2014/09/30//Tue.
ブルー・マンデー
hasaki1450.jpg
MX-1

ここ2、3日腹が痛く、痛みの種類も似ていたので、さては持病のアレだなと、仕事の合間に時間を作って医者に診てもらったら、何でもありませんでした。
何でも無かったのに、5分くらいの診察で診察料2500円。
せめて薬くらいくれよ、しかしお薬は¥オプション別途料金です。
何なんだよ……本当におなか痛かったんだよ……2500円あったら、ホームセンターで小さなコードレス掃除機が買えたのに……。

今日、僕は、安心を2500円で買ったのです。
安心ってのは高いのです。



※ニュー・オーダーなんかがランダムプレイでかかったので、丁度いいやとそういうタイトルにしましたが、今日は火曜日でした。


2014/09/29//Mon.
雨の夜の放浪
asahi1420.jpg
MX-1

日はすっかり落ち、豪雨が車体を乱打する。
心細くなって、ちょっと笑い声を立ててみるが、それも雨の音にかき消える。
向こうで光ってるあれは……誰か来るのか……?
何だろう……雨でよく見えないな……。


2014/09/28//Sun.
転がる先の明日
asahi1419.jpg
MX-1

月曜がくるぞ、備えはいいか。


2014/09/28//Sun.
狭い肩身の我が余生
kanda1403.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

ある一点から人生が余生になるという、それはどこですか?


それは人それぞれですが、俳句というものは面白いもので、日本人のDNAに深く刻み込まれた記憶がそうさせるのか、「狭い肩身の(7)」と出されると、つい「我が余生(5)」「マイホーム(5)」「都市暮らし(5)」「道路斜線(字余りかなんか)」……などと、反射的に対応せざるを得なくなります。

この優秀かつ洗練されたシステムのおかげで、ハイテックな21世紀においてなお我々の日常にはハイクが溢れているわけですが、会社の窓に貼られた交通安全標語を裏側から眺めながら弁当を食べていて、ふと気付いたのです。

「今点けて! まだ明るいは もう暗い」
という575の、前の5を一番最後に持ってくると、
「まだ明るいは もう暗い 今点けて!」
という凡庸な文になり、俳句だか川柳だかをダメにすることができます。
そういう状況を見ていて口の中でモゴモゴ言ったあげく、ほんとに危なかったのでいきなり叫びましたといった感じ。
しかもちょっとウマいこと言ってるのがかっこ悪いし、警句の役目としてもいまいち役に立ちそうにありませんね。

「古池や 蛙飛び込む 水の音」
「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

という代表的名句も、

「蛙飛び込む 水の音 古池や」
「鐘が鳴るなり 法隆寺 柿食えば」

となり、おじいさんがぼそぼそ呟いてるんだか、鐘が鳴ってるから柿でも食えば? とついでで勧めてるんだか、うすら寝ぼけ感が発生してしまいます。
倒置的手法を取ってる俳句はまずこれで一網打尽ですが、参考に伊藤園・おーいお茶の俳句賞のHPを見ていたら、とても面白く、そんなことはどうでも良くなりました。

日本人の心を大切にしよう!
(だったらどうしてダメにする方法なんて考えてるんだよ、お前は)


2014/09/26//Fri.
ピジョン図
kanda1405.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

寒くなりましたね。


2014/09/24//Wed.
ヴァーチカル・ロケイション
kanda1404.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

(※ラジオでよくある、よくわからんミュージシャンの新盤発売に際し、日本語達者外国人パーソナリティの番組でゲストで喋る、ああいうのを運転しながらいつも聴き飛ばしてしまうのですが、こんな風かと思って)

