2018/10/22//Mon.
フォロー・アップ
IMGP4696.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 剣桂サン、出現の威容。
 これからなんかものすごいものが現れる……という、ゾクゾクするような気配。

 巨樹が好きなので(ご存知の通り)、ブログの写真や探訪記事については頑張るのですが、本家本丸であるはずの環境省の「巨樹データベース」がいただけません。
 それでも、最近リニューアルされて、巨樹のコラムやなんかが載るようになったのはいいのですが、肝心の、検索して出てくる巨樹のデータがスカスカです。
 環境省によれば、我々愛好家頼みだということらしく、データのフォローアップを期待されている様子。

 ほとんどアテにしていなかったせいで見てなかったのですが、これはちょっとひどい。
 僕の地元の「波崎の大タブ」にせよ、

 ・「波崎の大タブ」という固有名詞では検索しても出てこない
 (「大タブの木」とかいうどうでもいい名称になってる)
 ・写真が一枚も載っていない
 ・所在のお寺の名前が間違っている
 ・コメントなども何も入っていない

 ……という体たらく。
 これを使ってどうやって巨樹を探訪できるというのでしょう。資料価値もないし、まずつまんない。
 ついカッとなって、手始めに「波崎の大タブ」のページをできるだけフォローアップしてしまいましたよ。
 (興味のある方は、「調べる」→「巨樹を調べる」→独特の呼称「波崎の大タブ」と検索して見てみてね)

 登録を完了させても、アップには数時間から半日くらいかかるようです(人間が認証してる?)。
 しかし、好きな巨樹のデータが充実したのを見るのは、なかなかいい気分。
 ブログの写真をそのまま使えば楽勝だし、茨城の巨樹を中心にどんどんやってしまおうかと。
 「なぜか茨城だけ充実してる……」ってなったら、勝った気がするじゃないですか。ねえ。
 いい樹あるよ、茨城は。

 ああでも……それもあれも、できれば書いて、写真も載せてしまいたい。
 しかし、レジェンダリークラスを僕なんかがやるのは恐れ多い? 笑 
 こういう活動を地道に続けることで、巨樹に対する意識も高まってくれるのだと期待したいです。


2018/10/21//Sun.
喜多方市のそば盛りを見て、そのあと
kitakata18035.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
MX-1

 そば畑の花満開を堪能した後、少し走って熱塩温泉にやってきました。
 もちろん、ここに巨樹があると聞いてのことです。
 そうなるのです。


続き...
2018/10/20//Sat.
巨樹を訪ねる 温泉神社の大杉
kitakata18024.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 夏の終わりの福島県喜多方市。
 そばの花の盛りを撮りに行った脚で、もちろん巨樹を探訪しないわけには行きません。
 豊かな福島のこと、巨樹的にも見所がたくさんあります。

 喜多方市では……と、熱塩温泉の温泉神社の御神木「温泉神社の大杉」を訪ねてみました。
 強い野性味を感じさせる巨樹です。


続き...
2018/10/18//Thu.
酪農天国より、いま戻りました
hokkaido1802.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 酪農。こういう風景って本当にあるんだなあ。
 ……というか、あちこちにありました。
 しかも名高い十勝平野とかじゃないってのに。
 ここは、えーと、どこだっけ、根室の近くです。

 本日、お家にまで戻って参りました。
 とりあえず、撮影してきたデータのバックアップをとったところです。
 それを見ていて、思います。 
 鉄は熱いうちに打てと申しますが、雨降って地固まるとも申します。
 北海道の素晴らしい秋色を見、しかも北海道は今晩からは雪だという。
 えー、何が言いたいかと申しますと(なぜか結婚式のスピーチみたいになってる)、つまり、それらを当方のブログに載せ始めてしまうと、こちらでも短い秋がどんどん(中略)

 あのう、夏の写真、まだ間に合いますか?(汗)
 北海道の写真編集をするにも時間がかかりますし、載せないことにはもう来年までお預けになってしまう。
 巨樹の写真だってある。
 まずはそっちです。
 やると言ったらやるの。

