2019/01/19//Sat.
森々と閑々
aizu1923.jpg
K-1 mark2 / FA35mmf2

 テイスティなタイトルを出したつもりで、パンダの名前みたいになっちゃう、やはりセンスがないのであろう。

 雪で通行不能にはなりましたが、冬の森の冷えた空気はとても心地良かったです。
 静かだったし、こういうところをゆっくり撮るのも気持ちいい。
 もっとやってみたいけど、無雪地帯の人間である以上、限界はありますね。
 北国に越して身体と習慣を慣らせばいいかなあ。

 久しぶりに使ったちょい古の単焦点レンズも、これはこれで柔らかさがあっていい感じ。
 やはり軽快だし、撮っていて楽しい。
 良い風景の中を、ガチガチの名作志向ではなく、あえて気軽に、さくさく撮りたいものですね。

 
 「楽しいことノート」を作ろうと思って、もちろんその第一項めに書くのは「楽しいことノートを作る」ということなのです。
 哲学的だな。
 宇宙の始まりには何があったの? ……宇宙の始まりがあったんだよ。みたいなね。
 それ自体がすでに楽しいことなので、それはそれで、意味も重さもあるんだね。


2019/01/17//Thu.
巨樹を訪ねる 称名寺のシイノキ 二号樹
shomyoji1813.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 国の天然記念物としての威厳を十分見せてくれる「称名寺のシイノキ」を撮るのは結構エキサイティングな経験ですが、まだあります。
 何が? ……といえば、スダジイです!
 「称名寺のシイノキ」を頑張って撮って、ちょっとクールダウンしようかと奥にあるお墓の方へ行ったところ、そこに突如として、全く無視できない規模のこの樹がそびえていたのです。


続き...
2019/01/14//Mon.
冬はもうしょうがねえな
aizu1911.jpg
K-1 mark2 / FA35mmf2

 日曜日、片道200キロ走って福島県西郷村の甲子温泉にある「剣桂」を撮りに行ってみました。
 これで3度目か4度目なんですが、運が良ければ雪の中の巨樹が撮れるぞ、そしてそれはきっと素晴らしいぞ、と。

 (なんか変だぞ、と思われるかもしれませんが、続きは読んでください)

続き...
2019/01/12//Sat.
巨樹を訪ねる 称名寺のシイノキ
shomyoji1805.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 今回の宮城県巨樹行は、仙台から南下する方向に進んでいきます。
 仙台市から35キロほどに位置する亘理(わたり)町に、国の天然記念物指定を受けたシイがあります。
 シイ王国を標榜する千葉・茨城者としては、見逃すわけにはいきません(*著者の勝手な主張です)。
 10メートルを超える幹周を誇る「称名寺のシイノキ」です。


続き...
2019/01/09//Wed.
たらようの樹
sendai1857.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 仙台市の「苦竹のイチョウ」のすぐ近く、所有者の方のお宅前に面白い樹がありました。
 たらよう(多羅葉樹)です。
 この樹、葉っぱが面白くて、裏側に傷をつけると次第に黒く浮かび上がってくるんです。
 だからこうして文字を書くこともできる。
 「葉書」の言葉の由来です。

続き...
2019/01/07//Mon.
巨樹を訪ねる 苦竹のイチョウ
sendai1846.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 晴れて宮城県入りしました巨樹探訪です。
 まず手始めは杜の都・仙台市から。

 実にアクセスが簡単な立地に、全国的にも有名な国指定天然記念物のイチョウがあるという。
 北国といえど、さすがに黄葉も終わった時期ではありますが、これを見逃すわけには行きません。
 早朝より、電車に乗って。
 電車で訪ねる巨樹だなんて、これが初めてのこと。
 「苦竹のイチョウ」です。

続き...
2019/01/02//Wed.
真弓神社に未知の大杉を求める
mayumi1820.jpg

 新年、駅伝もいいけど、険しめの巨樹探訪もいかがですか。
 今年の巨樹はじめです。

 
 大方、巨樹の記事の方に書いてしまいましたが、現時点で茨城県内巨樹の最後の大物と言える「真弓神社の爺杉」を探訪しに行きました。
 何を言ってやがる、まだまだアレもコレもあるであろう……と、そういう話もあるかもしれませんが、上等です。
 これ以上に見るべきものがあるなら、喜んで出かけますとも。

 と、腕まくりしてやる気を示すのも忘れませんが、今回はちょっと、巨樹に出会うまでの道が険しめでした。
 だからこそ、爺杉の存在感も埋もれ気味だったのでしょうが。
 巨樹「探訪」という字をわざわざ使うことが大げさに思える時もありますが、今回は本当にそれでいいと思います……。


続き...
[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

DP2Merrill 
FA35mmf2 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
K-7 
OtherCamera 
MX-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
OptioA30 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//