2011/10/19//Wed.
21世紀の19歳の写真
gokokuji1103.jpg
ME Super / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

何か起きそうな空。
そしてカーヴミラー。


秋なので学校は文化祭です。
文化祭ったって、昨日と今日とくらいで何が催せるんですかというところですが、ひょんなことで皆から写真を集めて飾ることになりました。
最近の18、19くらいの若者って、携帯ばっかりですね。
携帯電話で撮るなんて習慣は全くないので、こんなにたくさん携帯電話写真を見たのは初めてですが、いくら携帯のカメラが進歩したって言ったって、ちゃんとしたデジカメの敵ではないですね。
どれがiPhoneのかわかんなかったけど、所詮はもしもし、フィルムカメラの敵でもないです。

いやしかしあれだ、写真というのは半分くらいは道具かもしれないけど、あと半分くらいは違うもので出来てるわけで、携帯電話とは言え、そんな若い頃に自分専用のデジタルカメラがあるというのは、意欲をかき立てられると思うのだけど(自分がそれくらいの時にはカメラ高かったし)、なんだ、皆、若きやる気は無いの?

考える。
「写真=フィルム」という時代を経験してからデジタルの恩恵を受けるのと、最初から「写真=デジタル」でしかない世代では、カメラを手にするということの意味や価値が全く違うのだろう。
ましてや彼らにとっては「写真=デジタル=携帯電話の一機能」でしかないわけで、つまり「僕の言う写真≠彼らの言う写真」である可能性が高い。
写真って何? という時、彼らのは、ごくごく軽くて小さい、貼って剥がせて指先で丸めて飛ばしたり捨てたりできるポストイットみたいな記録のことで、携帯の画面でそこそこ見られればそれでいい。
自分がいいと思う写真を持って来てください、と言われて、ネットからかっぱらった画像を持ってくる奴が何人もいるというのも、そこいらに原因がありそう。
写真というのは、彼らの中ですでに物体ですらなくなっている。

だからダメだと言うんじゃなく、こういう機会に、できるだけホントっぽい写真の魅力というものを教えてあげたいなと思ったのです。
いや、僕がやってる写真が本当に写真であると言えるのかはわかりませんが、もっと深いとこに首突っ込んでみるのも面白いぜ、と、それくらい示してみたい。
そして、彼らの人生をちょっと狂わせてみたい。
三分後にはもう黒いカメラ持ってダイドーがどうの、とか言ってそうです(苦笑)。


>> 2011/10/20 02:00
 狛さん、こんにちは。

 写真について、同感です。
 カメラは、以前は耐久消費財的な感覚で所有したと思いますが…今は消費財でさえもなく、通信機器かもしれません。いや、もしかしたら消費財でしょうか。

 写真は記録という面と、写心と言いましょうか…写し手の感動や気持ちがあらわれるものがありますね。気楽に気楽に撮る事で、素直な気持ちが表れるかもしれませんが…そんな気持ちで撮る事はなさそうです。

 手前のプレハブ調の建物と遠くの年季が入ったマンションの対比が面白いです。
>> 2011/10/20 06:40
あー、こういう記事すごく楽しいなー。
たくさんの人のコメントが見たいです。

僕も携帯カメラでの撮影はメモ書きに似てると常々思ってましたが、
狛さんのポストイットってのが一番しっくりきて、
それだ!と朝から感動しました笑

なんか、すぐに捨てちゃいそうですもんね。
ポストイットのあの微妙な粘着力と携帯写真の気軽さは似てると思いました。
>> 2011/10/20 21:38
僕はカメラで撮ったのは写真
携帯カメラで撮ったのは画像と読んでます。
本当はデジカメで撮ったのは全部画像と呼びたい気分なんですけどね。

>> 2011/10/21 07:11
NOBUさん>
こんにちは。
今でも僕はフィルムカメラを愛好しているわけですが、なぜ今撮るのにマニュアル銀塩かという時、この「写真機でしかない」ところが逆に尊いのだと思うのです。
これは、カメラに付属する機能が少なければ少ないほど高まるものなのじゃないかな、とも。
いずれにせよ、僕にとってはこれからもカメラはカメラとして、銀塩カメラは壊れてどうしようもなくなるまで、デジタルも、人よりは長く使って、自分の手の先のようにすることが目標です。

マンション、昭和の造形という感じがしますよね(笑)。
>> 2011/10/21 07:19
joychiさん>
ありがとうございます!
僕も、この比喩で伝わるかなーと思って書いたので、joychiさんの豊かな感性に朝から感動しました(笑)。
そう、彼らの「写真」というものを見ていると、うっかり「それはホントに写真なの?」と無粋なことを言ってしまいたくなるんですが……そういうのじゃないですよね。
彼らが悪いとか感性が鈍いとか、そういうことでもないと思う。
でも、これから1歳2歳と歳を経るうち、写真で感動したり衝撃を受けたり、そういう経験もしてほしいなあ、とは思うのですね。
>> 2011/10/21 07:25
ウナムさん>
ご訪問ありがとうございます!
ブログ、たまに覗かせていただいて、楽しませていただいております。

なるほど、「写真と画像」、そういう観点もありますよね。
僕としてもデジタル化されたものは画像と認識するところが多いのですが、銀塩使いとして情けない話ですが、年々線引きが甘くなっているような気がします。
例えば、カラーフィルムの処理代が急激に値上がりしてから、カラーはデジタルにするか……とか。

しかし、考えてみると、このブログ活動なんかもそうですが、フィルムで撮ったものを自家現像はするものの、スキャナーでデジタル化、というのは……画像なんじゃないか。
とか。
だからなおさら、撮影プロセスを泥臭く行うことにこだわるのかもしれませんね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//