2017/04/30//Sun.
暖気しとこう
inzai1711.jpg
iPhone7

 会社のお休みがカレンダー通りなので、明日明後日は仕事なのですけれども、せっかくだから赤い日は休むし、こんな機会は滅多にないから旅に出よう。
 人間の相棒が遠い国に旅立ってしまったのでマシンの相棒と旅することにしたわけですが、逆にこれはますます自由・勝手・気ままに旅していいということであろうと割り切っています。
 そうだろうよね。

 この連休は一応能登半島の先っちょまで、1300キロくらいの行程になる予定なので、もしかすると2泊は車中泊だわね。
 車中はもちろんだいぶ広くなったし、どうやったら快適になるか検証し、小細工を増やしたりもしました。
 加えて、DCをACに変換するインバータなんかも導入もしたので、コンセントが使える。
 デジカメのバッテリーもMacも平気で充電できるというわけです。
 何だろう、フォレスターはDCのプラグが3コもついてるんですね……。

 こう、考えてるんですが、例えば巨樹についても、一通り見ればハイオーケー用済みってもんじゃないし(当たり前)、始めた頃に適当に撮ってしまった樹を、またしっかり撮りに行ってもいいかと思うんですよね。
 どう撮るべきというセオリーはまだまだわかってないけど、カメラが良くなっただけでも、撮り直しに行く価値がありそう。
 何より、印象的な樹をはるばる再訪して、自分がどう感じるのか、それが知りたいような気がします。


2017/04/29//Sat.
巨樹を訪ねる 紅枝垂地蔵桜
koriyama1709.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 福島県郡山市の山中の道をくるくる走り回って、ぽっと開けた集落の中という感じのところに、遠くからでも目を引く大きなしだれ桜が立っていました。
 (しだれ桜の「しだれ」は「枝垂れ」と書くわけですね。今後はこれで行きましょう)

 幸運にもちょうど見頃の花は濃いめの紅色。
 その名も「紅枝垂地蔵桜」です。


続き...
2017/04/28//Fri.
交通 安全
asahi1701.jpg
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 まさか死んじゃいまいと思うので。
 毎日のように通る田んぼの直線道路、天気は快晴、見通しもすごく良いのにこんな有様。
 そんなぺらぺらの軽でオフロードはやめなよ、なんて冗談はやめとくとして、こんな道路なのに、ここいら、事故が多いんです。
 見通しが良いだけについ飛ばしてしまうというのは自分も身に覚えがありますが、真面目に運転しなきゃだめだろ。
 80キロも出すのにスマホやってたり、対向車がブレーキかけなきゃ確実に事故になるような追い越しかけたり。
 いや、一番迷惑被るのは、田んぼやってる農家の人たちだよな……。

 ど田舎なんで、お年寄りドライバーもとにかく危ない。
 わかりますよ、運転しないとどこへも行けないし何もできない、ってのは。
 しかし、ウィンカーと逆に曲がったり、確認しないでいきなり通りに飛び出したり、建物に突っ込んだり、そういうので襲いかかってくるのはやめてください。
 つまり、自分だけでなく、周りも結構危ないから、しっかり両手でハンドル持って、気を配って運転しよう。

続き...
2017/04/25//Tue.
巨樹を訪ねる 長光寺のしだれ桜
yachimata1702.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 巨大な山桜である「吉高の大桜」は、いまだ一分咲きというところでしたが、同日だったのに、こちらはすでに散ってしまっていました。
 桜を撮るというのは、本当に難しいなと思い知ります。

 「長光寺のしだれ桜」。
 壮大なしだれエドヒガンザクラです。

続き...
2017/04/24//Mon.
こなまぶし号と桜祭
miharu1701.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 桜、きれいだな。

