2017/05/28//Sun.
巨樹探訪後記
uozu1750.jpg
iPhone7
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 そこそこな道のりを歩いてすごい樹を撮り、しかし昼飯のサンドイッチをリュックに入れたまんまだったのを忘れてたよ。
 ウラスギみたいにぐにゃぐにゃになったサンドイッチが発見される。
 コンビニの棚にあるサンドと、このリュックの底から発見されたサンド、どちらも同種のサンドイッチだという事実に驚きます(←今回のキーワード)。
 杉を眺めながらゆっくり食べる構想だったはずですが、ベンチ、雪で埋まってたし、うまそうな匂いで熊子に来てもらってもね。


続き...
2017/05/27//Sat.
巨樹を訪ねる 川沿いの洞杉
uozu1754.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 洞杉の群落からまた危なっかしい雪道を2.5キロばかり戻って来て、残雪の脅威から解放される直前にも、まだ見ていない巨大な洞杉があるのに気づきました。
 先を目指すことで頭がいっぱいだったせいなのか、こんなに大きい樹なのに見落としていたとは。
 ふと見てびっくり、全く俺の目はどこについてんだ。


続き...
2017/05/24//Wed.
巨樹を訪ねる 広場の洞杉、最大洞杉
uozu1739.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 前回の強烈なインパクトを放つ洞杉から少し行ったところ、少しまた開けた場所にも、迫力のある洞杉たちがそびえていました。


続き...
2017/05/20//Sat.
巨樹を訪ねる 川沿いの洞杉
uozu1737.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 ついに目標だった洞杉群へとたどり着きました。
 もちろん、そこに着いたということは、すぐに感覚することができます。
 あまりにも特徴的な樹影は遠くからでも目立つし、それ以上にある種の気配に振り向かされるようなところがありました。
 洞杉は幾本も確認されていますが、その代表と言ってもいいであろう樹が、まさにこれです。

 (この樹についても全く無名で、案内板には「観察しやすい洞杉」とか書いてありましたが、それではあんまり……。
  ということで、とりあえず当たり障りない名前で呼ぶことにした次第です)

続き...
2017/05/18//Thu.
巨樹を訪ねる 崖の上の洞杉
uozu1729.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 洞杉群を撮影して紹介するにあたり、ひとまとめにしようか迷いましたが、特に目立つものをそれぞれ紹介することにしました。
 その分長くなってしまいますが、個々の樹がそれだけ巨樹として特筆すべき大きさと個性を持っているからです。

 洞杉の群が一番集中している地点よりも手前、高い崖上で、まるで斥候のように待ち受けているのがこの樹です。
 名は無し、あえて言うなら、崖の上の洞杉。

続き...
2017/05/17//Wed.
伝説の杉群落をもとめて(2)
uozu1711.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 5月、ゴールデンウィークに、僕は一体何をやってんでしょうね……。


続き...
2017/05/14//Sun.
伝説の杉群落をもとめて(1)
uozu1705.jpg
K-1 / FA35mmf2
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 不自然なまでに青い青い、片貝川の雪解け水。
 水門みたいなところで深くなると、驚くような色を見せます。
 車から降りたら逃げちゃったけど、ニホンカモシカもこんにちはしました。


 富山県魚津市に降り立った目的は、この筋では有名かつ伝説的な杉の巨樹の群落を訪ねることでした。
 その名、「洞杉(どうすぎ)」群。
 何でも、山に分け入る人の間ではその存在が知られていたものの、公式な調査が行われたのは最近であり、その神秘的な生態と驚くべき姿で注目されている、とのこと。
 この高度情報化時代、もちろんネットで検索すれば、何かしらの写真やデータを簡単に見ることができますが、それで足りるのなら500キロも走って来ません。
 巨樹に圧倒されるあの感覚は、写真で撮る努力をしつつも、やはり前に立って自分の身体で感じないと。
 写真で伝わるものは、良くて18%くらいじゃ無いかな。

続き...
2017/05/11//Thu.
北陸の地へ 700キロ走る一日
gw201709.jpg
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 連休を取得するが為にいつもにも増して息苦しい数日をこなし、もうちょっと限界な5月2日の夜。
 帰宅するや、めしをかきこみ、咀嚼しながらバッグに色々突っ込み、風呂に飛び込んで、髪も乾く前に布団に入りました。
 3時間ちょい睡眠。
 ちょうど日が変わる頃に飛び起き、車のエンジンをかけたら、無鉄砲旅行に出発です。
 (「着替え」というシークエンスが無いようですが、何、出かける格好で寝たのです)

 今回の旅の行き先は、ズバリ北陸・能登半島という、自分というこの人生にとっては、わざわざ行かないと行けない土地のひとつ。
 ズバリとか言いつつ、決まっているのはいくつかの見たいモノだけで、ルートも何もよくわかんねえや。
 道はナビがあるから何とかなるでしょ。
 うちから、第一目標まではとりあえず7時間くらいみたい。
 計画はないがやる気と体力はある……つもり。

 眠くないか? ……眠くはない。よし。
 高速に乗り、昂揚のままにアクセルを踏んでいきます。
 通りたくはなかったけど、適当にルート入力したら、どうやら首都高を通る模様。
 ゴールデン週間でどうかというところですが、この時間はやはりまだ空いていて、ノンストップでどんどん走ります。

続き...
2017/05/07//Sun.
富山のおみやげ 銘菓 月世界
tsukisekai1701.jpg
K-1 / CZJ Flektogon 35mmf2.4

 狛特派員の幸せな胃袋。
 とか言って(たまにはいいだろ? ええ?)。

 5月の連休も終わっちゃって、能登半島に行って1500キロとか言いましたが、実は富山にも行きました。
 ばかりか、長野にも行ってます。
 (前の投稿の川の写真なんかも富山です、ごめんなさい、ありがとうございます)
 家族におみやげを買おうと思い、富山で求めたのが銘菓「月世界」でした。


続き...
2017/05/06//Sat.
能登半島周遊1500キロ
uozu1704.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 強奪した連休、思いつきに任せ、能登半島を走ってきました。
 地図で見ても実際に行っても、なんかここもの凄くねえ? というようなところを色々さまよった気がします。
 泊りがけでの旅はフォレスターでは初めてですが、居住性と走りの良さからか、二泊三日往復で1500キロと、いつの間にか最長距離を更新していました。

 見てみたい風景と撮ってみたい巨樹を線で結んで、無茶苦茶なルートが出来上がります。
 能登半島は海も山も綺麗で、気分が晴れ晴れとしました。


続き...
2017/05/03//Wed.
巨樹を訪ねる 三春滝桜
miharu1702.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / iPhone7

 巨樹の世界にもカリスマ的な存在があり、例えば誰もが知っている屋久島の「縄文杉」もそうですが、日本を象徴する桜にあっては、どうでしょうか。
 それが形を得たのが「日本三大桜」だと思います。
 「山高神代桜」、「根尾谷薄墨桜」、そしてもう一角が、福島県の「三春滝桜」とされています。
 
 桜を訪ねるには様々難しいところがあって……実際のところはこの春訪れた桜の巨樹の回を見て頂くとして(笑)、今回は今回で、この樹ならではの事情に悩んだりもしました。
 しかし、結果から言えば、思い切って突撃して良かった。
 それくらいに、ものすごい桜の樹でした。

続き...
[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OtherCamera 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//