2011/09/22//Thu.
スナップマシンというやつ
noname409.jpg
K-7 / FA 35mmf2

お休みなんで、滅多にやらないカメラとくしゅう。
今、違うブログ開いたと思ったでしょう?(笑)


嗚呼、スナップ。
無闇に広角レンズで人ごみに分け入って、パシパシ撮りたくなる時がありませんか。
月30本なんて、今はもう撮りませんが、僕は、たまにそういう時があります。
そういうのをいい写真と思うかどうかは別として、それだけシャッターが切れるというのは気持ちがいいもんです。

一時期は50ミリは望遠だとか思ってて、カメラもひたすら小さく軽くしたかった。
しかし、コンパクトカメラが完全に速くて気が利いているかというとそうでもなく、ピントは一定距離で固定で被写界深度で撮ってしまうんだとすれば、AE付き一眼レフかレンジファインダーの方が素早く気持ち良く切れました。


小型化で言えばレンジファインダーが選択されるのが普通ですが、自分はよくカメラをぶつけたり落としたりするし、雨に濡らすし、でもお金はないし、なんか変なスクリューマウントレンズはあるしで、一眼レフのままでいくことにしました。
言っちゃえば、ボディはLXさえあれば何でも撮れると今でも思ってるんですが、より今日はスナップしか撮らんぜ、という時にゴソゴソ持ち出すのが、ME Superです。

1979年製。知らない?(苦笑)
ペンタックスのエレキカメラにMEってのがあって、フルメカニカルのMXの妹みたいな奴なんですが(角が丸っこくて、どっかそんな印象)、そのMEをパワーアップしたような奴。


よいところ

・小型軽量に磨きがかかって、450グラムしかないところ。
 M28ミリ/2.8が170グラム、M20ミリ/4だと150グラムなので、レンズつけても600グラムそこそこにしかならない。
 二台持って行く時も気が楽。

・今のミドル以下のデジ一眼がしょぼく見えるくらいにファインダー広い。

・M系統の中で唯一1/2000でシャッターが切れるところ。
 高感度使うし、4000は別にいらないけど、2000は欲しいってもんです。

・シャッター音が静かなとこ。
 何かで読んだ記憶だと、独自のショック吸収機構が組み込んであるとかです。
 ペンタックスのカメラには色々触りましたが、こいつだけ音が違います。
 最初、古いからシャッター腐ってんのかと思ったんですが、そうではないし、ずっと同じ音です。
 何か、ペタン、みたいな音で、雑踏だと全然聴こえなくなります。

・黒があるところ。
 あと、安いところ(12800円だった)。


ダメなところ

・グリップがない。
 この点でLX、スーパーA、MZ3とかに負ける。滑るし。
 小型なので、普通の一眼レフにありえない持ち方(わしづかみにして親指でレリーズ押す)とか、ストラップ縛って手首に固定しちゃうとか、そういう感じ。

・壊れてるところ。
 修理にも出したんですが、オートの具合が馬鹿アンダーで、治りません(笑)。
 アンダーということは、通常より速い速度でシャッターが切れてて光が足んないということですよね。
 色々やった結果、これが4倍くらい違うらしいということがわかったので、1600のつもりで撮りたい時は400に、400のつもりで撮りたい時は100に設定することで、まあ、これまでのような写真が撮れるようになりました。
 あとはどのフィルムを使うか、増感するかしないか、まあ、適当に決めて適当に現像で結果オーライ。
 ヤッタネ!
 感度と露出補正のレベル自体は生きてるらしく、オーバーやアンダーもできますが、依然曇りの日に普通の設定で撮ると、グズグズのドロドロです。

・巻き上げレバーの丸いパーツがすぐとれる。
 ネジ式なんですが、最近すぐ取れます。
 これまで辛うじて拾ってねじ込んでいますが、1年後、ここがパーマセルで誤摩化される未来像が見えて……。

・昭和の遺物なので、死んだら終わり。
 以前名古屋旅行に持ってったら、名古屋城でウンともスンとも言わなくなり、完全エレキでメカな部分がないんで、どうしようもない鉄塊になりました。
 なんとか修理して復活、その後は後遺症の弩アンダーがあるくらいで大丈夫ですが、もう一回死んだらダメだろうなと思ってます。



なんで今時そんなカメラで撮ってんですか、という見方をされることもあろうと思いますが、答えは簡単で、他には無いようないい点(いいと感じる、もしくは錯覚する点)があるからです。
他の使用頻度がどうしても低いカメラと比べて、キャラが立ってるとも言えます。
特にスナップなんか、どうせ1本に2、3コマしか使えるのが出てこないんだから、撮っててイライラするようじゃ、何にもなんないですもんね。


(と、床にほん投げてあったME Superを、一応食卓の上に乗せる。)

>> 2011/09/23 05:55
最後の一行、すごくよくわかります!
お前いい働きしてくれるよ~大好きだよ!ってカメラでもたまに家の中のとてつもなく変な場所に置いてあったりしますよね笑
>> 2011/09/23 12:50
>無闇に広角レンズで人ごみに分け入って、パシパシ撮りたくなる時がありませんか。

あります、あります。
特に酔っぱらうと酷いもんです(笑)

最近はMZ-3でさえ重くて敬遠してしまっていますが・・・
撮り始めさえすれば、気持ちよく撮れるカメラなので、
狛さんを見習って、たまには引っ張り出してやろうと思います。
>> 2011/09/23 23:42
joychiさん>
デロデロ長いのに最後まで読んでくださってありがとうございます!(笑)
大好きだよって感じではないのですが、このちょっと足りないところが憎めないなとは思っていますね。
フィルムカメラ自体に対してそう思っているのかも。
でも、みんな気づくと床の上に転がっています。
食卓は食卓でスパゲティや焼き肉を食う時邪魔なんだよな。
↓の黒猫の写真みたいに、咄嗟に撮れるのは良いのですけれども。
>> 2011/09/23 23:57
reemaさん>
やっぱり(笑)。
うまく乗って撮れるとけっこうすっきりしますよね。
深くは考えないぜ、見たまんまの街を記録してやるぜ、的な。

MZ-3もいいですよね。
そういえばウチでもあんまり使われてないような……。
マニュアルレンズつけると、当たり前のようにしっかりしたマニュアル機になるところがすごいです。
僕も使ってみましょう……。

と言いつつ、どうせ撮るならってことでまたLXになってしまうのかもしれません。
その時の気分も重要な要素ですよね。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//