2014/02/26//Wed.
よし、あし
sakaura1403.jpg
LX / ТАИР-11А 135mmf2.8 / Presto 400

鳥は逃げるので、島状の葦を撮りました。
悪し、ではあんまりなので、良し、という、と。

なるほど、鳥などを撮る人がどうしてあんなに図体のデカいレンズを使うのかがちょっとわかりました。
が、鳥が僕のカメラとレンズを猟銃と誤認するというのであれば、そういうのはいったい何。
少なくとも50口径クラスのヘビーマシンガンか、いや、地対空ミサイルくらいには見えるのかも知らん、と思って。
鳥はヘビーマシンガンも地対空ミサイルも見たことないでしょうけれどもね。
僕も見たことないですもん。

この、「タイール11號」という鉄の塊みたいなレンズはロシア製で、絞り羽根が22枚もある愉快な奴なんですが、撮ったものを見るとみんななんかグズっとした感じになっており(その実例がこちら)、これはアレだなと思うので、新しい望遠レンズを買ってみたりしました。
などと、たまに道具の話をするのも楽しいなと思いました。


2014/02/25//Tue.
淡水域の憂鬱
sakaura1401.jpg

sakaura1402.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

湖畔にて。
思い出した。
この日は、頑張って車を走らせて行ったんですが、人影ひとつすらもなく、やがて雨まで降って来て、寂しくなって車の中で横になっているうちに、うつらうつら眠ってしまっていたのでした。

かなり遠くだというのに、カメラを向けようとすると、野生の鳥は一斉に逃げる。
「カメラの構え方が猟銃みたいに見えるからだよ」
と、昔誰かから聞いたのを思い出しました。


2014/02/23//Sun.
Tunnel Effect
choshi160092.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

僕は、モノクロというと、切り絵や版画なんかを連想することがあります。
写真についても、そういうところからして、アナログで手作業的な感覚を自然と感じて、また、求めることがあるんじゃないかと思います。

けれども、こういう写真を切り絵か版画にするのはかなり無理っぽい。
しかし、無理っぽいだけであって、不可能とは言い切れない。
「不可能とは言い切れない」という、その線の先からが芸術の範疇なのかもしれませんね。

同時に、そんなことをやる必要というのも必ずしもないわけであって、やはり「必要ではない」という、その線の先に芸術の範疇があるような気もします。

したがって、写真=芸術ではないと思うし、どの写真が芸術かなんて、多数決でしか判断できないのではと思います。
というか、そもそも写真についての真理なんて、たったの1個だけだと思います。

『どんなにやる気があって、いい場所にいて、ウデが良くっても、カメラがないと撮れない』


2014/02/22//Sat.
ブルー・オレンジ
kashima1403.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / ProFotoXL 100

準備をして待っても同業者が来ないので、その辺にあった光景を撮る。
むろん、仕事に関係ないカメラを持ってふらふらするのはいけないのですけれども、じっとしてるのも寒すぎたので。
そうね、仕事でも記録写真はいっぱい撮りますが、モノが銀塩カメラじゃあね。
しらを切ってもバレバレです。
オレンジが青いとか言ってるようなもんだ。

日が昇って、薄くつもった雪がびしゃびしゃ溶け始めました。
地盤が悪くて足首まで沼ったことがあるので、長靴に履き替えました。


2014/02/21//Fri.
白息吐息
kashima1401.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / ProFotoXL 100

息が真っ白な中、仕事開始です。
まず、土が凍結していて測量機器の三脚が突き刺さらねえ。
苦労して設置して覗くと、今度は自分の鼻息で曇って見えやしねえ。
日も昇って来て、好し、いよいよやりやすくなるぞ、と思うと、今度は凍土が融解、ずぶずぶと三脚の水平が崩れ始めやがるではありませんか。

夏には夏の苦労、冬には冬の苦労があるのです。
信じられますか。
夏の苦労は、夏に話すことにしましょう。


2014/02/20//Thu.
薄雪の朝
kashima1402.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / ProFotoXL 100

しんしんと冷える朝です。

あたらしい朝。
フレッシュな朝。
チルドな朝。


2014/02/19//Wed.
コールド・スナップ
shinjuku160603.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / SG400

アー寒い寒い。


2014/02/18//Tue.
Low Emissivity , Tokyo
tokyo1401.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

(転んだような色に見える。
 けれども、バスの低放射性ガラスごしという条件を考えてみると、これはこれで実に忠実な色であったりするのだ。)

そして、隅田川は、雪。


2014/02/16//Sun.
雨傘、トーキョー
harumi1302.jpg



続き...
2014/02/15//Sat.
ボーフーセツの夜
asahi1327.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

「海からの風が護ってくださるからのう……」
と、「風の谷のナウシカ」みたいなことを言っていますが、東京にも増して雪なんか全然降らない地域に住んでるので、急に降られると……困ります。

