2018/12/10//Mon.
瑞鳳殿を見る
sendai1819.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 ここが仙台が誇る瑞鳳殿。
 ザ・装飾過多、ですが、黒が締まってかっこよさも感じましたね。
 細かいところを見ても造形がよくできているので、重厚感があります。
 人気の高さ、人出の多さはさすがの一言。
 思ったよりも空間的に広くないこともあり、なかなかうまく撮れなかったのが悔やまれます……。


続き...
2018/12/09//Sun.
瑞鳳殿近くの色付く木々(と古いレンズ)
sendai1834.jpg
K-1 mark2 / CZ Ultron 50mmf1.8

 伊達政宗公のお墓である「瑞鳳殿」に向かう道すがら。

 仙台行きに嬉しくなってしまって、いつものお道具だけでは勿体なく思いました。
 シグマさんでは結局1枚も撮らなかったけど……まあそういうもんさ。
 M42スクリューレンズはどうしても持ち出したく、色々迷いましたが、結局凹みウルトロンは外せません。
 後から考えてみれば鞆の浦でもコレでしたね……。 

 うっわ、難しい! というのが久しぶりの感想。
 超便利なデジタル専用ズームレンズとAFに慣れつつある身に、50ミリ単焦点のマニュアルレンズがお灸を据えてくれます。
 ピント面はかなりシャープで、フルサイズデジタルで撮っても良い案配に見える。
 今年満50歳のレンズがこの写りとは、すごいことだぜ。

続き...
2018/12/03//Mon.
仙台におりまして御座居ます。
sendai1801.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 この土日は仙台にちょっと。
 お読みの方にはもう隠しようがありませんが「私の頭の中の距離計」がバカになっているので、まだ行ってなくて行きたいと思った土地には行ってしまいます。
 だってさあ、人っていつ死んじゃうかわかんないでしょう(極限の論理)。

 スタッドレスタイヤを導入したわけですが、だからと言って積雪しているところへ積極的に出かける気はありません。
 なるべく降る前だよねということで、そういう意味でも仙台は良い地理ではありました。
 宮城仙台以南の巨樹を探す。
 と同時に、仙台には、こんなやけっぱちなブログに対して数年来暖かい励ましを下さっているぴよ社長さん(「週末は休みます」)がお住まいです。
 「日頃の感謝を伝えたいし仙台でうまいものが食いたい」とダメもとでメッセージしたところ、快くガイドを引き受けてくださいました。

 仙台は初めてだったので、もうベタベタな仙台観光がうれしく、例えば伊達正宗のこの像なんかは外せません。
 こうしてトップに飾ることしか実際考えられない。

続き...
2018/10/26//Fri.
会津盆地に日が暮れゆきます
kitakata18051.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 喜多方を出て会津若松市へやってきました。
 すごい巨樹があるということで……実際すごかったです。
 と、余韻をかみしめつつこの写真を撮った頃にはもう夕焼けになっていましたが、会津若松に入った頃は本気の本降りでした。


続き...
2018/10/21//Sun.
喜多方市のそば盛りを見て、そのあと
kitakata18035.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
MX-1

 そば畑の花満開を堪能した後、少し走って熱塩温泉にやってきました。
 もちろん、ここに巨樹があると聞いてのことです。
 そうなるのです。


続き...
2018/10/18//Thu.
酪農天国より、いま戻りました
hokkaido1802.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 酪農。こういう風景って本当にあるんだなあ。
 ……というか、あちこちにありました。
 しかも名高い十勝平野とかじゃないってのに。
 ここは、えーと、どこだっけ、根室の近くです。

 本日、お家にまで戻って参りました。
 とりあえず、撮影してきたデータのバックアップをとったところです。
 それを見ていて、思います。 
 鉄は熱いうちに打てと申しますが、雨降って地固まるとも申します。
 北海道の素晴らしい秋色を見、しかも北海道は今晩からは雪だという。
 えー、何が言いたいかと申しますと(なぜか結婚式のスピーチみたいになってる)、つまり、それらを当方のブログに載せ始めてしまうと、こちらでも短い秋がどんどん(中略)

 あのう、夏の写真、まだ間に合いますか?(汗)
 北海道の写真編集をするにも時間がかかりますし、載せないことにはもう来年までお預けになってしまう。
 巨樹の写真だってある。
 まずはそっちです。
 やると言ったらやるの。

2018/10/17//Wed.
これから帰ります/北海道からのおてがみ
hokkaido1801.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 あらこのブログ、きっと広告出す気なのね? とお思いでしょうが、ふほんい。
 皆様いかがおすごしでしょうか、電波がなかったり機材がなかったり、あっても僕がぺしゃんこだったりで更新できませんで、覗いて下さった方には申し訳ないことをしました。
 今、苫小牧から帰りのフェリーが出航しようとしているところです。
 ビールが飲みてえらしく、山盛りの餃子を持ち込んでる男がいて、すげえくせえ。

 それは兎も角。
 北海道うろうろ旅、いろんなことがありました……。
 出会いもあり、写真もいろいろ撮り、変なことを延々考え。
 洋上では再びオフラインになりますので、その時間を利用して、雑記にでもまとめたいと思います。
 ああ、離岸する。
 それでは、ボンボヤージ……(それどういう意味?)。


[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
MX-1 
DP2Merrill 
Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
OptioA30 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//