2012/09/30//Sun.
台風、インドア
sasazuka160144.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / presto400

アボカド。
ジャングルだかどこだかで最初にこれを発見した人は、さぞかし神様に感謝したのじゃないかな。
これだけこってりしててカロリーの高そうな木の実なんて。
おしょうゆ持ってジャングル入るしかねえな。



大型タイフーンが近づいていてせっかくのお休みがお部屋の中、の、9月の最後ですね。
と言いつつ、昼間は風の影響で晴れていたので、少し歩いて買い物などはして来ましたが、夕方からはもうダメです。
昨日一日、模試と講習に費やしたので、疲れていると言えば疲れているんですけどね……。

エスピオミニが本当に死にかけなのかどうか、確認する意味でスーパーゴールド賞味期限切れを込めて撮っていますが……なにこれ、最初がちょっと怪しかった意外、ジャムらないじゃない。
もうダメ捨てるかも、と言うや復調するという道具のけなげさ。
「まだ使えるよ! 捨てないで!」っていう。
こいつ自身、何度もこうして生きながらえて来たカメラですが、そういうのに弱いです。
そういうことが起きるのがいい道具の条件なんじゃないかとも思う。

実際、これがあるとないとではだいぶ違ってしまうよなあ、と思います。
365日中、362日くらいは持って歩いてますしね。
残り3日は、僕が潰れている日か、バッグを取り替えたのを忘れた日です。


2012/09/28//Fri.
プライベート港付き住宅
nagasaki160021-1.jpg
LX / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / SS100

SSL(シーサイドライナー)の車窓から。
このお宅、純和風ながら、どうやら専用の格納庫と小型の港のようなものを備えているようですよ。
なんて素晴らしい……物語ができそうな家です。
こういう案配なので、おそらく一年通して海は穏やかなのでしょう。
小舟で目の前の海にふとこぎ出して、考えごとしたり昼寝したり釣りをしてみたり、思いつきで泳いでみたり。
そういう暮らしがしたいなと思うものの、ウチの方の太平洋は荒っぽすぎて無理ですねえ(苦笑)。



エスピオミニが何度目かの不調です。
勝手にフィルムを巻き戻してしまう(送ってしまう?)らしく、昨日現像したフィルムは真ん中が全部抜けてて12枚くらいしか写っていませんでした。
今もフィルムを入れてますが、時折勝手にモーターが作動してしまう……。
壊れてると部品がないので絶望ですが、メンテでどうにかなるなら、出してみようかどうか迷います。
今さらフィルムコンパクトを増やす気にもならないし、32ミリっての、何でも撮れる感じでなかなか好きなんですよね。
何より、いつでも持っていられて、ぱっと出してぱっと撮れるカメラがないと、枚数がぐっと減ってしまいます。
どうしよう、やっぱり出そうかな。


2012/09/27//Thu.
夏去りて少し落涙す
nagasaki160019.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / SS100

テスト返却期間も大詰めで、大変疲れています。
別に赤点はないし、将来的にもまずいところはあんまりないんですが、こう、ばっさりと点数付けられて他人と順位で並べられるというのはイヤなもんです。
どうしたって、自分が何番目か気にしてしまうじゃないですか。

6教科目まではよかったんですが、7教科目でコケました。
というか、言わせてもらえば、あれは問題が悪い。
しかも△でマイナス8点、次の問題も連動してて△で計マイナス11点って配点でかすぎだって……(涙)。
試験中に先生に質問したかったけど、先生出張で来なかったし。
これたった一発でがっくり来ましたってば。

目の前に河原があったら2時間くらい沈む秋の夕日を眺めながら石を投げています。
しかしその2時間も僕にはないので、ひとり哀しく課題に取り組んでいます。



夜中までやって眠ったら、またテスト受けてる夢見た……。


2012/09/25//Tue.
古くならない
sasazuka1006.jpg
MX / CZ Ultron 50mmf1.8 / SG400

窓を開けたら、なんだこの寒さは!? という。
真夏の写真をアップするのを躊躇わせるような、いきなりの季節の転向です。
こういう時はモノ撮りの写真でも載せよう。
これ以上古くならないし、季節も問わないわたくしのLX。
あっ、今このストラップじゃないや。


2012/09/23//Sun.
秋が降りしきる
sasazuka160142.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / SS100

今日は一日中良く降りましたね。
八月中旬以来かもしれない休日の週末でしたが、まあ、雨があれだけ降っていてくれたおかげで無茶して余計疲れた、というようなことにならずに済んだかも。
宿題もやったけど、テスト疲れなのか、なんだか長く眠りました。

夜になって外に出たら、すっかり肌寒くて、夏の面影はどこにもなかった。
そうだ、四季折々を楽しむんだった。
秋も冬も忙しくて、わざと忙しくしている気もしますが、その辺りはちゃんと感じないとウソですよね。