「……最高の休日といえば、それはやっぱり、他の人が働いてる中で自分だけが休んでるってことだと思うし」
「ははあ、なるほど……だとすると、平日休みってことになるわけだけど?」
「自分が考えてるのは少し違ってて」
「フーン?」
「もっと精神的な意味というか、そういう面で、自分だけが休んでいるっていう状況、ね……」
「精神的平日休み」
「精神的完全週休5日制」
「ハハハ!」
「ふふふふ」
「なるほどね、でもまあ言うなればミュージシャンというのは、皆平日休みでしょ?」
「休んでちゃヤバイんですが」
「でも、だからこそ、本当の意味で平日休み的な精神性になれるとしたら、それはどういうことかと」
「フーン、意外と深いね。新しいアルバムは、そういう精神性が反映されて生まれたと。製作期間は……2年?」
「音録りだけで2年」
「そう、2年」
「スタジオはアルバカーキの『トゥー・メニー・バッファロウ・スタジオ』、ニューメキシコの?」
「そう、砂漠にある」
「ふふふふ」
「ふふふふ」
「その辺りも音表現に影響してると」
「うーん、そこは」
「そういう影響が果たしてあるのかという実験でもあったわけですけど、これが不思議なくらい」
「不思議なくらい無かった? 自分はあくまで自分だったって」
「そう、それを体感しましたね」
「ふふふ」
「それでは、そのニューアルバムから1曲、聞かせてもらいましょう。曲紹介を」
「デッド・ポメラニアンズで、ニューアルバム『メロニアム』から」
「聞いてください、『最大公約数の休日』」

……この辺りで局を変えるか、自前の音源に切り替えてしまう。
3分後には内容を何も憶えてない。
フシギ!


2014/09/23//Tue.
ヘル・ソファ
omigawa1413.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

座るってことがどういうことかを、思い知らせてやる。


2014/09/22//Mon.
聖アントニウスの憂鬱
hasaki1445.jpg
MX-1

なんか。


2014/09/20//Sat.
帰り道の風景
hasaki1448.jpg
MX-1

事務所のすぐ近くが中学校で、今日、天気はあまり良くはなかったものの、運動会でした。
すぐ近くなもんで、過度に念入りな練習サウンドもずっと聞こえてたのですが、片耳に聞いててもわかるくらい、ブラスバンドが上手。
なんでもこの界隈は小学校から吹奏楽が盛んで、そういうお子らが集結するので、実際ハイレベルというところらしいです。
なんていうかね、青春の音がするというかね……ま、そういう感想って自分が老けた証拠だよね。

お世辞ではなく観に行ってみたいと思ったのですが、こちとら週6労働なので、そうやってる間に運動会本番も終わってしまいました。
観られなかったのは残念ですが、チマチマ事務仕事してる時に、運動会のあの音楽(※)がかからなくなったことには、ちょっとほっとしているのです。


(※ジャック・オッフェンバック「天国と地獄/地獄のギャロップ」のことに間違いない。
  運動がダメで協調性に乏しかった書き手としてはトラウマ的に苦手な曲であるが……しかし、彼は忘れている……事務所や学校というものが急に移転するものでない以上、来年もまたすっかり同じ状況下でギャロップすることになるのは必定なのである)


2014/09/19//Fri.
振り返ることもたまにある
hasaki1449.jpg
MX-1


2014/09/18//Thu.
秋のパレット
hasaki1447.jpg
MX-1

水彩みたいな色だなと思ってね。


秋の夜長……って言っても、23時以降は起きてられないんですけど、気持ちはゆっくりしています。
昨晩、今晩も色んなブログを漂流してますが、思うのは、こう、皆さん写真うまいですね。


2014/09/18//Thu.
秋のはなし
iwate1401.jpg
LX / CZ Ultron 50mmf1.8 / Acros100

昨日の、夏のエンドラインを踏んだという予想ですが、まさしくそうであったようです。
夜風は寒いし、職場の先輩はくしゃみを連発してるし、思わずまくりあげていた長袖を下ろします。

「小さい秋みつけた」ってのは「もうすぐ春ですね」と同じくらいいい歌だな。
小さい秋をいくつか見つけて写真という小箱に集めてるうちに、いつも秋は終わっちゃうんですけどね。