ましてや街灯もない何キロもまっすぐな農道を走るので、こっち向かって吹雪かれると、どれくらい進んでいるのかわからなくなります。
ドラえもんのタイムマシンや、SFのワープ空間のよう。
このままホワイトアウトして、気がついたら全然違う時代や世界にいたりしたら怖いですね。
はやく小銭をためて、スタッドレス・タイヤや、四輪駆動車がほしいと思います。


2014/02/14//Fri.
ラヴレス
jinbouchou1011.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

今日は(中略)マイ・ブラッディ・バレンタインだろうが」、とか書こうと思って、ふと振り返ってみたら、2009年の2月15日におんなじようなことをもう書いていました。
2月はくさくさするからか、有給が消滅危機に陥るからか、あるいは完全にオフシーズンであるからか、東京時代はよく独り旅にも出かけた時期です。
そういえば、去年の今頃は写真展やってましたね。
楽しかったよなあ……。

そして今年はね、他所の街でお仕事だってんで、朝7時前出発で雪の中を高速ぶっとばして2時間→→着くと同時に完全中止の電話が入る、というすごい展開。
わたくしの往復150キロメートルをどうしてくれますか。
泣く泣くまた飛ばして帰ると、会社では、それをねぎらうかのように壱萬円札の形をしたちっこいチョコが配られました。
それも、2個。


2014/02/13//Thu.
数字とまち
harumi1308.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / Presto400

主張する数字たち。
いつの間にか僕の背中にもひとつくらい付着しているかも知れない。
で、それはいくらで、何番なんだろう?


2014/02/11//Tue.
oozing light
mukoujima1301.jpg
LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / Presto400

さて、今年もそろそろ冬の悪口を言いたくなってきましたよ。


2014/02/10//Mon.
猫には関係ないの
hyakunincho16021.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

都政がどうなろうと、どこ吹く風で東京にいる猫。
猫がいる東京。
個人的には、これだけでもはや東京の写真であると感得できる。
ってか、百人町って書いてあった。
センチュリオン。


2014/02/09//Sun.
ポリティカル・なんとやら
shinjuku160607.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

(別にUKを応援している訳ではないということをしっかり明記しておくとして。)
兎に角、すでに都民ではない身としては、「大変歩きづらかった」という感想が第一でありました。
政策云々以前に、不快な思いをさせてくる野郎には投票したくねえぞ、とか思ってしまう狭量な自分です。

結局、どうなったものでしょうね。
速報が出るであろうと予想しつつ、ソチを眺めている今晩です。


2014/02/09//Sun.
事故的キャンドルナイト
hasaki1419.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

昨日はひどい暴風雪でしたね。
雪……と書いたものの、こっちはみぞればかりで、あー暖かい家に帰ってきてよかった、とか言っておりましたら、20時すぎにいきなり停電。
仕方ないのでその辺にあった蝋燭やら懐中電灯を集めてきました。

幸いオール電化住宅ではないので暖もとれますが、電気が使えない夜というのは、想像以上に何もできませんね。
21時くらいには寝るしかなくなってしまいました。
おかげで3時くらいには目が覚めてしまったのですが、試しにスイッチを押してみると、ちゃんとつきます。
あの嵐の中で復旧作業を完遂した作業員の人たちには、ほんとに頭が下がります。
それに、電気ってすごく明るいし、便利ですねえ……。


2014/02/07//Fri.
シェル
hasaki1408.jpg
LX / super Takumar 35mmf3.5 / Presto400


2014/02/06//Thu.
プレーン・ランドリー
hasaki1414.jpg

hasaki1415.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Presto400

日曜日は朝から洗濯です。
毛布とか敷物もいっぱい車に詰めて、ランドリーに向けて出発進行。
たいていサンデーとかチャンピオンとかが積んでありますが、乾燥は時間がかかるので、一度家に帰って日曜美術館を見ることにします。


2014/02/04//Tue.
冬将軍たち
asahi1323.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Presto400

昨日、うちの方は春のような陽気でした。
腕まくりして仕事してたのですが、今日は急激に冷えるそうですね。

たまにあったかくなってわかることですが、あったかいと身体が楽です。
寒いだけで疲れるのかもしれませんね。
春のきざしが感じられると、毎年毎年、春への新たなあこがれが芽生える気がします。
僕たちは、春のことを……いや、そういう話は春が来てからにしましょう。


2014/02/02//Sun.
サイレント・シティ
mito1309.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

同窓会のため、東京に出てきました(写真は水戸ですけどね)。
資格試験の合格者が想像以上に少なく、改めてビビりました。
また来年、その次と、皆どう進んで行くか楽しみです。

翌日は東京のいつものあたりを闊歩しつつ、本や着るもの、欲しいかもしれないものや買うことになるかもしれないものを探し回りました。
相変わらず……というか、ますます、東京は人と物で溢れています。
目移りです。


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、銀塩白黒〜デジタル、変な紀行文、巨樹探訪旅。
まじめとは言えないPENTAXつかい。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
FA35mmf2 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Flektogon35mmf2.4 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//