2017/12/31//Sun.
今年ももうおしまい
IMGP6007-2.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8

 今年を振り返ると、とてもいろんなことが起こり、ものすごく慌ただしい一年でした。
 人生のうち絶対に起きて欲しくなかったことの、ワースト4からワースト8くらいまでが今年実際に起きてしまったし。
 (ちなみにワースト1は自分が死んじゃうことで、ワースト2は死ぬほど苦しい病気や怪我になりながらも死なないで生きてることで、ワースト3は家族が死んじゃうことなので、そういうのはなくて良かったです)

 それでも何とかこうして大晦日にとしこしソバを食っていられるのは、その都度胸のうちを書き付けることができ、読んでくれる皆さんに声をかけてもらえたからだと思います。
 これって、実はとても贅沢なことだと思って。
 無様にあがいて生きていますが、来年もいろんなところへ行き、いろんな写真を撮り、いろんなことを考え、何とか生きて行こうと思います。
 その中で、「何とか生きてる」だけじゃなく、1ミリでもいいから人間的に成長できるように頑張ります。
 人間的成長の単位って「ミリ」なのかな、わかんないけど。「ミリリットル」かもしれねえ。

 ワーストの数々は実際に起きてしまったので来年はもうネタ切れでしょうから、面白いことばかり起きてくれる1年、2018年だといいな。
 ここにもそういう写真や、記事を載せたいものです。

 旅日記は年内に終わりませんでしたが、なに、当初の想定通りです(笑)。
 お正月に原稿書きを楽しみます。
 では、来年もどうかよろしくお願い致します!

 2017年末の狛

2017/03/05//Sun.
こんにちは、新しい相棒
forester1701.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG

 別れもあれば、新たな出会いもある。
 それが春なんだろう。
 (ここは一体何ブログなんだろうか? 駄文がたいへんに長く連なるので、お暇にどうぞ)

続き...
2017/03/04//Sat.
ありがとう、Fit
fukushima1702.jpg
K-1 / FA35mmf2

 金曜日も終わり、あとはスバル自動車に乗り付けたら、わがフィットともお別れです。
 小さかったけど、いい車だった。
 足掛け6年になるのかな、大きな故障は一度もなく、約9万キロ走ったリッターあたりの平均燃費は18・1キロ。
 ハイブリッドがどのくらい行くのかわからないけど、かなり優秀なのは間違いないでしょう。

 名車伝説。
 日常に必要な運転はもちろん、車旅の楽しさを知ることができたのも、このフィットが抜群に乗りやすかったから。
 思い返せば、東京にいた頃なんかは、車の運転は嫌で仕方がなかったんだけど……。
 田舎にすっこんで、車主体の生活に移行できたのも、フィットという親しみやすい足があってくれたからだと思います。
 だから、新しい車では、フィットでは行けなかったとこを目指し、できなかったことをしようと、そう思って。
 ありがとう、フィット。
 自動車の楽しさを教えてくれてありがとう。


続き...
2017/02/02//Thu.
ブランク
hasaki1649.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 グズっぽいことを書いては消し、書いては消し、結局なんにも残らなくなってしまった。
 
 
2017/01/15//Sun.
いずれひとりで生きていく
fukushima1701.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2

 ひどく寂しいけど、そういうものなのかもしれない。

 
 ご訪問ありがとうございます。
 実は、これまでの人生で最大の別れを経験してしまい、心身ともに参っている状態です。
 いつかは立ち直る……そう信じてはいますが、まだ少し時間がかかりそうです。
 申し訳ありませんが、しばらくブログ更新はお休みします。
 再開したら、またどうか交流をお願い致します。


2016/12/18//Sun.
疵色の海
hasaki1648.jpg
K-7 / ENNA Ennalyt 24mmf4

 大切なものを失った。
 大切なものを失っていたことに気づいた。
 失って、代わりに僕は何かを得たのだろうか。


2016/12/13//Tue.
戻りたい、戻れない
kawarago1611.jpg
K-1 / smc-m 150mm f3.5

 時折、過去の自分を何時間もかけて振り返ってしまう日というのがあり、例えば昨日がその日でした。
 昔影響を受けた本や映画などを再度鑑賞することが引き金になることが多く、それを受けて、ああ自分もあんなことを考えたっけな、あんなものを作ったっけな、と、自らの創作物を記憶媒体の奥底から引っ張りだしてきて埃を払い、今一度眺めてみたりするのです。
 呆れられると思うのですが、自分が下手くそだとは思いません。
 そうすることでいつも、過去の俺もなかなかやるな、などと、いくらかの自信を取り戻せるものです。
 また、うまくできているもので、全て格納したはずの物品も、所々消えていたり、壊れていたりする。
 記憶というものは、到底完全なままではいられないのだというかのように……。
 その欠損した所々から、じわりと湧き出してくるのが、当時の思い出です。
 仲の良かった人たちとのやりとりや、熱意冷めやらぬまま深夜まで没頭した日々の記憶……今はもう持っていないものの残像。
 気づいて今の自分を俯瞰すれば、いかにも別の人間になってしまったかのようで、さっき感じた自信とは裏腹、胸の奥がぶるぶると戦慄くのを感じます。
 自分は、失ってしまったのだろうか。
 もう、それは、二度と取り戻せないものなのだろうか……。
 再チャレンジを禁ずるとは、誰も言ってはいないのです。
 自分自身を除いては。
 本気でそう思うのであれば、また、今のこの自分を捨てなければならない気がし、怖いのです。
 それを捨てずに、二つのことを手にしようとすることは、二人分の人生を生きようとするようなものだとも思います。
 今のお前には、そんなことは無理だ。
 過去の自分がそう言っているような気がします。
 もう過去の自分には戻れない。
 二人分の人生は生きられない。
 だとしたら、過去の、剥離した自分を食って、さらに強い自分になるしかない。
 そのためには、ぼんやりしている暇なんて、本当は無かったのだと思います。


[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
MX-1 
DP2Merrill 
Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
OptioA30 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//