2011/10/31//Mon.
静謐の間から
ueno160068.jpg
MX / CZ Ultron 50mmf1.8 / Presto400

上野に行くと、たまにこの法隆寺宝物館に寄ります。
建物も展示の仕方もすごくいいのですが、それらが生み出すひんやりとした空間と静けさがまた何とも言えません。
それが写真に写るかどうかと思って撮ってみたのですが……まあ、うるさくは写ってないかな(苦笑)。


2011/10/30//Sun.
護国寺の猫
gokokuji1101.jpg
LX / CZ Distagon 35mmf2.8 / Presto400

きれいな写真終了のおしらせです。


今日は一日アルバイトの日だったのですけども、なんと、出勤シフトを間違えてしまいました。
要は遅刻になってしまったわけなのですけれども、寝坊したわけでもなく、朝の時間を有効に活用して病院にちょっと行って、自分としては良し、と疑わず通勤して遅刻。
職場の皆さんに迷惑をかけたと思うし、もう間違うまいと思うのも本心ですが、しかし、病院(皮膚/アレルギー科です)に行けて良かったとも思うのです。
考えてみれば、今の僕には、病院や役所や銀行に行けるチャンスがほとんどないのです。
この前一文無し状態(カードの不都合で、手続きしないとお金も下ろせない)に陥ったこともあるし、スケジュール管理や身の回り管理をもっとちゃんとしないとやばいな、都心にありながら行き倒れちゃうな、と思いました。


2011/10/28//Fri.
プラダブティックビル
omotesando1102.jpg
K-7 / smc-m 20mmf4

表参道にはそれはもう変な建物が沢山あったのですが、ひとつだけ。
やはり何度見ても強烈すぎるプラダのビル。
知ってる、ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計。
ビル全体がショーケースみたい、といえばブティックとして正しそうだけど、やっぱりこの外観は正気の沙汰とは思えない(笑)。


続き...
2011/10/28//Fri.
あったかい日に表参道を歩いてみた
omotesando1101.jpg
K-7 / smc-m 20mmf4

いろんなへんなタテモノがあるということで、原宿を歩いてみました。
すごいタテモノがあるもんです。
生活感ゼロ。


2011/10/26//Wed.
ピース、ホリデイ
gyoen1102.jpg
MX / CZ Ultron 50mmf1.8 / Presto400

ドロっとした陰気ネガの合間に、こういう明るいコマを見つけると、何だかドキッとしてしまいます。
自分で撮ったというのにね。


追記:
「某日の光景」(スナップ、モノクロもの)カテゴリ、700号、ワーイ。


2011/10/25//Tue.
この辺りで夜、人がいなくなる
yanaka1112.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Presto400

サニティレベルが低下してきた恐ろしいアロエ。
こわい。


「何のために撮り、見せるのか?」
という主題について何千文字も書いたけど、どうでもよくなって消してしまいました。
自分のためだよ。
自分で自分をもっとよく知りたいから、もっというと、自分のことをもっと好きになりたいから、変わった鏡の代わりに写真をやってるんでしょう。

いいこと言った。
でも、この写真を見てから考えると、想像以上に僕の根底は陰気だということになります……。
陰気上等、だって仕方ないじゃん。


2011/10/25//Tue.
宿題にありつく
noname410.jpg
K-7 / sigma 28mmf1.8 EXDG

強行軍だった文化祭も何とか終え、代休みたいになったので、宿題をしました。
ほとんど一日中。
捨てても捨ててもけしごむのカスが机の上いっぱいに散らばります。
終わらないので、明日もやります。
早起きするぞー!
って、もう夜中か……。


2011/10/23//Sun.
方角じたばた
harajuku1101.jpg
K-7 / smc-m 20mmf4

ピンク色:「右?」
おまわりさん:「まっすぐ行って左」
ピンク色:「それからまた右?」
おまわりさん:「左、すこしまっすぐ行って、最初の曲がり角で左」
ピンク色:「ああ、左ね、Thanx,」
通学にしてはカラフルなリュック:(それではまた元の位置に戻ってしまわないか知らん?)
もうじき23歳:(まったく、毎日が茶番ね)


2011/10/22//Sat.
浅草寸景
asakusa1104.jpg
K-7 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

僕の浅草の印象は、こういう、脈絡のない強いモノがぎっちり詰まってる感じ。
うなぎと天ぷらが一緒の折り詰めに入ってる感じ。


2011/10/21//Fri.
まんじゅう
oji1114.jpg
ME Super / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

文化祭の準備をしつつ、クラスの面々の写真を撮る。
皆、デジタル一眼に興味津々で、引っ張りだこになる私のKー7。
こんなにたくさんシャッター切られたのも初めてかも知れんね。

