2013/10/31//Thu.
夕方のおしまい、夜の始まり
kamata1308.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / Presto400

写るかどうか、瀬戸際な感じになってきましたね。
この界隈で、おじいさんが猫を散歩させていました。
シロや、とか呼ぶと、寄り道していた猫が出てくるのですが、しばらくするとまたどこかに入って行きます。
猫を散歩させているのか、おじいさんが散歩されているのか、微妙なところです。
折り返して、戻ることにしましょうか。


2013/10/29//Tue.
夕暮れマート
kamata1309.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / Presto400

色んなものが売ってる店でも、チェーン店より、こういう「なんとかマート」みたいなのが好き。
昔、ウチの周りがまだ荒涼としていた頃のことを思い出します。
コンビニ普及前夜で、スーパーすらなくて、そういう土地の3キロおきくらいにこういう店がポツポツある。
小中学生はそういうとこで買い食いしなけりゃならないんだけど、よく店のおばさんと対立したもんです。
そういうのも含めて、地域性とかコミュニティとか言うんだよな、きっと。
今、そういうことはとてもよくわかるんだけど、あの頃はなんであんなに酢イカなんて食ってたんだろう。


2013/10/29//Tue.
生活セット
kamata1310.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / Presto400

商店街の専門店は、生活するための道具です。
暗くなってくると、いっそうそういう感じがします。
コンビニにはない感覚。
餅は餅屋。


2013/10/27//Sun.
灯し頃
kamata1313.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / Presto400

みるみる日が暮れていく中で、ひとつひとつ灯りがついていく様を眺めていました。
色んなものが見えなくなって、写らなくもなるけど、それはそれで正しいとも思います。
何たって、「誰ぞ、彼」で「黄昏」ですもんね。


2013/10/27//Sun.
ドンギッコの緑
shinjuku160601.jpg
LX / CZ Ultron 50mmf1.8 / REALA ACE 100

きれいな緑だと思って。
拾って帰ってトイレの棚のところに展示?しておいたら、ちょっとずつ茶色になってきたのですけれども、家のだれかがどんどんドンギッコのなかまを増やしていって、収穫祭みたいになってしまいました。
ある日、背の高い椎の実だけが直立させてあって、秘密結社の暗号みたいだと思っていたら、「サッカーをやってるところ」だとおばあさんは言いました。
秋です。


2013/10/25//Fri.
叢雨
hasaki160057.jpg
LX / EBC Fujinon 135mmf3.5 / Presto400

今、雨が降り出しました。
大粒で、それ自体が流れのような音を立てて降っています。
雨台風とのことで、相当な量が降るようですが、災害に至らないことを願います。
明日、いつもの道が冠水してないといいな……。


2013/10/24//Thu.
ミッドフォール
asahi1306.jpg
Super A / FA 35mmf2 / Presto1600

低い位置の月を撮りました。
名月。
帰り道の登坂でも、カーブからふっとでかい月が出てきたり。


2013/10/23//Wed.
今日も跨線橋で
kamata1315.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / Presto400

夕暮れの跨線橋にて、夕陽や列車を眺めている人たちがいました。
毎日起こることを楽しんで見つめられる心って、良いですね。


2013/10/21//Mon.
東京、夕闇、広角
kamata1314.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / Presto400

前回の東京では、大田区に滞在。
なぜ大田区? って言うと、3連休で他に宿が空いてなかったからなのですが、こうして、ゆかりもない街で一晩過ごしてみるというのも面白いものだと気付きました。
次も、わざと泊まったことのない街に宿を借りるのも良いかもしれません。

田舎に越してからは広角レンズの出番がめっきり減ってしまったので、ここぞとばかりに20ミリなんぞを使いました。
うわー、これこれ、この、周りの空間ごとぐわっとすくい上げる感じ。
気持ちよかったです。


2013/10/20//Sun.
突端にて
choshi160082.jpg
Super A / FA 35mmf2 / Presto1600

半島の先端の狭苦しいこの街には、ちょっと仕事をさぼる場所も、海くらいしかない。
寂しさと鉄錆にまみれた景色の中で、波濤だけが白く風に散っている。
この向こうには、もう、ハワイくらいまで何もないんだということを考えてみると、居眠りでもしようかと思って来たのに、何だか気持ちが落ち着かなくなった。


2013/10/19//Sat.
テトリンとポトリン
choshi160080.jpg
LX / SMC Takumar 55mmf1.8 / Presto400

久しぶりに現像待ちのフィルムが数本あるので、明日休日は朝から現像に取り組みたい所存であります。
涼しくなってきたし、じっくり取り組めそう。
撮りにも行きたいけれど……欲張らない方がいいのかな。
欲張ろうかな(笑)。


