2014/12/31//Wed.
一年のおわりに
choshi160096.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

きわめて強いやりかけ感を感じながら、でも、年末なんていつもそんなもんだよねという12月31日です。
写真は、2014年の始めに引いたおみくじ、いちおう大吉。

願望……思いがけぬ人の勧めありて叶う事あり
待人……来る つれがある
失物……出る 近い所
争事……勝てども後に恨あり
恋愛……誠意を尽くせ
転居……さしつかえなし

そんなことが書いてある。
どうだい、「確かに」というような、そんな一年だったかい?
……わかんないな。
大晦日はチェックポイントみたいなもんなのかね。
また引き直して悪くしたくないから、このままのおみくじで行きたいんだけど、それは反則なのかな。



2014年も「アンダー・コンストラクションズ」をご訪問いただきまして、ありがとうございました。
色々やろうとしてものにできなかった感の強い一年でしたが、自分の追求が足りないのが悪いのです。
その点を踏まえて、こうと思ったことをくどく追いかけていくような次の年にしたいなと思います。

もう最近は、いい写真が撮りたいとか、そういうことはどうでも良くなってきました。
いかに撮りたいという衝動に身を任せられるか、あるいは面倒くささという宇宙摂理の敵とどう戦うか、その試みと記録になってきているのだと思います。
ああまたこいつ、なんか変なこと考えながら撮ってる、と、そんな感じで来年もおつきあいいただけたら幸せです。

ありがとう、またよろしくね。




2014/12/28//Sun.
那珂湊おまけさん
nakaminato1407.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Acros100

(このタイトルだと、いかにもそんなお祭りがあるかのような雰囲気ですが、そうではなく、よく関西の人が何にでも「さん」を付けて呼んでらっしゃる、そういうのを、関東ローム層の上以外に住まったことのない僕は真似をしてみたくなるのです)

コンビニ休憩を挟んで、ちょっとだけ歩く気分になりました。
道のポールに書いてある、ひたすら冴えた一言よ。
スタミナ冷やしさん。

nakaminato1408.jpg

誰もいないかのような静かな古い住宅地。
しかし床屋にはちゃんと客と店主がいて散髪中であるところに、世界の中の自分というものを感じます。
要するに、やはり(「やはり」です)自分に見えないところでも世界は動いているのだという、当たり前の確認。
大事なことです。

自動車の旅はつづく。


2014/12/26//Fri.
冬先の昼の海辺にて
nakaminato1404.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / XL100
DP2 Merrill / 30mmf2.8

大洗をすぎ、ちょっと行ったところでお昼になりました。
見晴らしのいい海通りをゆっくり走って行って、那珂湊に入りました。

フム……お昼ごはんは何を食べるべきか。
視界に入ってくるのは海鮮ものばかりです。
生ものが苦手なので、それはちょっとなあと思いつつ、しかし他にはなさそうなので、街中で観光魚市場的な方向に曲がってみようかと思ったらば、渋滞して交差点の中までつながっちゃってるし。
そこまでして食べたくないので、またちょっと進むと、実際釣り人と海水浴客のためだけにあるような、開けた海辺にコンビニを発見。
とりあえず車を停めました。

うららかで良い海だったので、防波堤まで歩いて行きました。

続き...
2014/12/24//Wed.
ライトハウスと感傷
asahi1436.jpg
MX-1

ライトハウスとは、本来灯台を意味する言葉ですが、そんなことはどうだっていいんですよ。

……ちょっとごめんなさい、喧嘩腰で。
で、これは何?
秘密結社関係の何かですか?


続き...
2014/12/23//Tue.
ほかほかの朝
hasaki1476.jpg
MX-1

(番組(「ノース・イバラキ・ハイウェイ・ドライヴ」)の途中ではありますが、冬の海水浴場の風景に心身ともに冷えきってしまいましたので、ここいらであったかいような写真を挟みたくなりました。
 毎夜のように見させていただいているブログさんの食いもの写真があまりにも美味しそうで、自分もたまにはそういうのを載せてみたいと憧れ、そういうのもあります)

休みの日の朝は寝間着のまま、朝食作りです。
前の晩から、あれをああして食いたいな、と考えたりしてね。

ひとり暮らしに戻りまして、気ままに生きているところですが、実際料理は嫌いではないのかもしれません。
ただ、人に振る舞いたいと思うものでもないし、凝ったことはしたくない。
ざっとやって、案外自分だけで食うにはこれでいいよね、というのが好きです。
とにかく、ほかほかなら、それでいい。


続き...
2014/12/21//Sun.
次の夏が必ず来るから
ootake1403.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

