2011/10/09//Sun.
裏通りの正午
ootsuka1112.jpg
LX / SMC Takumar 28mmf3.5 / Presto400

カーサ・ブルータスのコーヒー特集号を読んでいたのですが、やはり写真とコーヒーというのはよく似ていますね。
サンフランシスコではもっぱらダークローストが好まれていたが、ここ数年、豆の甘みや風味をもっと味わおうという動きが出てきている。
それも、往年のロースターや器具を使っての手作業がメインで、その過程をわざわざお客に見てもらい、目の前で時間をかけてドリップして出すという店が多く出てきている。
とのこと。

高感度フィルムでバシバシ撮ってた写真て、いわゆるダークローストのようなもので、これはこれで好きなんですが、これでは隠れてしまって味わいにくい風味もある。
数年前にエルサルバドルのコーヒーを初めて飲んだ時、甘みと独特の後味にびっくりしたのを思い出します。
色々味わえると思うと、それだけ楽しいもんですよね。


>> 2011/10/09 10:53
 狛さん、こんにちは。

 ずいぶん賑やかな家です。
 下町的な雰囲気がありますね。

 僕は、強めにローストしたコーヒーも、軽いものもどちらも好きです。

 ずいぶん前になりますが…テレビでアメリカン・コーヒーの事を解説していました。ご存知かもしれませんが、イギリス系の移民が、コーヒーを紅茶の味に似せて、浅くローストしたのが元々なんだそうです。カフェインは、アメリカン・コーヒーの方が強めにローストしたものより多いんですね。

 もう何年も前になりますが…ハリウッドのスターバックスに入ったら、しっかり「アメリカン・コーヒー」というメニューがありました。あちらにもあるんですね。もっとも日本の一部の喫茶店のように単にお湯で薄めたものではないと思いますが。
>> 2011/10/10 01:13
NOBUさん>
こんばんは。
下の店は潰れたようですが、がっちり生きていますという感じですね。
生活の密度感が出ていて興味深いです。

コーヒー、もっぱらダーク派でしたが、歳を経るごとにちょっとずつ嗜好が変わっていくようです。
そういえばアメリカン・コーヒー、日本ではただ薄いだけのコーヒーみたいになっちゃってるような印象がありますよね。
同時に、僕の中ではうまくないコーヒーの代名詞みたいになっちゃってる感があったので、一度ここら辺を改変できたら素晴らしいと思います。

ついでに告白すると、シアトル系の良くわかんない名前の長い色々追加コーヒーは、飲むのも注文するのもちょっと苦手です(苦笑)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//