2017/08/27//Sun.
夕闇を明日の方へ泳ぐ
kawarago1618.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 日常に斧だか鑿だかを打ち込んでどんどん形を変えながら、今日は休日らしい休日。
 自分は果たして現実から逃避するために写真を撮っていたのであろうか?
 それはちょっと違うと思うのだけど(実際、非現実的な写真なんて撮ってないと思うし)、こうして現実に取り組んでいることで、写真を撮らない日々が続いています。
 暇がないからという理由とはちょっと違うし、このまま撮らなくなる気配もない。
 しかし、写真という過去を保存するためのテクノロジーに関して……いや、ここは、まっさらな2テラバイトのハードディスクを買って、すぐさま端っこの方から齧り始めた、とだけ言うにとどめておくことにします。
 


2017/08/24//Thu.
現実に逃避
haruna1701.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 更新をさぼっていました。
 ちゃんと頑張って生きています。
 しかし、生き方を変えようとは思う。
 これまでの自分を育ててくれたことには感謝しているけど、思い出に頼って生きる生き方はもうやめたいです。
 新しいことをしないと、生きていらんねえぜ。
 
2017/08/16//Wed.
好きにやる日
fukushima1703.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 お盆休みだったので、骨休めもしましたが、やはり何処へも行かないというのは我慢ならず。
 かといって、壮大な放浪を仕掛けるには日数もやる気もないので、以前挑んで満足に撮れなかった巨樹を再訪することにしました。
 第一弾、ってわけじゃないけど、今回は福島県西郷村の「剣桂」に行きました。
 前に行った時も雨だったけど、薄暗い森の中、シグマDP2は全く役に立たず、グレイン・モンスターとしてしか価値を発揮せぬK-7で撮ったのみ。
 今回はフルサイズのK-1があり、もうめんどくさくなって折角だからその性能をモロに活かせる専用レンズをと、上の名前の長ったらしいズームも買ったの。
 防塵防滴だから、僕と同じでずぶ濡れになったって全然平気。
 ちゃんと撮れたので、近々記事をリファインします。
 夜はそこらで車中泊しようと思ったけど、頼りにしていた商店がやってなく、周囲10キロくらいに食料を扱う店が何もなかったので、冷えた体を温泉であっためただけで帰路、往復480キロ。
 
 道中、ずっと新しい人付き合いについて考えてました。
 馬鹿だから、考えてることを遠慮なく露わにして相手を唖然とさせてしまう悪い癖があり、ギクシャクしてしまいました。
 でも、一度は必ずこうなるわけで、仕方なかったかとも思うんです。
 歩き方が下手くそなことを嘆くより、歌が上手いことを誇るべきだ。
 いや、これは例え話で、実際音痴なんですが、そういうことだろうと思って。
 くよくよしてる時間もったいないから、好きにやった方がいいって。絶対ね。


2017/08/13//Sun.
夏の日通信
choshi1704.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 ……というわけで、5月連休の富山・能登半島・一部長野の旅記録は終わりです。
 長野市の山中で巨樹を二つ訪ねた後、山あいに暮れてきた日を眺めながら、「……帰るか」と引き返し、あとはひたすら走りまくって700キロくらい、深夜におうちに到着、もうそれだけです。
 旅はいいもんです。
 車が変わって走りがよくなったし(四輪駆動にしてほんとによかった)、シートもよろしくなったので疲れも半減。 
 何ならもっと走れるというような力を、明日への回復に回せた感じもします。
 いろんな風景、いろんな巨樹に出会ったな、今回も。


 そして、これをまとめている今はもう夏真っ盛りな盆休みなんですけど、夏だというのに僕の身辺は慌ただしくなってきました。
 また生き方が変わるようです。
 正しい道に乗った、あとはまっすぐ前だけを見て頑張れば良いのだと信じきっていましたが、実際はそんなに甘くはない道だったようです。
 本当は右も左も、ごく手前もはるか先も見えていなければいけなかった。
 間断なくバランスを取り続け、その上で予定よりも早く目的地についていなければならなかった。
 要するに、行き当たりばったりでうろうろ旅を続けている僕なんかが、到底選ぶべきではないルートを走っていたのでしょう。

 一旦走り始めたのだから、そのまま我慢して走り続けろ、身を犠牲にして捧げろ、それが男の責任だろと馬鹿な要求をしてきた人もいましたが、払いのけ、この際下道だか脇道だかに一度降りることにしました。
 すると、この旅路はわからないもので、行く先に、急に灯台のような光が見え始めたのです。
 そう、それはまるで灯台でした。
 そこへ向かえと呼んでいる光……そして気づけば、それまでは全く知らなかった道を高速で飛ばしている自分がいるのです。
 知らない道……それはまるで話に聞くアウトバーンのような、今までに走ったことのない道。
 自分の足回りや最高出力や運転技術をばしばし試されるけど、もっと飛ばして走ってみたくなるような道です。
 びっくりしつつ、でも事故にだけは気をつけて……もう脇腹くらいはコスったかもしれないけど……もうちょっとアクセルを踏み込んでみることにします。
 道は続いている。


2017/08/11//Fri.
巨樹を訪ねる 臥雲の三本杉
nagano1723.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 長野市の山中、散らばる集落同士を結ぶ道をくねくねと走り抜け、さらに登ったところに、臥雲院というお寺があります。
 その下方、崖下のようなところに、印象深い杉の巨樹があります。
 「臥雲の三本杉」です。
 このような、変わった立ち姿。
 今回は変わり種の杉に数多く出会う旅です。


続き...
2017/08/05//Sat.
巨樹を訪ねる 赤岩のトチ
nagano1706.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 南北に長い長野県のほぼ最北に当たる地域、長野市から西の山中、七二会(なにあい)という地区に、日本最大と言われるトチノキの巨樹があることを知りました。
 「赤岩のトチ」です。


続き...
2017/08/02//Wed.
ワインディング、ロード
nagano1705.jpg
K-1 / FA 35mmf2

 人生、生きてる自分が一番よくわからない。
 今って、第何コーナーあたりなんだろう。
 「魔のカーヴ」とかって呼ばれてるそれは、もう過ぎたんだろうか?
 スロー・イン、そしてファスト・アウト?
 ストレートに出てニトロ・ブースト使うんなら、先にプシュッてした方が負けんのか、やっぱ?
 わからない。
 わからないからそれは苦いし、また甘いのかもしれない。


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//