2012/09/22//Sat.
夏の終わりの祭
sasazuka160141.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / presto400

夏の終わり、秋の始まりを毎年感じる商店街のお祭り……からももう一ヶ月経ってしまうのですね。
脱東京してしまう手前、今年が最後だと思うと何だかちょっとしんみりしました。
なに、遠くはないので、来たければ来ればいいじゃない。
と、いつものチンさんの店でお惣菜を買いました。
山ほど作られてガンガン売れていく巨大な中華総菜(3パックで千円、食いきれないほど)。
台湾系だからちょっと香辛料の使い方が変わってることもあるんですが、うまいです。
お祭りの次の日にいくと、チャーハンに刻んだ唐揚げ入ってたりするんだよネ。
残り物入れたでしょう、チンさん(うまいから許す)。


ああそうだ……期末テストが終了しました。
運命的に俺終わった、という意味ではなく、そうでなくて本当に良かった。
ただし、つめが甘いのか、机の上のデーモンに刺されたのか、いまいち完璧な出来ではない。
いいよもう、くどくど考えたって点数あがるわけじゃなし……(←でも考えてる)。



2012/09/21//Fri.
ウェザーニュース/サンダーストーム
nagasaki160017.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / presto400

長崎帰りの飛行機から。
この時、長崎上空に急激に積乱雲が発達し始め、飛行機が飛び立った直後、ものすごい雷雨に見舞われたようです。
飛行機も遅れたり欠航したようなので、間一髪でした。

飛行機からは、天気図を立体視することができます。
これから雷雨をもたらす元凶の雲が盛んに稲光を発生させている様は、怖いけど、荘厳で、綺麗でした。
積乱雲は、高さ1500メートル、内部に蓄えている水の量は、ドラム缶で換算して1000万本以上にもなるとのことです。


2012/09/20//Thu.
夏の出口にしがみつく
sasazuka160140.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / presto400

いきなり地を叩く雨とともに、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね。
それより何より、日の短さ。
いつまでも明るかった夏のことを思うと、何だか寂しい気分になってきます。
蝉たちの季節ももう終わり。
輪廻転生を信じたいような、信じたくないような気分になりながら、ひとまず、おつかれさまと言います。


2012/09/19//Wed.
とんねる横町の午後
sasebo1216.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

防空壕を改造したという古い商店街にて。
土地のものを売るお店で、アメガタというお菓子(固めた黒糖入りの飴がオブラートに包んであって、砕いて食べる)とアゴのだしを買いました。


続き...
2012/09/17//Mon.
平和な日本、ねえ
ryogoku1203.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

忙しくて能動的にニュースを摂取していなかったら、何ですか、あの中国の馬鹿騒ぎは。
中国人が中国で中国人の店や雇用を破壊して、これを日本のせいにして、馬鹿政府はあとでお詫びに国有化した島をプレゼントするんですか?
日本人見たら殺せとか犯せって言ってるみたいだし、もう企業も何もみんな引き上げた方がいいんじゃないですか。
韓国にしても、話し合いで物事を解決できない、そういう程度の国だってことがわかったんだから、どうしようもないでしょう。
確かに日本人は歴史に疎すぎますが、慰安婦問題とか南京事件とかを引き合いに出して、ヒートアップして、この21世紀に、破壊やら略奪やら低俗行為をしでかしてるのはどっちの国なんですか?
南京事件はあったかどうか不確かだし、慰安婦問題に関しては、韓国、ベトナムや済州島で自分らがやったことはどうなの? それでよく言えるよな、と思いますが。

中国にも韓国にも良識ある人はいるんでしょうが、大丈夫、仲良く、って、それで、あの島は誰のものですか? って訊いたら彼らは何と答えるんでしょう。
それとこれとは別の話です。


しかし、こんな状況にあっても、日本は不気味なくらい平和です。
中国では中国人が日本車に乗ってたってだけで暴行されて死にかけてるってのに、電車の中ででかい声で堂々と中国語を話していられます。
駅前でも韓国語で喋りまくって馬鹿笑いしてられます。
どうしてやろう、とかは思いませんが、なめられてるよなあ、とは思います。
いい加減、その辺にしとけよ。
うるさいから。


2012/09/16//Sun.
魚拓猫
sasebo1213.jpg
LX / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / Presto400

魚拓、そして猫という出来すぎたシチュエーションに心躍ったのですが、とっさの上にカメラが電池切れで、かつ暑さで頭がぐらぐらしていたので、猫自体も魚拓みたいな写りになってしまいました。
思い出す……あまりに暑く、歩く距離も長かったので、ブーニーハットの下に手ぬぐいを頬かむりにして歩いてたら、イスラーム圏の人だと間違われました。


2012/09/15//Sat.
ゆらめき
sasebo1214.jpg
LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / Presto400

