2016/08/30//Tue.
巨樹を訪ねる 川連のほおの樹
kawatsura1609.jpg
K-1/ SIGMA 28mmf1.8 EX DG

 その存在を知ってから、どうしても見たかった樹がこれです。
 「川連(かわつら)のほおの樹」は、幹周11メートルに近い、日本最大のホオノキの巨樹です。

続き...
2016/08/29//Mon.
超速なつやすみ旅
akita1604.jpg
K-1 / FA35mmf2

 (旅道中での気になる物件。
  中はどうなってるんだろうか……。)


 今年の夏休みはことさら短く、しかし遠出を諦めたくないから、一泊二日で往復1200キロという、無謀な大急ぎ夏休みになってしまいました。
 回想録を書くのが恒例ですが、今回はそういうわけで樹の写真の他は特に変わったこともなく、だからやめます。
 いつもメインイベント的に載せる我々のけんかについても(迷惑)、とくに争いもなかったし。
 ピースフルでしたし。


続き...
2016/08/27//Sat.
夏のおわり
shiobara1603.jpg
LX / CZ Ultron 50mmf1.8 / Lomography B&W 400

 毎日すごい量の汗をかいているせいか、家に帰って来ると電池切れになるのが早いです。
 それでもやっぱり冬より夏の方が好きだな。
 働くのはどっちも辛いけど、休みの日は楽しいしね。
 できる限りこのまま楽しんでいたいんだけど、台風と忙しさに蹴散らされて今年の夏も終わるようです。
 切ないね。
 

2016/08/25//Thu.
自由研究者
shiobara1602.jpg
LX / CZ Ultron 50mmf1.8 / Lomography B&W 400

 学生のみんなは宿題に追われている頃なんでしょうか。
 僕もいい歳して再学生した身で、それがかなりやばい重さの宿題を課す学校だったから、この時期は死んでました。
 (13年8月のログを見てみると、フルタイムのバイトしながら課題をやりつつ、なんか試験もあったみたい)

 小中学生の頃、最もヘビーな宿題と言えば自由研究ですが、僕はコレ好きでしたね。
 フィールドワークみたいなのも好きだし、それをプレゼン用の成果物にまとめる作業も好きだった。
 小中だから大した内容じゃないんだけど、一緒にやった友達に深追いを辟易されつつ、中学3年間学校代表でそういうコンテストに出してもらったりしました(最終結果は知らないけど)。

 でも、今現在考えてみると、大人の趣味なんてみんな自由研究や夏休みの宿題みたいなもんじゃないかな。
 みんな自由研究者。
 知的探究心。


2016/08/22//Mon.
嵐の中で
omigawa1608.jpg
MX-1

 おすまいの地域での台風の様子はいかがでしょうか。
 被害など出ていませんか。

 狛は半身外仕事なもんですから、台風の時なぞは余計に外のことに気を向けねばなりません。
 合羽着て、なんやかんややってたら、立ってるのもつらいような暴風雨になってきました。
 もちろんずぶ濡れですが、こんな完膚なきまでのずぶ濡れは久しぶりです。
 車内に戻って合羽を脱ぐも、しばらくは強烈な暴風雨に気を取られて出発できずにいました。


続き...
2016/08/21//Sun.
我が地元の花火大会
choshi1627.jpg

choshi1628.jpg

choshi1629.jpg
K-1/ SIGMA 28mmf1.8 EX DG

 隅田川や諏訪湖の大花火大会もそりゃ見てみたいもんですけど、田舎の花火大会もこれはこれでいいもんです。
 自分の地元の花火大会、って感じがしてね。

 皆、それぞれに満喫してる。
 大きな花火があがるたびに歓声をあげ、手を叩き、僕の横に来た太った中学生は買ったばかりの唐揚げを落としていました。
 その時を思い切り楽しまなきゃね。
 夏はいつもあっという間に行ってしまうから。


2016/08/20//Sat.
花火と私の想い
choshi1625.jpg

choshi1626.jpg
K-1/ SIGMA 28mmf1.8 EX DG

 ドーン。
 ババーン。

 今年は初っぱなに豪勢な感じのが上がったので、お、やる気かな? と思ったのですが。
 やっぱりいつもの田舎町の花火大会でした。
 花火と花火の間にインターバルをはさむ。
 いや、誤摩化してるんじゃなくて、提供者からのメッセージや花火の紹介を丁寧にアナウンスするための時間なんです(笑)。