おかげで、普段あまり喋ったこともないような面々と仲良くなれたりもしました。
持っていって良かった。
今日も持っていって、みんなで撮ろう。


2011/10/19//Wed.
21世紀の19歳の写真
gokokuji1103.jpg
ME Super / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

何か起きそうな空。
そしてカーヴミラー。


秋なので学校は文化祭です。
文化祭ったって、昨日と今日とくらいで何が催せるんですかというところですが、ひょんなことで皆から写真を集めて飾ることになりました。
最近の18、19くらいの若者って、携帯ばっかりですね。
携帯電話で撮るなんて習慣は全くないので、こんなにたくさん携帯電話写真を見たのは初めてですが、いくら携帯のカメラが進歩したって言ったって、ちゃんとしたデジカメの敵ではないですね。
どれがiPhoneのかわかんなかったけど、所詮はもしもし、フィルムカメラの敵でもないです。

いやしかしあれだ、写真というのは半分くらいは道具かもしれないけど、あと半分くらいは違うもので出来てるわけで、携帯電話とは言え、そんな若い頃に自分専用のデジタルカメラがあるというのは、意欲をかき立てられると思うのだけど(自分がそれくらいの時にはカメラ高かったし)、なんだ、皆、若きやる気は無いの?

考える。
「写真=フィルム」という時代を経験してからデジタルの恩恵を受けるのと、最初から「写真=デジタル」でしかない世代では、カメラを手にするということの意味や価値が全く違うのだろう。
ましてや彼らにとっては「写真=デジタル=携帯電話の一機能」でしかないわけで、つまり「僕の言う写真≠彼らの言う写真」である可能性が高い。
写真って何? という時、彼らのは、ごくごく軽くて小さい、貼って剥がせて指先で丸めて飛ばしたり捨てたりできるポストイットみたいな記録のことで、携帯の画面でそこそこ見られればそれでいい。
自分がいいと思う写真を持って来てください、と言われて、ネットからかっぱらった画像を持ってくる奴が何人もいるというのも、そこいらに原因がありそう。
写真というのは、彼らの中ですでに物体ですらなくなっている。

だからダメだと言うんじゃなく、こういう機会に、できるだけホントっぽい写真の魅力というものを教えてあげたいなと思ったのです。
いや、僕がやってる写真が本当に写真であると言えるのかはわかりませんが、もっと深いとこに首突っ込んでみるのも面白いぜ、と、それくらい示してみたい。
そして、彼らの人生をちょっと狂わせてみたい。
三分後にはもう黒いカメラ持ってダイドーがどうの、とか言ってそうです(苦笑)。


2011/10/18//Tue.
やきそば屋さん
mukoujima1101.jpg
LX / CZ Ultron 50mmf1.8 / Presto400

何回か食べるとすぐ飽きるのに、時たますごく食べたくなってしまう食いもん、やきそばです。

むさい研修所に何日も篭ってやっと最終日、道の駅まで外出し、なんかみんな浮かれて富士宮やきそば食いたい、とか観光パンフレット見て陰気にはしゃいでいましたが、「おうちに帰るまでが研修」が水をさす。
そう、それは叶わぬ、絶対に叶わぬ、なぜならばお昼は研修所に戻って給食の「三色丼」を食わねばならぬからだ。
という。
「三色丼」? まさか三色に着色分けされたおしんこが乗ってるだけの奴じゃなかろうな?
しかしそのまさかがまかり通るのがこの研修所という施設であり、いったい俺たちのすてきなランチタイムをどうしてくれる。
すわ、暴動か。ぼうちゃんか。
ウワーとか叫んでアンチライアット仕様の教官たちと衝突する我ら。
「やきそばか、暴力か。昼食選択の自由断固死守!」
死屍累々。

……まあ、そうならなかっただけ僕らは恵まれていたと言えます。お肉乗ってたしね。
ミックスベジタブル丼でもなかったし。

おいしいやきそばくいたい。


2011/10/16//Sun.
富士
fuji1102.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Presto400


2011/10/16//Sun.
谷中をデスレンズで撮ったりした
yanaka1109.jpg
ME Super / ENNA Ennalyt 24mmf4 / Presto1600

古本屋にて赤城耕一氏のレンズマニア本が安く転がってたので暇つぶしに購入。
ウフフ、作例を見ても、解説にほとんど共感できねえ……。
レンズの描写、個性というものを言葉を尽くして書いてはいるが、「ボケが重い」とか「階調にコクがある」とか、よくわかんねえんだよ。
読んでて思わず笑ってしまいます。