2018/10/17//Wed.
これから帰ります/北海道からのおてがみ
hokkaido1801.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 あらこのブログ、きっと広告出す気なのね? とお思いでしょうが、ふほんい。
 皆様いかがおすごしでしょうか、電波がなかったり機材がなかったり、あっても僕がぺしゃんこだったりで更新できませんで、覗いて下さった方には申し訳ないことをしました。
 今、苫小牧から帰りのフェリーが出航しようとしているところです。
 ビールが飲みてえらしく、山盛りの餃子を持ち込んでる男がいて、すげえくせえ。

 それは兎も角。
 北海道うろうろ旅、いろんなことがありました……。
 出会いもあり、写真もいろいろ撮り、変なことを延々考え。
 洋上では再びオフラインになりますので、その時間を利用して、雑記にでもまとめたいと思います。
 ああ、離岸する。
 それでは、ボンボヤージ……(それどういう意味?)。


2018/10/11//Thu.
旅らしきものについて
kitakata18010.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 しばらく更新が滞ると見て、なんかそれらしき写真を載せておこうと思いまして。
 フインキというやつです。

 半年に一度の長旅らしきもの、ということになるでしょうか。
 本当は冬になる前に四国に行こう、そこでまた巨樹を題材にしたミーティング? を我々で行おうと思っていたのですが、とある理由があって僕の行き先は北海道になりました。
 四国は延期してもらって。また春頃……というと、やはり半年に一度ということになるのでしょうね。
 諸々はまた旅の記事を書くときに。

 「良いご身分ですね」と言われそうですが、確かにそうで、以前までの仕事だったらこういう風にはできなかったでしょう。
 時間面、費用面でそれなりに工夫はするようにしてはいますが、それでも。
 しかし、日常と非日常について考えてみれば、以前僕は、そうしてあまり長旅に出られないにも関わらず、頑張って「その日常」をやっていこうと心に決めていたのでした。
 いろいろあって、そうはできなくなってしまったけれど。
 それを失った代わりに新しい何かを得たと言えなければ、失った意味すらないと思うのです。
 だから、これを得たということで目一杯使わなければ、そう思います。
 
 なんだか、これまでの自分を否定したくはないな。
 見たことない風景、行ったことがないところ……そういうものに出会いに行くんだけど、それで自分を変えたいわけじゃないです。
 自分探しなんかしていない。
 そういう意味では、相応に歳をとったということでしょうね。
 何度も読んでる好きな本を読みながら海を渡って、高校生の時に聞いてた音楽を流しながら北の大地を走ってやろう。
 我流でしかないやり方で写真を撮って、十何年もやってるのにあんたの写真は進歩ないと言われよう。
 やっぱり、それがいい。


2018/10/10//Wed.
かまきり付き自動車/旅のしたく
IMGP1771.jpg
MX-1

 ぼやぼやしていたら、もう明日ホッカイドーに出発ということになってしまい、なにも準備をしていません。

 うそ。
 amazooonで新しい寝袋を買ってしまいました。マイナス10℃まで耐えるやつ。
 試しに入ってみたらぬくぬくとあったかく寝落ちしかけたので、OK(しかしうちの気温は30℃、汗だく)。
 春夏向けの寝袋では不足と見ていますが、転がしておくといつの間にか枕代わりにして寝落ちしていることがよくあり、じゃあ枕として持って行こうかと。
 万一暑すぎる場合は寝袋交代すれば良いし、逆に寒すぎるなら寝袋に入って寝袋に入れば良い。

 他には、地図は買ったでしょ、でも読んでいないので、フェリーで読みます。
 宿を取るつもりはなかったんですが、じゃらんを開いたらポイントが結構溜まっており、それで一泊ありつく。
 おとうさんに「地震で困ってる北海道にお金を落とさないのはダメな奴」と言われてしまい、もう一泊取りましたが、泊まる前から失敗だったと思っている。
 野外活動用具、消耗品、着替え、田中邦衛のモノマネ、そういうのはなりゆきで準備。
 それと、いつでもレスキューしてもらえるようにジャフーへの連絡手順を確認しておいた方が良さそう。いやだな。

