2013/03/28//Thu.
西へ・今治
imabari1302.jpg
LX / FA 35mmf2 / smc-m 20mmf4
ESPIO mini / 32mmf3.5/ Presto400
K-7

松山に着いてから、間髪入れず予讃線で出発しました。
この日の移動ノルマが大きかったということもあるのですが、道中の今治にも寄りたいところがあったのです。

予讃線……いいですね、何がいいかって、語感がいいです。
いや、語感だけではなく、車窓から見える瀬戸内の情景が大変いい感じです。
船のゆきかう海に、みかん農家のオレンジ色がキメ色として映えていました。


続き...
2013/03/26//Tue.
西へ・愛媛
haneda1308.jpg
LX / FA 35mmf2 / smc-m 20mmf4 / CZJ Pancolar 80mmf1.8
ESPIO mini / 32mmf3.5/ Presto400
K-7

人生の転換期だったせいで一ヶ月ほど経ってしまいましたが、ようやく現像も再開できたので、前回の旅の記録を掲載していきたいと思います。
身勝手なひとり旅もおそらく当分はおあずけだろうと思ったので、今回は「もう一度行っておきたいところ」をポイントしつつ、大きく動いて行こうという旅にしました。


続き...
2013/03/24//Sun.
花冷え
kudan1301.jpg
Super A / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

政治的メッセージは特にありませぬが、今頃靖国も桜が綺麗でしょうに。
しかし寒く、こちらはまだ満開ではないですし、僕は父と、寒風吹き巻く港湾コンビナートで写真を撮りました。
楽しかったです。


2013/03/23//Sat.
田舎現像はじめました
hasaki1302.jpg
K-7 / DA21mm f3.2

自分で自分の尻をキックして、現像を再開しましたよ。
ひとり暮らしの時と違って家族(と犬)への配慮も必要不可欠なので、こころみに屋外での作業です。
水は井戸水、物置の干し椎茸をちょっと移動させて干しました。
こうして少しずつ前進させていく感じ。
乾くのが楽しみですね。


2013/03/21//Thu.
ところ変われば
ryogoku1206.jpg
Super A / smc-m 28mmf2.8 / Gold200

ずいぶん久しぶりにコダックのネガを使った感じは、ああコダックの色だなあ……という感じでした。


実家に戻って来て1週間が経ち、だんだんに環境も整ってきました。
なんだかドタバタとイケアに行って机や本棚を買い、ドタバタと作りました。
100円のホットドッグに、口内炎なのを忘れてピクルスとカリカリオニオンとマスタードをやまほどトッピングしてしまい、死ぬかと思いました。
僕が買った「スウェーディッシュ・フェスティバル・ドリンク」とかいう謎の黒い飲み物は、また謎の味でしたが、半分残しておいたら家族の誰かが飲んだようです。

今日は、就職する先の社長とお話しに車を飛ばして行ってきました。
帰った後、父と、チェーンソウの刃を買いにホームセンターにも行きましたが、適当なのが売っていませんでした。
ところ変われば生活や視野も変わるものです。
現像液も作り直したし、カメラを忘れないようにしよう。


2013/03/18//Mon.
あたらしい春
shinjuku160597.jpg
Super A / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

引っ越し荷物が届き、一昨日は卒業式でした。
2年通しての優秀学生賞みたいなのをもらいましたよ。
これから皆専門職に就くわけなので、縁を大事にして将来役立てられたら最高です。

東京の部屋を引き払ってしまってからはさっぱりとしたもので、新しい生活を楽しもうという気分に切り替わりました。
東京暮らしとひとり暮らしはマスタークラスになったので、今度は田舎暮らしと家族との暮らしをマスターすることにします。

現像はね、バルコニーとかですることになりそう。
冬は工夫しないと切なそう。


2013/03/14//Thu.
想い出でいっぱいのがらんどう
sasazuka160155a.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

昼の砂嵐の汚れを洗うかのように、雨が強くなってきました。

いよいよ、東京の我が家での最後の夜です。
上の写真は、まだここでの生活が活発だった頃、現像しながら撮ったものです。
汚くて狭いけれど、楽しい我が家。
定着だか水洗だかの間、昔のアルバムなんか広げて見たりして。

今日、ここに写っている大半の私物が、ごみとして処分されていきました。
回収はかなりあっけなく、まあこんなもんかと、長年使ったものに別れを告げる哀しさを乗り越えたと思ったのに、部屋へ戻るなり、僕は思わぬことで愕然とし、またすごく寂しい気分になりました。

それは、音です。
部屋の中に反響する音の大きさが、全然違うのです。
まるで今引っ越してきたみたいだ……なんて言うには、あまりに永い年月をここで過ごしてきてしまいました。
もう、ここは僕の家ではないのだな……と、そう思います。

12年、ものすごくたくさんの想い出をありがとう。
さようなら、我が家。



続き...
2013/03/12//Tue.
生活
kyojima1302.jpg
LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / Presto400

引っ越し前の片付けは、ついに我が家の最深部へ。
天袋や押し入れの奥や……この辺りには、少なくとも7、8年は手を触れてもいないようなモノたちが静かに眠りについています。
こっちとしても、いっそのこと、このまま永遠に眠らせておいてあげたい気もしますが……そうもいきません。