いつも思うけど、30年とか50年も前のレンズを評価して、どれだけそれが一般的に通用するんでしょう。
どっか劣化してるでしょ、だいたい。
当時撮られた写真と見比べると言ったところで、今度はフィルムが違うでしょ。
「ウチにあるのは今こういう写り」というような表現を付けた方がいいと思うんだけどなあ……。

その点、ウチのエンナリートはものすごい描写をしますぜ。
人を撮ればゾンビに、街を撮れば爆撃後みたいに撮れます。
ジャンクの一点ものだから、大事にしましょう。


それにしても、赤城氏、10年前も今も、書いてる内容ぜんぜん変わらんね……。
自虐ネタと「驚くほど」を連発しすぎ。
マニア歴長いのに、どれだけ感受性豊かなんですか。
この芸風で驚くほど長い年月ごはんを食べて来られてるのだから、やっぱすごいお人だぜ。
って、こうやって突っ込んで楽しむタイプのエンターテインメント本なのかも、この本……。


2011/10/15//Sat.
グレイスケールの秋
gyoen1101.jpg
MX / CZ Distagon 35mmf2.8 / FP4+ 125

ぱっと見、自分でも何を撮ったのかわかんなくなったりしました。
色々なグレイ。


無事に富士の裾野から生還しました。
むこう、寒かったです。
研修、辛かったです。
なので、名残惜しさなぞ全くなく、実に爽やかにお別れすることができました。
帰りたくない度ゼロパーですよゼロパー、じゃあサヨナラバイバイ!
ただいま、狭いけれど快適な我が家。
写真との生活。


2011/10/10//Mon.
山篭りたくねえ
shimokita160066.jpg
ME Super / smc-m 28mmf2.8 / Presto1600

そういうわけで、明日早く、4泊5日で訓練合宿に行ってきます……。
できるならば僕も行きたくはないのですが、行かないと留年と脅されているので、やむなし。
携帯の電波も通じないようなところなので、その間更新が途絶えますが、どうかよろしくお願い致します(何を?)。

あー、しかし、こういう時は4日眺めても飽きないような、味わい深い写真が載せられるといいんですけれどね。
ないや、そういうの。
では、しばし空き家です!


2011/10/10//Mon.
さんぽびより
takada1108.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / Presto400

明日早朝から富士に強化合宿なので支度を。
これほど面白くない旅支度もなかなか無いもんだな……と思いつつ、現地は標高900メートルでスゲエ寒いというので、どうしたら荷物少なく凍えずに居られるかと装備を吟味。

もちろん、わざわざ行かされるのだから富士の風景でも撮らにゃと思うわけですが、僕は気づいてしまいましたよ。
日中の自由時間がほとんど無いということにネ。
何このパワースケジュール……。
ガス抜きは体育館で暴れろって……。

拗ねちゃって、エスピオミニとコンデジしか持っていかない予定になりました。
まあね、ほら、過去の実績から言って、エスピオミニ、旅先でいい仕事してくれてるから。ね。


2011/10/10//Mon.
裏坂と休日と戦争のはらわた
oji1111.jpg
ME Super / smc-m 28mmf2.8 / Presto1600

完全休業日。
秋の空を満喫するべく、御苑にて芝生昼食。
成城石井でオリーブ入りのパンとポテトサラダを買う。
そこに手作りの人参のポタージュがつく。
なんてみんな旨いこと。
久々に引っ張り出したMXと50ミリで木漏れ日なんかを撮る。
幸せのひととき。


帰って来てカレーの残りでカレーうどんを作って喰い、コーヒーを飲み、昼寝をし、ペキンパー「戦争のはらわた」を観る。
やはりペキンパーの画面の回し方(あるいはつなぎ方)は最高に素晴らしいと思う。
特に本作ではキレてると思うので、まだ観てない人は後に取っておいて観てください、と言いたいくらい。

機銃掃射、戦車、爆撃、炸裂、バラバラに吹き飛ぶ建造物、スローモーションで吹っ飛ぶ兵士。
シーンの切り替えと並べ方と速度とセンスがすごくて、毎度ペキンパーの映画には、どんどん進んでっちゃって逆らえない運命の遠心力みたいなものを感じる。
ましてや戦争ものだし、CGなんか無いからすごく画面が暴力的かつ破壊的なのだけど、妙な静けさがあったりして、戦場で耳がキーンとなってるような気分になる。
ほんと素晴らしい。

明日は「ゲッタウェイ」また観ようかな。
「ワイルドバンチ」でもいいな。
埃っぽくてむさいし、暴力的で不条理だし、こういう映画ばかし観てるとモテなくなりそうだけど。

今でもモテないからまあいいか。


2011/10/09//Sun.
裏通りの正午
ootsuka1112.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / Presto400