2014/09/17//Wed.
余熱
hasaki1443.jpg
LX / A.Schacht Ulm Travenar 50mmf2.8 / Acros 100

昨晩、帰り道の夕立は、これで本当に夏が終わりとでかい声で宣言しているかのような降りでした。
「でしたね」と、みんなで分かち合うことのできるものではなく、ひとつの積乱雲がヤケになって降らせたようなものでしたが、ワイパー最速でも拭いきれず、常に水たまりの中を走っているかのよう、車はすっかりきれいになってしまいました。

そうか、終わりか、わかったよ。
でもまだ撮ったまま誰にも見せてない写真が残ってるんだよ。


2014/09/16//Tue.
地球一周してまたここにつながる
hasaki1442.jpg
LX / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / Acros100

我ながら視野が狭い人間だなと思います。
毎日一生懸命生きてるって言うと聞こえはいいけど、国際的なこととまでは言わなくても、社会のことやその中での自分というものを全然考えないで生きてるもんな。

どこか遠い海の向こうのこととか、他の人が追いつけない未来のことばかり考えて生きてる人の人生ってのは、どんななのだろう?


2014/09/14//Sun.
ただ眺める休日
omigawa1412.jpg
LX / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / Acros100

早出か残業、ではなく、早出と残業を繰り返した一週間がようやく終わりました。
昨日も休日出勤しましたが、なんだか三割くらいぼーっと過ごしてしまったような。
事務仕事は眠くなってしまいます。

昨晩は寒くて目が覚めたのですが、まあ、夏と同じ感覚でろくに着ないで寝た……というか気を失ったのが悪かったのです。
本日休日の朝もボンヤリと朝めしを食べ、こうして過ごしていますが、こういうのはいいな。

今日はこれから東京にうろうろしに行く予定。
LX持って行こう。
レンズは何にしようかな。
本も買う。
撮るのはいいけど現像液がもうダメだから、作らないと。
それはとてもめんどくさいな。

……あんまりボンヤリしてないかもな。
あと45分で出発です。


2014/09/11//Thu.
月夜のものがたり
kumoi1406.jpg
MX-1

部屋の電気を消してごらんください。


2014/09/10//Wed.
ミッドフォール/ブライトムーン
hasaki1446.jpg
MX-1

月は、一番身近な宇宙への覗き穴。


2014/09/09//Tue.
さよなら週間
choshi1437.jpg
K-7 / SIGMA 28mmf1.8 EXDG

あっという間に、雨音と虫の声ばかり聞こえる季節になっちゃって。


2014/09/07//Sun.
グッバイ、サマー
choshi1438.jpg
K-7 / SIGMA 28mmf1.8 EXDG

ああ、今年も夏が行ってしまう……。
寂しくて短い秋、かさついた無遠慮な顔で居座る冬が、またあっという間にやってくるんだね。
そんなこと言ってったって、夏らしいことなんて、何かしたの? と、言われるかもしれないけど。
そう、確かに何もそれらしいことはできてないんだけど。

春のうちに気の利いた夏の計画なんて立てられやしない。
始まった途端に一緒に駆け出して、いつも途中で僕を追い抜いて行ってしまう。
それが夏ってものみたいだ。

この時期、いつも夏の後ろ姿を見ている。
終わる、暑い季節の背中側ばかり。
それしか見えやしない。


2014/09/07//Sun.
カルシウムがいっぱい
boso1407.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

カルシウムでいっぱい。


2014/09/04//Thu.
ストーム・コーザー
storm01.jpg

storm02.jpg

storm04.jpg

storm03.jpg

storm05.jpg

storm06.jpg

storm07.jpg

storm08.jpg

storm09.jpg

storm10.jpg

storm11.jpg
MX-1

雷鳴の向こうに、次の季節が待っています。


2014/09/02//Tue.
冬瓜という存在
togan01.jpg
MX-1

冬瓜。


続き...
[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//