結果として、ロムカセットのゲームやら、フロッピーディスクやら、ノートに書きためた小説やら、サバゲーの道具やら、90年代に文通したお手紙やらが、長きの封印を解かれ、まぶしい日の元にさらされることになりました。
どれもこれも、僕が歩んだ足跡であり、生きてきた証拠です。
今回の節目は、全てを白紙にかえしてしまうかのような大転機ですが、そうではなく、これらがあるからこそ今の僕がいるのだということを感じさせられました。
そのことを忘れてはいけないし、忘れようもなく身に刻まれているような気もしました。
色んなことをしたけど、悔いなんてひとつもないな。


2013/03/11//Mon.
古きものとの別れ
kyojima1301.jpg
LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / Presto400

引っ越しの最中で、今日もたくさんのゴミをまとめました。
今の今まで必需品として大事にしていたものに別れを告げるのは辛いですね……。
でも、そんなに持っては帰れないし、振り返ってみてみれば、寿命を超えて働いているものも多いです。
ありがとう、さようなら。

カメラにもいろいろ想い出はありますが、頑張って複数個の処分を断行しようと思います。
古いものや失われたものに興味があるから、という理由でフィルムカメラを使っているわけではないので、東京のマニア生活で周囲に集ってしまった「どうしても使わない道具」に関しては、きっちり引導を渡すことも、僕のすべきことだろうと思っています。
いわゆる「使ってくれそうな人のところへ……」なんて、体のいい擬人化はしません。
僕が要らないものなんて、他の誰も要らないのです。


2013/03/08//Fri.
引き出しから、あなたへ
sasazuka160154.jpg
A30

目下引っ越し準備中ですが、机の引き出しの最深部から、こんな付箋が出てきました……。
写真なら、例えばブレブレで光の跡しか写っていないようなものでも、何かを思い出すことがあるものですが、これに関しては、いつ/なぜこう書いておいたのか、全く判明せず。
他にも、「僕自身が僕自身の住所をメモったもの」や、「Mac+128メガメモリ=20万以内ならOK」という書きなぐりなど、なかなかに貫禄のあるものがワラワラと出てきました。

ここで、確かに長い時間が過ぎていた……そう告げられているかのようです。
いや、まあ……知るかよ、そんなこと。
俺はまた新しいことを始めないといけないんだよ。

……でもこれは面白いから、捨てないで取っておこう。


2013/03/07//Thu.
トラップ12年分
ueno160072.jpg
FujicaDate / Fujinon 38mmf2.8 / Presto400

写真展が終わり、長旅が終わり……残すは引っ越しとなりました。
昨日は各種ライフラインのストップ予約から取り組みましたが、なんだかんだでお昼すぎまでかかってしまいました。
ネットのプロバイダーにも解約を告げたのですが、データを照合している時、
「03年から、10年近くもご利用いただいてるんですね……ありがとうございます」
という、オペレータの人の言葉が、なんだか妙に心がこもっている気がして、ちょっと泣きそうになりました。

他のに変えなかったのは、めんどくさかったからというのと、もしかしたら東京内でも広い部屋に越すかも……という考えが常につきまとっていたからですが、最初の2年はどうして利用していなかったかと言えば、時代的にまだADSLすらなかったからです。
驚くべきことに、まだ普通の電話回線でピーガーうるさく、23時から朝まではつなぎ放題だぜ、とかやってた時代。
Macもまだブラウン管のヤツだったし。

自分の成長してなさからすれば、12年なんてあっという間のような気がするのですが、こと、この情報化の世界では、気が遠くなるような時間が経過していたのですね……。
オペレータさんの「ありがとう」は、その尺度で語られたもので、だから心がこもったのだと、僕は思いました。

こういう時代をまたいでいるせいで、うちには、紙媒体やディスク媒体やフィルム媒体や……そういうものが溢れかえっています。
こういうの、捨てられるかよ。
とりあえずの引っ越し先は実家ですが、量が多くてびっくりされるのは目に見えています。
梱包で選別するのにも、いちいち手が止まって、あっという間に夜更けになってしまいました。

今日も頑張って荷物を減らします。
想い出の中を泳ぎながら。


2013/03/05//Tue.
戻ってきました。
shinjuku1016.jpg
LX / CZ Distagon 35mmf2.8 / Gold200

昨晩遅く、東京に戻ってきました。
愛媛から始まり沖縄で終わった今回の旅も、終わってみればあっという間だった気がしますが、思いつくことは全部やったし、新しい発見もあったので、今はかなり満ち足りた気分です。

おみやげは、フィルム16本、デジタル1100枚くらい。
仕分けや編集……もちろん現像が大変そう。
空港通過はやはり気になるので、昨晩2本だけ現像しましたが、影響はなさそうです。
これから引っ越し作業もあるし、今回はお店にお願いしてしまおうか……。
とりあえず、その2本を取り込んでみながら考えてみようと思います。


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、銀塩白黒〜デジタル、変な紀行文、巨樹探訪旅。
まじめとは言えないPENTAXつかい。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
FA35mmf2 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Flektogon35mmf2.4 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//