今回の道中ではないのですが、出すチャンスに恵まれない、その界隈の写真があるので、ついでに。
確か、水戸に用があって、同様にまっすぐ道をかっ飛ばして行った時に、「茨城のゴールドコースト・大竹海岸」というような看板を見つけ、じゃあ帰りに寄ってみようじゃない、と。
試験も終わって、免許交付に行ったもんで、寄り道する余裕もできたんですね。
受験の時は全くそれどこじゃなかったもんなあ。

そういうわけで来たのですが、季節外れの海水浴場ってのは、何にも増して寂しいもんですね……。


続き...
2014/12/20//Sat.
茨城にはなんにも無いのか?
ooarai1401.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Acros100

……いや、何でもあるんですけどね。
どっかの誰かが調べた県の魅力度ランキングで最下位だそうですが、かなりどうでもいいな。
そりゃあディズニーとか渋谷とかは茨城には無いですが、行きたきゃ日帰りで行けるしね。
沖縄? 北海道?
茨城空港があるだろうがよ(駐車場は何日停めても無料です)。

そう茨城の肩を持った形ですが、何もねえな。
それで動揺する自分ではもはやありませんが、しかし、そこで邪魔なんですよ、じどうしゃが。
自動車には、目的地が必要なようです。

大洗まで飛ばしてきましたが、原子力機構前あたりからどんどん「みなし高速道路」化し、皆ものすごい速度でぶっ飛ばしております。
怖いくらい、しかしたまに覆面がいて端に寄せられてるのがいるから気をつけないとね。


海に寄ってみたら、サーファー天国。
昔一度だけ(あの日は土砂降りでした)連れて行ってもらった大洗水族館に寄ってみる手も考えましたが、先へ進みたい欲求が勝りました。
何もないかもしれないけれどね、見たことがない風景が見たい。

茨城の内陸は以外と険しく、迷う可能性もあるし、このまま海沿いに上がっていって、いろんな茨城の海を見ようと考えました。
疲れたらやめてもいいけど、北限はどんな感じなのだろう。
以外と広いってことだけは知ってる、茨城。


2014/12/18//Thu.
写真と自動車
ibaraki1404.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Acros100

唐突に思い立って、ちょっと行ってくることにしたわ、と言った日曜の朝。
たしか、月曜が祝日だったので、気が楽だったんだと思います。
行き先も別に決めず、途中いくつかの街と気になる地名をつなぐだけのドライヴ。

カメラは、LXとエスピオに入ってるフィルムを使い切るつもりで、つまりは予備を持たず。
切れたらデジタルで撮ればいいという感じで。

しばらく走って鹿島スタジアム。
ここから先が徐々にのどかというか、大雑把な風景になっていって、ああ茨城だなあという感じがするのですよ、いつも。

続き...
2014/12/16//Tue.
自動車と私
kashima1426.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / XL 100

今日、うちの方はなかなかものすごい暴風雨でした。
帰り道、バチバチバチとかって打ち付けてくるので、あはは、こりゃあ車がきれいになっていいわ、朝、とろい大型ダンプの後ろで自分の前だけまるで雨、泥だらけになったからな、と喜んでいたのですが、途中、農道走らなきゃならないのを忘れていました。
半分冠水したみたいなところで、ドバーッと盛大に吹き上げた水の壁が風に煽られ、自分の上に襲いかかってくる!
しかも泥水。
ひでえ。


僕と自動車の付き合いは浅く、でも、当初大嫌いだった運転も、そこそこはできるようになってきました。
仕事で毎日変なところや遠いところへ行かされるし、いきなり無茶なところに無茶な駐車を迫られたりとか、そういうのが効きました。

マイ自動車は、第二世代のFitです。
「ザ・よくある自動車」ですが、キビキビ走るし、容量、居住性など、とてもバランスが良い好もしい奴です。
40000キロ走って燃費アベレージ20キロ弱/リッターってんだから、別にハイブリッドでなくても大丈夫じゃない? ってなもんです。

そういうフィットちゃんと久しぶりにロングドライヴがしたくなったので、先月の話ですが、北茨城をどんどん北上してみました。
道なんかわかんないので、とりあえず一番海沿いをまっすぐ北へ走るだけ。
ノース・イバラキ・ハイウェイ・ドライヴです。

まばらに撮った写真で振り返っていこうと思います。


2014/12/14//Sun.
2014がしがみついてくる
asahi1435.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

ハイ、忘年会終わり。
寄りかかってくるニーマルイチヨンを押しのけながら、リストをひとつずつ消していっているような気分の昨今です。
お次はなんだ。


「お次ぎはなんだ?」と言えば、深海から出てきたでかいワームに豪華客船の乗客3000人が喰われる映画「ザ・グリード」ですが、最近テレビでやらないし(というかテレビ持ってないし)、観てえな、DVD買おうかなと思ったら、なんでかプレミアムなのか5000円もするし、どうしようかな……。
何を書こうとしたんでしたっけ?
どうせ最後は爆死……じゃないな、ああでもな、こう忙しくて身動きもできないような日々が続いているんだったら、最後結局敵やモンスターが爆発して終わりみたいな映画が観たいかもな、確かにね。
ドカーン。