フィルムが終焉を迎えそう。
そしてデジタルはいよいよフルサイズ時代が来そう。

ですが、まあ、写真は、撮る時その時々で、そこそこ気に入った「撮れるもの」があればいいです。
フィルムカメラはもうずっとLXでいいです。
これ以上のものを望んでいないし、ずっと付き合えるいいカメラだし。
ただ、フィルムがなくなっていくってことは、写真を撮るってことがどんどんただの「特別なもの」になっていく気がして、それが嫌です。

デジタルでもっと日常的に撮れればいいんだけど。
撮ってから三時間は再生できないデジタルとか出ないかな。
センサー小さくてもそこそこよく写れば良いし。
あとは何だ……でかくないデジカメはみんなおもちゃくさいからイヤだ。


2012/09/13//Thu.
波音を聴きながら、息を止める
sasebo1212.jpg
LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / Presto400

徹夜明けの狛です。
研修漬けの夏休みが明けたと思ったら、それと同時に半徹・徹夜続き。
その間の日はバイトに働きに行って、帰って来ていつの間にか意識を失い、深夜に目覚めて朝まで作業。
今日でちょっとだけ区切りだったので、今晩だけは自由。
外食し、おいしいコーヒーを飲み、ウィンドウショッピングをし、新しいズボンと600ミリの金尺を買いました。
これからまた休日が試験だったりの日が続きますが、頑張ろうと思います。


夜でも写真。
夜の写真は、光が無いところにも世界が続いているのだということを教えてくれます。
変な比率の写真ですが、これは、上下の暗黒をスキャナが認識できず、こんなになったものです。
左側にも暗黒の余白がありますが、ここには何かがあった、もしくはなかったか。

波音を数えながら静かにケーブルレリーズでバルブ。
この時ほどカメラが単純な箱であるということを意識する時はありません。



2012/09/10//Mon.
佐世保でお昼
sasebo1201.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2

三日四日が束で過ぎ去っていくような感じです。
ご無沙汰してすみません。


話は前後しますが、佐世保でお昼ごはんを食べると言ったら、僕は佐世保バーガー一択です。
前回食べて感動した「ビッグマン」がどれだけうまいか、おつれにも教えてやりたかったというのもありますが、この後はすっかり理性を失って無言で食べ、馬鹿なので、晩にも「また食いたい」とか言ってもう一度行ってしまいました……。
まあね、遠い街ですし、食べられるうちに食べておかないと(笑)。


続き...
2012/09/07//Fri.
今日の仕事終わり
sasebo1208.jpg
K-7 / CZJ Pancplar 80mmf1.8

終業の合図があって、造船所でも、各自片付けなどをして皆さんが引き上げてきます。
所内が広いから、自転車やバイクで移動して、そのまま帰り道につく。
それにしてもでかい仕事だなあと感心します。
自分がもしこの街に生まれていたら、自分もこの仕事に憧れたんじゃないかな……。
それとも、やっぱり一度は東京なり大阪に出てみずにはいられないのかな。
そしてまた出戻っていい歳で学校入って、でかい船作る仕事に就いたりして……(苦笑)。

人生に「もしも」はないですが、遠い旅先の人の営みを眺めていると、どうしてもそういうことを考えずにはいられなくなるのです。


2012/09/04//Tue.
夏の幕引き
sasebo1207.jpg
K-7 / CZJ Pancplar 80mmf1.8

不安定な天候とともに、だいぶ涼しくなりましたね……。
夏がこれで終わるのだという感じがひしひしとして、夏にはこの辺で別れを言っておかないといけないような気になります。
例えば、夏の写真。
完全に秋冬になってしまってから、こういう真夏の光景を載せるのは、まあ、載せてはダメというルールはないんですが、やっぱりそれなりの特別な理由が必要な気がしてしまいます。
そして、季節の感じというのは、隠そうとしても案外隠せない。
写真には空気が写ってるんだなあと思うのも、そういう時です。
忙しいけど、現像もしないとなあ。
あっという間に季節に置いてかれてしまう。


2012/09/01//Sat.
揚重機にて
sasebo1206.jpg
K-7 / CZJ Pancplar 80mmf1.8

(アップロードがデカくなったのは有料プランだったので、ほどほどにします)

ものの大きさを正しく知覚する時に必要なのはスケールですが、よくあるのが煙草やマッチの箱との比較です。
しかし、ものすごく巨大なものになった場合、人間がスケール比較の基準にされてしまう場合があります。
ナショナル・ジオグラフィックの写真家は、ジンベイザメと泳ぎながら撮った時、「アレは物というより場所」とか言っていましたが、このクレーンもまったく同様です。
夕方、オペレーターのおっさんが降りてきて、大事そうに各部をチェックします。

Q:「このクレーンの名前は何ですか?」
A:「そんなもんねえよ」



[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
Pancolar80mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OtherCamera 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Flektogon35mmf2.4 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//