 
 フォレスターは見晴らしが大変よく、ハンドルを握ると、鼻先の隅から隅まで見渡せるんですけど、その表面全体が、そういう和菓子めいて粉まぶしになってました。
 雨の後で強風が吹いたので砂埃も相当あるんですが、なんか薄黄緑色というか……パウダー・カーキ?
 とか、そういう車の色ではなくて、こりゃあマツとかなんか裸子植物の花粉ですわね。
 そんな状態での日曜、当然洗車したくてたまらないわけですけれども、今日はその衝動を抑えて朝からひたすら片道220キロの北上。
 福島県の真ん中あたりで、今がピークであるという桜を訪ねました。
 足回りが良くなったので、こうした突発的な遠出もかなり楽で、とてもいいです。
 
 というわけで、いくつか点数が出てきたので、勝手に「巨樹を訪ねる 桜まつり」編を開催したいな、なんて思ってます。
 日本列島の桜が完全終結する前には全部載せたいと思うけど……どうかな、無理かな?(苦笑)
 洗車……。


2017/04/20//Thu.
春の明るい海
choshi1649.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8

 どんどん暖かくなっていきますね。
 雨が降って、風が吹いて……日によっては夏になってしまうんじゃないかという日もあって。
 どこに行こうかアイデアを出そうとしている間に終わってしまう短い日曜には、とりあえず海っぷちまで走って行って、窓を開けて風を通し、波の音と海に来ている人の声を遠くに聞きながら読書しました。
 なんだか小説を読むのも久しぶりで、二時間近く読みふけり、気がつくとシートを倒して昼寝をしていました。
 ちょっと日が陰って、涼しくなった風で目を覚ましました。

 休みは楽しまないとな、と思います。
 5月の連休には、ひたすら走って、能登半島まで行ってみようと考えています。
 いろんな装備を買い求め、準備。
 どうやら樹を求めて片道2キロ以上山道を歩くことになりそうなので、新しい靴と、三脚を楽に運べるストラップ、後はへんてこ便利な車内用品も。
 ずっと車中泊でも大丈夫だなと思っていたら、思いがけず空いている宿も見つかり、2泊は部屋の中で寝られそうです。
 行ったことのないところに行こう。


2017/04/16//Sun.
巨樹を訪ねる 吉高の大桜
inzai1707.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 千葉県印西市は、都心への利便性も高い一方で利根川沿いの自然環境も持ち合わせ、住みやすさランキングで連続首位をとったという、注目度の高い街です。
 中心部は相当高度に開発されていますが、周辺部はずっとのどかな田園風景。
 そこに、全国でも稀に見るくらいの立派な山桜があると知り、雨の中でしたが、訪ねに行くことにしました。

 桜に至るには、丘の上の集落へのごく細い道を登っていかねばなりません。
 加えて、有名な樹であるので、この時期は混雑を避けるために交通整理体制が敷かれます。
 (詳しくは、道中の記事も参照のこと)
 このあたりがちょっと窮屈で、諦めようかとも思いましたが、結果としては、迷いを振り切って力押しで見に行った甲斐のある、すごい桜だったと思います。


続き...
2017/04/15//Sat.
写真、。
oiwa1723.jpg
K-1 / FA35mmf2

 おみくじガールズ。
 なんか、こっそり中身を見てた。


 片手でひったくるようなスナップではなく、でかい樹なんかをじっくり撮るようになってから、フルサイズ一眼レフを頑張って買ってやはり良かったよなあと思ってはいるのですが、ひとつ、困りごとが。
 RAW現像をするアテも余裕も必要性もないところ。
 いやね、一応、RAWでも撮ってるんですよ。
 でも、ペンタックスK-1が同時にポンと出してくるJPEG画像は、その時点ですでにかなり出来がよく、ほぼ不満を感じないんですわな。
 色だっていいと思うし、ほとんどの場合、いじりたいと思わない(ので、いじってない。縮小してるだけ)。
 シグマの時は、このままでは俺がおかしい人だと思われてしまう、ってんで(※シグマにとても失礼です)、何かしらパラメータをぐりぐり動かしてたんですが……。