2014/12/12//Fri.
気がつけばまた赤い夕暮れ
asahi1434.jpg
MX-1

一日、あっという間です。
今朝、新しいティッシュを出してきたら、昨年の正月に電気屋でもらった「あけましておめでとうございます」のやつで、一年なんてそんなもんかもなあと思ってしまいました。
一年も、あっという間です。
そういうわけで、ちょっと2時間走って仕事、会議、泊まりで忘年会でもしてきます。


2014/12/11//Thu.
ラ・フランスのグリーン
hasaki1475.jpg
MX-1

慌ただしく戻ってきた僕を追うように、天童市産のラ・フランスが届いていました。
将棋の駒だけとか言ってすみません。
季節は秋というより冬、とてもおいしいです。


2014/12/09//Tue.
二日酔い紀行 2 
yamadera1402.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8
MX-1

(前回までのあらすじ)
おさけバスによる山形への忘年旅行、飲めないのにお昼に飲酒してしまい、霊魂的存在が肉体という牢獄から3センチほど分離した状態で、しかし3センチほどであるがゆえにただ気分が悪いだけで、そのまま辿りついたのが山寺。


サービスエリアのおトイレ以外では、ほとんどこの旅行唯一と言っていい立ち寄り先が、この山寺(立石寺)。
しかしそれとても、悪天候ゆえに中止になりそうだったのですよ。
片道400キロも走ってただ宴会して帰ってきました、なんて、そんなこと許されると思いますか?
皆にそんな意識が働いていたかどうかはきわめて謎ですが、ぐたぐたな肉体にちょっとだけ高揚した気分がにじみ出し、ヨチヨチと山道を登り出したのでした。



続き...
2014/12/05//Fri.
二日酔い紀行 1
tokyo1405.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8
MX-1

毎年催される我が社の忘年旅行。
自分で操縦しなくてよい走る棺桶(=バス)に乗っかって、朝から好きなだけ過ちと快楽の素(=おさけ)を摂取できるという、まさしくクリスマスと晦日一歩手前にふさわしいイヴェントです。
ヒヨっ子の僕は知りませんが、けっこう長く続いている伝統行事らしく、ってえことは色んなところに一通り行き尽くしてしまった感もあるらしく、社長様は行き先やプランにだいぶ頭を悩ませていました。
第一、その主旨自体が重大な足かせであるのでして、ヨッパライばかりをいったいどこへ連れていけばいいというのです?

まあいいや、ってことで、今年は山形県に行くことになりました。
遠くないですか、大丈夫ですか?
そう言ってるうちに旅行の日になってしまいまして、バスも走り始めました。
1週間ばっちり働いて6時前集合、行軍、帰って来たら平気な顔をしてまた1週間ばっちりという周辺事情をどうかご察しください。

家でごろごろしててえ……。
いや、せっかく行くなら全力で楽しまなくっちゃ!
ブシュー(あちこちでビール缶を開けるサウンド)。

東京。


続き...
2014/12/02//Tue.
セカンダリー・ブラッド
asahi1429.jpg
MX-1

一泊二日の忘年旅行は山形県へ。
バスで? 片道7時間もかけて?
そして私の席の隣は荷物置きですが、大カーブで圧死危機が生じるほどの酒の山。
うちの人々はマナーよく飲んでるだけなので悪く言う必要は感じないのですが、しかし、ぜんぜん酒がダメな身としては、

1:どうしてそこまで大量に飲めるのか? 人間おさけタンクではないのか。
2:そこまで酒が飲みたい、朝6時から夜23時まで飲み続ける動機は何なのか?

不思議になってきますね。
おつきあいだし、飲め飲めとも言われるので少しだけ舐めてみますが、ここだけの話、うまくもねえし、すぐに頭と関節が痛くなって吐き気と寒気がして後2日ダメになるので、こちとら、ちっとも飲みたいとは思わないんですがね……。
せっかくのめしも食えなくなるしね。

飲んで飲んで、宿に着いたら宴会でまた飲む。
うすーく作ってもらった割ものを舐めながら、あーとか苦しみながら、綺麗どころのお姉さん(多分手前より年上)とずっと身の上話をしていました。
コーラにちょっとだけ焼酎が入っていたけど、何度もコーラを足してくれるので、どんどん薄くなりました。

何だか、楽しかったのかどうかわかんないけど、楽しかった気もするな。
もう行きたくないけど楽しかったというのは、楽しかったと言えるのかな。
行きたくないけど、また必ず行くことになるんだけど。

よく、ビールの缶を次々ピストルで撃って破裂させるやつ、あるでしょう?
あれ、やりたい。


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
K-1 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//