 実際問題、「○○ちゃん、大好きでーす!」、で、ドーンと一発十号玉、みたいなのもあり。
 こんな大々的にやられたら断れねえだろうという姑息な手だな、花火だから男らしい、豪快だと思ってもらえるとしたら大間違いだぜ、と、知らぬ○○ちゃんの身にもなってみたのですが、こういうのを事前察知した場合、どうしたらいいか知っていますか。
 「うそ、ごっめんなさあーい」十号玉ドーンで相殺、文字通り「夏の夜の夢」、なんつってね。
 いかん、爆死ルートで決めつけていかん、いい感じのふたりかもしれないじゃないか。

 色んな人が集まって、色んな花火を見て。
 夏の楽しさです。


2016/08/19//Fri.
花火を待ちわびる
choshi1623.jpg
K-1/ SIGMA 28mmf1.8 EX DG

 いつも思うのですが、こういう時って、どうやって場所取りをするもんなんだろう。
 長蛇の列に並ぶ、我先に駆け出してゲットする、そのどちらも苦手な性分です。
 今回も川縁まで歩いて行って……あっ、すいません、でも踏んだの僕じゃありません。


2016/08/17//Wed.
巨樹を訪ねる 上野村の大ジイ
uenoshii1602.jpg
(クリックで拡大)
DP2 Merrill / 30mmf2.8
K-7 / DA 21mmf3.2

 房総半島ののどかな山里の中に、上野村の大椎の樹はありました。
 庫裏のような建物とお墓はあるものの、寂光寺は今は無人のお寺。
 しかし、かつては日蓮上人が7日間滞在して布教につとめた地だということです。

続き...
2016/08/16//Tue.
夏の逃げ足
choshi1624.jpg
LX / A.Schacht Ulm Travenar 50mmf2.8 / Lomography B&W 400

 夏の足音がもうだんだん遠ざかって聞こえ、しかもそれが早足になっている気がする……。
 いつもこう感じる時が、なんだか寂しいんだな。
 
2016/08/15//Mon.
夏休みとか言うただの3連休
hasaki1630.jpg
LX / A.Schacht Ulm Travenar 50mmf2.8 / Lomography B&W 400

 秋田への弾丸旅から戻ってきました。
 走行距離は、1000キロのつもりが色々あって1200キロに。
 今回も結局巨樹を探してぐるぐる動いたし、帰り道では夏フェスの終了で突如出現した渋滞を回避し、福島で高速を降りて迂回して走ったりもしました。

 秋田へは初めて足を踏み入れましたが、派手さはないけど、色々探すとじわじわ良さが見えて来る感じ。
 何が言いたいかというと、一泊二日じゃ少なすぎるってことですよ。
 樹探して終わってんじゃないかよ、僕の夏休み。  


2016/08/12//Fri.
出発を待つこの夜こそすべて
choshi1622.jpg
K-1 / FA35mmf2

 弾丸旅の準備に区切りをつけ、朝5時の出発に備えての就寝の直前、この夜のひとときがいいなあと思って。
 数年前までのリュック背負っての徒歩旅に比べたら、車になんでも放り込めるのだから、ちょっとだらしない。
 だらしないけど、それくらいの気軽さで出かけられないと、短い休みを活用できないかもしれない。
 明日も長距離運転と探索と撮影、頑張ります。
 あっ、かゆみ止めのついた指で目をこすっちまった。


2016/08/11//Thu.
弾丸旅行の準備
choshi1621.jpg
K-1 / FA35mmf2

 今年のお盆休みは単に3連休ということで、旅行もいつも通り無鉄砲行程になる予感。
 無鉄砲、弾丸行程も常態化すれば無茶でなくなる、このこわさ。
 鉄砲は無いのに弾丸はあるってか。

 今回は(も)でかい樹を見に秋田県まで、往復1000キロあまりの予定。
 他に娯楽オプションを全力で注入しないと、「調査」とか「フィールドワーク」とかそういう名目に見えてきちゃって、きわめて学術的で浮かれてこないので、なんとかしないとね。
 グルメ、リラクゼーション、アクティヴィティかなんか。
 ……苦手分野だな。


2016/08/10//Wed.
静かな夜を望む
choshi1620.jpg
K-1 / FA35mmf2

 だからもうバーベキューは十分だって言ってるのに、仕事終わりに親会社の納涼会。
 ビールは気持ち悪くなるので、ビール以外を飲むけど、これもまずいな。
 いつの間にか他所の会社の知らない若者が肉焼き係になってくれて、彼の焼いた肉ばかりたくさん食う。
 というか、改めて見てみると、自分がいるテーブルは自分以外みんなその会社の人たちだった……。
 離脱に失敗し、いつもの二次会。
 やはりアルコールが関節に回りはじめ、無理しないでやめといてよかったと思った。