続き...
2018/10/07//Sun.
茨城の秋の渚
hitachinaka1801.jpg

hitachinaka1802.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 10月だというのに暑いので、海辺も寂しげにはならず。

続き...
2018/10/06//Sat.
巨樹を訪ねる 鹿島神宮の杉
kashima1806.jpg
MX-1

 巨樹の定義、目通り高さで幹周囲3メートル以上。
 個性はともかく、それを満たせば良いというのであれば、鹿島神宮の参道は巨樹だらけです。
 その中でもひときわ大きい一本というのは、もちろん御神木であるわけで……しかし、それってどこにあるんだ?
 知らないと見つかりません。
 「鹿島神宮の杉」。
 これだけしか見えない。


続き...
2018/10/05//Fri.
鹿島神宮に行って来ました。
kashima1802.jpg
MX-1

 遠出はできずパッとしない休日の午後、鹿島神宮に行ってみました。
 ここも地元で後回し、というか、初詣に一度でも来ればもう絶対行きたくないと思ってしまうトコロなので、通算でも2、3回しか行った覚えがないのです。
 総鎮守みたいな存在なのに。
 ただの日曜なのに周囲の駐車場はいっぱいだし、渋滞もしてる。
 これじゃあねえ……申し訳ないですが。

kashima1803.jpg

 ま、そういうとこですが、歴史があるだけに、神宮・社叢の規模もかなりのものです。
 国道もこの敷地の中を分断するように走っているわけだし。
 樹々もでっかいので、巨樹好きとしてもなかなか楽しめる光景が広がっています。

kashima1804.jpg

 御神木の杉が最も大きいと言われていますが、ナンバー2は門の近くにあるこの杉。
 幹周5.75メートル、樹高40メートル、樹齢700年。
 なかなかの迫力です。
 流石に鹿島神宮なので、いつからこういう樹があるかとか、記録もあるんじゃないかと思われますね。


 今日のカメラは、修理から上がって来たMX-1です。
 ペンタックス最後のコンデジですね。
 センサーがちっこいですが、撮ったものを見てみると解像感はあるし、いいんじゃないかな。
 手ぶれ補正が強力でマクロに強いのも便利です。
 ちゃんと撮れる点ではスマホなんて眼中にないですが、電話やラインやゲームができず、写真しか撮れないのが欠点(当たり前)。

 しかし、1/1.7インチなんていうのも、もはや旧時代の遺産になってしまいましたねえ。
 これは、APS-Cサイズの11.3%、フルサイズセンサーの5.05%の面積しかないわけで、実際の写りを見てみると、そんなちっぽけなセンサーでよくここまでやるよなあと感心してしまいます。
 まあただ、APS-C以上に慣れてしまったせいで、ダイナミックレンジって言うの? あれに関係するのか、描写や色の深みみたいなものが足りないとは思います。
 まあ、それ言い出したらキリがないだろうよ、みたいなね。
 そういうのを撮りたかったらアレ持って来なさいよ、ってね。
 色々大変なんですよ、カメラさんも。


 さて、問題の(問題なんです)御神木をちょっと見に行って見ましょうか……。 


2018/10/01//Mon.
巨樹を訪ねる 天神の森
sousa1806.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 飯高寺から少し歩いた先に見ておくべきと直感が訴えるスダジイがあり、探訪して来ました。
 位置が少し分かりづらい……墓地の奥に急で長い石段があり、これがまた、巨樹があると知らなければまず遠慮したくなるような薄暗い感じで。
 登り切るとそこが目指す「天神の森」なのですが、これまた鬱蒼としている。
 どっさりとした竹林の中、よしずの間から覗くような感じで見れば、異様な姿のスダジイの巨樹がそびえ立っていました。

続き...
[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧



・11日間、2600キロ超。
 行き当たりばったり旅の紀行文・
「西日本長距離車旅」



・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示



最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
MX-1 
DP2Merrill 
Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OptioA30 
Distagon35mmf2.8 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//