)

 目標はやはり不動の生けるモニュメント、僕の灯台(?)である巨樹とします。
 まずは有名な戸隠神社をお参りしてみようかなと思って長野市に降りて行ったのですが(戸隠神社にも大きな杉があるというのです)、連休のせいで大混雑。
 戸隠神社ってったら森閑とした奥地感が魅力のはずなのに、例えお参りできたとしてもこれじゃあね、と、車すら停められなかったことの負け惜しみを吐きつつ、通過して。
 あくまで目的地は別、日本最大というトチノキに会いに行くぜ、と、山超え谷越えの道行を走って行きました。

続き...
2017/07/28//Fri.
心の目で見ればいいよ
nagano1702.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 人生はチョコレートの箱と同じ、開けてみるまで中身はわからない。
 ……か。
 BSで「フォレスト・ガンプ」がやっていたので、久しぶりに観ましたが、そうね、ドラマチックでない人生なんてなくて、滑稽で悲しくて、反面、この上なく尊いものですね。
 何が起きるかはわからない。
 これからの自分の人生だって……自分の人生だからこそわからない。
 よく目を開いて見ていこう。


2017/07/23//Sun.
長野の細い道から
nagano1701.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 猛暑日が続いておりますが、皆様お元気ですか。
 旅日記も、書きたいな、書けるかな、と思いつつも、毎日それなりに忙しく、体力も消耗し、なかなか成し遂げられませんでした。
 そんな時には、新しいことに挑戦するのも難しいものです。
 やってみれば何のことはないというのに、なかなか手を出せないのですね。
 この度は、思い立って、自分で動画をアップしてみました。
 これまでくどくどと長文で説明を試みていたような、巨樹に至る細道の小冒険気分を、よりダイレクトな形で共有できるのではないかと期待しております。
 ある意味わくわくする旅の醍醐味、しかし二度は走りたく無え、そんな道行をどうぞご覧ください。
 かしこ。



[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//