 翌朝、ホテルの食堂でたまごかけごはんを食べていたら、テレビでオリンピック体操男子が金の表彰台に上がるところ。
 あきらめない心と努力が、そこまで到達させたってことか。
 よし、自分も、と、やる気は出たけど、身体が言うことを聞かず、ぐにゃぐにゃで、一日あまり使い物にならなかった。
 帰ってくると、我が家は灼熱。
 でかいアメーバ型モンスターが人を食いまくる映画(「ブロブ」’88米)を楽しんだけど、エンドロールで電池切れ。
 電気つけたまま寝ちゃうし。

 
2016/08/07//Sun.
暑くてあれですね
tsuchiura1601.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2

 暑い中で働くとすぐバテます。
 くそ重要な検査を受けている最中にいきなり汗がダラダラ出始めて、このまま熱中死するのかと思いましたが、死にはしませんでした。
 無事検査が終わったので、週末は鳴る電話も半ば無視して休日。

 土曜の夜は再びの花火大会。
 ドーン、バーン(写真もありますよ)。
 明けて日曜は横死していても可だったんですが、じりじり刺さる日光を見ていたら、いつの間にかカメラを準備して出かけていました。
 陽炎立つ海辺の町を歩く。
 ダーダー汗が流れて水を浴びたようになったので、変わらねえ、公園でいっそ水浴びしてやろうかと思って蛇口を捻ったら熱湯。
 楽しい。
 なんで休日はわざわざ疲れるようなことをしたくなるのかね。


2016/08/06//Sat.
熱帯夜
hasaki1629.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / Lomography B&W 400

 夜でも暑いだなんてね。
 先週は忙しくて身の周りのこともほぼできなかったので、本日は、ふとんの洗濯、掃除、強烈な直射日光を防御するためのシェード布の取り付けを敢行しました。
 メイン・イベントであるバルコニー掃き出し窓へのシェード布取り付けに関しては、昨年もやった実績を忘れており、それをやるのと、やらずに風通しが良いのと、どちらが涼しいのであろうかとしばし逡巡。
 しかし、実際取り付けてみると、すぐに部屋が人類生存可能な感じになるではありませんか。
 たった2枚のでかい布で、ありがたいことです。
 加えて思いついた小ネタで、シェード布にじょうろで水をぶっかけますと、気化熱が発生し、部屋に入って来る貧弱な風がわずかに涼しいものに変わります。
 持続効果は約2分。


2016/08/05//Fri.
鯨骨
hasaki1628.jpg
LX / smc-m 50mmf1.7 / Lomography B&W 400

 砂浜を歩いていて、つけもの石みたいなサイズの鯨の骨を見つけました。
 どっかの1ピースなんだろうけど、ほんとにつけもの石くらいの重さがある。
 深海では、鯨の死骸から湧くメタンガスを糧にバクテリアが発生し、それを食べに生物が集まってオアシスのようになっていると聞きます。
 もっと不思議なのは「鯨骨生物群」という、鯨の骨を食う専門の生物がいて、まあ、ゴカイや何とかムシみたいな連中なんですが、長距離の移動手段を持たないそういう生き物が、どこからともなく集まってくる。
 しかも今回の発表では、大西洋沖の深海4000メートルで初めて鯨骨生物群が見つかって、それが遠く離れた太平洋でのものと良く似ている(しかしほぼ新種)……のだそうです。

 ふしぎは多い。
 鯨の骨だけ食べるなんてね。
 豚骨ラーメンしか食べないのと似てるのかな。


2016/08/03//Wed.
わたしとあなたと花火
asahi1608.jpg
K-1 / CZJ Flektogon 35mmf2.4

 思い思い、それぞれの夏。


 今週はやけに忙しいのですが、週末はまた花火大会があるので、どうしようかな、撮りに行くかなと考え中です。
 もう8月、いつも、あれもこれも、ってなってしまいます。


2016/08/02//Tue.
みんなで花火を見よう
asahi1607.jpg
K-1 / CZJ Flektogon 35mmf2.4

 やっぱり夏って楽しいよね。


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
Pancolar80mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OtherCamera 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Flektogon35mmf2.4 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//