カーサ・ブルータスのコーヒー特集号を読んでいたのですが、やはり写真とコーヒーというのはよく似ていますね。
サンフランシスコではもっぱらダークローストが好まれていたが、ここ数年、豆の甘みや風味をもっと味わおうという動きが出てきている。
それも、往年のロースターや器具を使っての手作業がメインで、その過程をわざわざお客に見てもらい、目の前で時間をかけてドリップして出すという店が多く出てきている。
とのこと。

高感度フィルムでバシバシ撮ってた写真て、いわゆるダークローストのようなもので、これはこれで好きなんですが、これでは隠れてしまって味わいにくい風味もある。
数年前にエルサルバドルのコーヒーを初めて飲んだ時、甘みと独特の後味にびっくりしたのを思い出します。
色々味わえると思うと、それだけ楽しいもんですよね。


2011/10/08//Sat.
ちょっと、整備
takada1106.jpg
LX / CZ Distagon 35mmf2.8 / Presto400

ちょっと今整備で手が離せないニャ。
新聞なら間に合ってるニャ。

(評)
いい歳の野郎が語尾に「ニャ」とか付けて喋るな。


……というのはどうでもいいとして、来週頭から富士まで出かけていって研修合宿なんですけど。
折角、カフェオレ色の秋の始まりを情緒豊かに味わおうと思ってたのに、富士、スゲエ寒いってんですけど。
懸命に本気モードの冬支度、雨天決行強制野外作業で自衛隊の訓練みたいだニャ。


2011/10/06//Thu.
路地と影
ootsuka1113.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / Presto400

ジョブズが亡くなったんですね……。
今、iPhoneもiPadも欲しいとは思っていませんが、Macがなかったら、ここまでコンピュータ文明と仲良くなれはしなかったでしょう。
なんかこう、Macをいじってると創作意欲が湧くような感じがあって、なんだかんだもう二十年近くの付き合いになってます。
その間、何世代ものMacを使って、絵も描いたし、文章も書いたし、音楽もやったし、サイトも作ったし、写真にも活用しているし……こういう道具を作ってくれたジョブズ氏には素直にありがとうと言いたい気分です。
あとは、月並みですが、後続が今後より良い製品を生み出してくれることを願うばかりです。


2011/10/05//Wed.
空と蜘蛛
ootsuka1101.jpg
k-7 / FA 35mmf2

雲を背負って獲物を待つ。


嫌いな人も多かろうとは思うのですが、我が家では蜘蛛を殺しません。
事故死ってのはもちろんあって、これはスマンと思うのですが、家の中に入り込んでくる蜘蛛については益虫指定して、邪魔な時でも外へ逃がすくらいにしています。
みんなが嫌う衛生害虫の天敵ですし、蜘蛛がいることで明らかに衛生害虫は減ると感じています。

ハエトリグモなんかはその筆頭で、自分ちでハエやカを捕獲するところを何度か観察していますが、大変素晴らしいです。
小さい身体の中にものすごい運動能力と知覚力が備わっていて、一分の無駄も無い、優れた生き物です。

天地反転だろうが垂直だろうが自由に走れるし、いつも糸を出してて、落ちてもすぐ元の位置に戻れる。
紫外線を見ることもできる奴もいるし、パラシュートの応用で空だって飛べる。
現在の科学ではとても蜘蛛糸と同じ強度の繊維を作ることはできない。
アラクノ・フォビアと言って、人間には元々蜘蛛を怖がる本能もあるらしいですが、一面では、生き物としてのこの高性能さが怖いのじゃないかとも思うのです。


2011/10/05//Wed.
灰色彼岸花と僕の危機
ootsuka1114.jpg
LX / CZ Distagon 35mmf2.8 / Presto400

咲き始めのやつを。


銀行のカードが有効期限切れで使えず、じゃあ郵便局で下ろすか、と思ったら、カードボロくて磁気死んでて使えませんでした。
所持金500円。
ついに1円も使わないレースの始まりです。
ウワー、なんも買えん。


2011/10/02//Sun.
街角の牛
ootsuka1108.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / Presto400


2011/10/02//Sun.
夏の尻尾
ootsuka1110.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / Presto400

想い出を引きずりながら、今年も夏が去って行った。


2011/10/01//Sat.
グレイなレンズ
otowa1101.jpg
LX / CZ Distagon 35mmf2.8 / Presto400

質問いただいたので、ちょっと変なレンズの話。
うちのディスタゴンは、すごくグレイがよく出るレンズです。
自家現像でいつもコントラスト高めにしてしまう僕がやってもこうなので、本当なんじゃないかと思います。

しかし、多分、レンズ好きなあなた方が想像するディスタゴンとは別物です。


続き...
[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-7 
FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//