2013/10/15//Tue.
ウェザーリポート
choshi160081.jpg
Super A / FA 35mmf2 / Presto1600

ここ10年でいちばんイキのいい颱風が来るとやら、ですが、
「明日は外出を避けてください」 → 「朝一番から外でお仕事の予定なんですけど」
……という。

帰り道、降りしきる雨の中、真っ黒い路面を照らすヘッドライトに浮かぶのは、無数の蛙たち。
グワア、轢くって!
と危機を噛み締めるも、避けると事故るので、ごめんなさいと思いつつ走ります。
フロッグ・ディスラプターです。


2013/10/14//Mon.
時の裁断
kamata1301.jpg
LX / CZJ Flektogon 20mmf2.8 / REALA ACE 100

東京へ。
フィルムを買いにヨドに寄りましたが、また過激な値上げがあったようですね……。
でも、フィルムに罪はねえ。
いつにも増して散歩撮影は楽しかったです。

カメラはハサミなのだと思います。
切ってる布地が世界とか時間とか、そういう馬鹿でかいものならばこそ、写らなくても当たり前だというような気もして、例えば暗くて写らなくても当然だというような気にもなります。
撮ってすぐ見られないのも、そういう漠然としたものを撮ってるんだとすれば、見られなくて当たり前のようにも思えます。

……と、比喩表現。
本当は、最近のデジカメで撮ったらこういう時どう写るんだろう? というようなことも考えます。
せっかく今そういうモノがあるのに、全く使ってみないのも勿体ないではありませんか。

でも、そこまで人間が器用じゃないのが問題。
自分はひとりしかいないしなあ……。


2013/10/10//Thu.
刷毛引きの雲
asahi1307.jpg
Super A / FA 35mmf2 / Presto1600

車窓から、ぶれていますけれども。
帰り道の空模様にもいろんな光景があるんだなあと、東京にいた時よりもシンプルに季節を感じているような気分です。
できれば日が出ているうちに帰って、こういう空模様も撮りたいのですが、なかなか忙しくなってきました。
でも、夜には夜の撮り方がきっとあるはず。
灯りがかなり乏しいですが(苦笑)。


2013/10/08//Tue.
フォギー
asahi1304.jpg
Super A / FA 35mmf2 / Presto1600

昨日は妙に暑かったせいで、うちの方はけっこうな濃霧に覆われました。
何もかも真っ白で、運転してても何も見えない。
後ろの車がぴったりくっついてくるので、煽られてるのかと思ってましたが、だんだんコッチの後を懸命に追いかけて来ているようにも感じられました。
毎日ではないけど、色んなことが起きます。

今朝は、迷い猫が来ました。


2013/10/06//Sun.
らんちうの子供たち
hasaki160056.jpg
Super A / FA 35mmf2 / Presto1600

黒かったのが、日に日に赤くなっていくのが楽しみです。
元気いっぱいにえさを食いまくってます。


今日は、雨が止むと同時に自転車で河を越え、隣の街まで。
街というか、集落かな。
国道には車がたくさん走っていますが、なんて田舎くさいところなんだろうと思いました。
田舎過ぎて、めし食うところもなし。
個人経営のしけためし屋にやけに車が停まってたのもうなずけます。
他にないし。

もうその先は山越えで、次は道の駅くらいまでずっと何もないとわかっていたので、引き返してきました。
身体使った疲労が心地よいです。
ついでに写真も撮れてるという、ね。


2013/10/05//Sat.
雨が倍返し
shinjuku160599.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

写真撮ろうかと思うと雨が降りますねえ。
雨でも行ってやるか。
このやろう。


世間様では「ハンザワナオキ」がすごく人気のようで、
職場の先輩:「ハンザワナオキっておもしろいよなー」
僕:「へえー……誰っすか?」
という問答も記憶に新しいですが、ラジオなどを聴いていても、いちいち「アマチャン」と「ハンザワ」の反復で、著名人にも影響を与えたりして、すごいなあと思います。

でもさ、「倍返し」「10倍返し」って、小学生の発想じゃないのかなあ。
弟を小突いて、ボコボコにされたのを思い出します(昔の弟はちょっと献血に行った方が良かった)。
それが大人世界でできちゃうから痛快なんだろうと推測するので、まあいいか。


2013/10/02//Wed.
10月の始まりは雨
asahi1303.jpg
LX / SMC Takumar 105mmf2.8 / Presto400

びしょびしょに濡れる細かい雨が降る10月の最初でしたね。
毎朝起きると結構寒くて足なんか冷えてるというのに、寝入りばなは蚊に邪魔されるという、むかつく寝床。
次の休みには発起して写真撮りにいってやれと思ってるのですが、いくら寝ても眠い気もするし、朝なのにゆっくり寝てるというあの贅沢感の誘惑に負けそうでもあります。

Q:ふとんの中で写真を撮るという手法はないのですか。
A:ニューウェイヴすぎて誰もやっていません。作者の死後100年経って価値が認められるタイプのチャレンジです。


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

Pancolar80mmf1.8 
FA35mmf2 
Sigma28mmf1.8 
K-1 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//