 暇もないし、プリントしてどうこうするという目標もないし……というつまんない人間性は置いといて、要は写真を見る目がないんだろう、というところが、僕の一番ダメなところだと思います。
 こんなに世の中には無数の写真が溢れてるってのに、そういうのをもっとどんどん見て、自分もどうこうしたいという衝動に駆られないもんかよ、と。
 作品作りなんかに至るにはまだまだなんだろうな、半端もんなんだろうな、ついでで撮ってんだろうな、と思います。
 フルサイズ・デジタルなんかは、そんな僕にとっては過ぎたツールなのかもしれないのですが、かといって、己を悔いて売っ払ったりはしません。
 するかよ。
 JPEG撮って出しでなんか悪いかよ(そういうとこが一番ダメです)。

2017/04/12//Wed.
雨の日に何やってんだ
inba1703.jpg
iPhone7

 こういうとこで立ち止まっていますが。
 でかい桜の樹を探して、おうちから約70キロメートル、雨がどんどんざあざあ降りになる中、どこだよ、って、心細いったらありゃしない。

続き...
2017/04/10//Mon.
雨あがり
inzai1702.jpg
iPhone7

 しばしば車窓から撮ってる。
 というか、車に乗ってばかりいるから、それも仕方ないと開き直っている。
 休日には、凝り固まった日常をできるだけ遠ざけたいと思うし。

 フォレスターが来てからというもの、単純に走ること自体がとても楽しくなり、余計その傾向に拍車がかかっています。
 昨日も朝から、桜の巨樹2箇所を巡ってのぐるぐる走りを敢行。
 間、ずっと雨でしたが、道に迷っても、小山を登っても、泥水に入っても、ジーンズがずぶ濡れになっても、終始愉快なドライブでした。
 そんな道中だったから余計愉快なのかな。
 (巨樹の記事は春のうちに乗せると思うので、覚悟しといてください。)


2017/04/08//Sat.
巨樹を訪ねる 安良川の爺杉
ibaraki1717.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 茨城県高萩市と言っても、全国区ではまずピンとこないと思いますが、南北に長い茨城県でもかなり北の方、あとは文字通り北茨城市を残して福島県に至る、少しだけ北国の感じがしてくるような土地柄です。
 海に背を向けて進めば、山は深くなり、渓谷なども増えてくる。
 そこに、数少ない国の天然記念物に指定された杉の巨樹があると知って、まっすぐ走って見に行ってきました。


続き...
2017/04/04//Tue.
春先の稲妻
kashima1701.jpg
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 年度末が終わったとはいえ、忙しく、行ったり来たりの毎日。
 うちの方角に現場が変わるので、帰りがてら大回りで偵察しに寄ったりしていますが、昨日はいきなりの爆弾低気圧。
 こうして春になっていくんだなあ。
 ……なんて呑気な感想もぶっ飛ばして、稲妻とともにワイパー最速でも追いつかない豪雨、そして雹!
 コンビナートの道路はトレーラーがいっぱい通るので轍でボコボコで、毎度同じ箇所が深く冠水するので、ああ四輪駆動でよかったよ、みたいな道に(またか)。
 しかしあのすごい雹……昨晩は真っ暗でわかんなかったけど、今朝見に行って外装がスクラップになってたら、びっくりするよね(汗)。


2017/04/01//Sat.
地球ごめん、と言いつつ私は走る
boso02.jpg
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 フォレスターのリッターあたり13.3キロという平均燃費が良いのか悪いのかよくわかんない。
 エンジンストップもついてないのに(しかもスタッドレスタイヤで)平均19キロ近い燃費を誇っていたフィットちゃんからの乗り換えなので、この数字は1.5倍近いガソリンを消費しているのだ、という気になってしまいます。

(一般的でない感覚の車の話題が続くので、余裕のある方は続きを押すというスタイルの読みもの。)


続き...
[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
K-1 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//