2013/03/28//Thu.
西へ・今治
imabari1302.jpg
LX / FA 35mmf2 / smc-m 20mmf4
ESPIO mini / 32mmf3.5/ Presto400
K-7

松山に着いてから、間髪入れず予讃線で出発しました。
この日の移動ノルマが大きかったということもあるのですが、道中の今治にも寄りたいところがあったのです。

予讃線……いいですね、何がいいかって、語感がいいです。
いや、語感だけではなく、車窓から見える瀬戸内の情景が大変いい感じです。
船のゆきかう海に、みかん農家のオレンジ色がキメ色として映えていました。


imabari1314.jpg

ところどころわからなかったりする愛媛県的世間話を耳にしながらトコトコ走っていくと、見えてきましたね。
隠しようもなく、あの辺らしいですね。
そうか、良かったな……ていうか、またかよ……。

imabari1319.jpg

最寄り(と思われる)駅からはなかなか距離があります。
それはわかっていたのですが……大誤算だったのが、この駅がウチのド田舎にあるような無人駅だったことです……。
まさかのロッカーなし。
着替えだとか日用品だとか、すぐには要らないものを全部抱えて片道2キロくらい歩かねばならなくなりました……。

馬鹿でかいクレーンを目指してひたすら歩きます。
近づくほどそのでかさが際立ちます。
次第に街並そのものが巨大な工場の敷地の中みたいに変わっていきます。


imabari1303.jpg

着いたみたいです……。
行ってみたかったんですよ……今治造船。
日本でもトップという造船所です。

地図で見てみて、歩いてアプローチできそうだったので行ってみたのですが……荷物がね……それだけが辛いです……。
日もうららかで暖かく、上着までもが余計な荷物になります。
職員の方以外でこの辺を歩く人もいないし、巨大な造船所と関連工場以外にあんまり建物もないし、ましてやこんな大荷物で歩いてる人なんていないですよ……。
しかももうこの区画まるごと工場内みたいで入れそうにないし……とか、心折れそうですが、まあいいや、もう少し行ってみます……。








imabari1315.jpg

そしたら、うわ、なんですか!?(興奮のあまり銀塩で撮る)

imabari1301.jpg

船!?(←造船所なのであたりまえです)
船がはみ出ていました。

imabari1320.jpg

もう一丁、下から。
でかい鯨に見下ろされているような気分になりました。

うーん、でも、こうして編集しながら見ると、もっと色々工夫して撮りたかったですね。
言い訳をしても仕方ないですが、この時は、天気以外の条件が軒並み悪すぎでした……。
荷物事件に加えて、急激に気温が上がりすぎたせいか、20ミリの絞りが粘っていたようで、何割かの写真がダメでした。
おまけに、そんなこんな撮っていると、グワアアアンとサイレンが鳴り響き、今治造船はお昼休みになったようでした。
何十人もの職員の皆さんがぞろぞろ出てくる中で僕だけが異質で、大荷物だし、お邪魔になる前に引き返すことにしました。


imabari1305.jpg

今治は有名なしまなみ海道の出発点でもあり、ここから自転車で渡るコースも推奨されていますが、ゴールの尾道までは71キロもあるようです。
行ったら、途中で泊まりだな。

imabari1317.jpg

無人駅に戻ってきました……。
今治駅へ向かう電車まではまだ40分もあります。
ロッカーも無いし、付近にお店もほとんどないので、お昼は今治市街に入るまでお預けです。

imabari1318.jpg

誰も来ません。
薄暗い平和が立ちこめています。
かすかにクレーンが向こうに。

imabari1308.jpg

あまりに暇なので花などを撮ってうらうらしてました。
ちょっと参ったけど、こういう誤算はつきものだし、行ってみないとわからないしね……。

わたしとあなたの予讃線、ちょっと、ご冗談はよさんせん……という予讃線の唄(作詞作曲・僕)を口ずさみながら、また予讃線に乗って、今治市まで進みました。
この日の行程はまだまだ半分にも行っていません。
気合いを入れ直して、まだどんどん歩きます。

しかしロッカーが無いとはなあ……まいったなあ……。

>> 2013/03/28 19:42
思うようにいかないもどかしさも旅のエッセンスですね。
予想の範囲を超える事態こそ旅の面白みでもありますね。
すんなりいった旅はあまり印象が残らないものです。
巨大物も重たい荷物も、だからこそ強く記憶に残ってる?
僕も旅に出てみたいなあ(゚ー゚;
>> 2013/03/30 06:32
snap.comさん>
その時は必死でも、後から思えば……という風になってくれますね(笑)。
予定調和から脱出しに、僕らは遠くへ行こうとするのかもしれません。
でも、荷物は投げ捨てたかった……。
この後も長く続きますが、これほどのトラブル(?)はなく、すんなりと……行けたと思います。多分。
>> 2013/04/03 22:29
ローカル線の駅にロッカーが無くてエンヤコラ荷物担いで歩くの、私も長崎で経験しました。
心が折れそうになりますね...

造船所、スゴイす。
銀塩の1枚目、思わず体温上がりました。
>> 2013/04/04 21:16
reemaさん>
こんばんは。
あれは効きますよね……まったく、経験した者のみにわかる辛さってところです。
しかも、第一日目でこれで、こりゃどうなるんだろうと心配でした。

今治造船のここいら、かなりシュールな眺めでした。
もっと落ち着いて、しっかり色んな角度で残すべきだったと思いますが……これも僕が興奮していたあまりかもしれません。
>> 2013/04/15 00:41
予讃線の唄には笑ってしまいました・・・!

大荷物で2キロは大変でしたね。
でも船が現れた時のテンションが伝わってきて、
なぜか私まで興奮してしまいました(笑)

「うらうらする」という言葉、なんかいいな~。
>> 2013/04/15 23:43
ラサさん>
今晩も勝手に電源が落ちる僕です。
無人駅は本当に暇だったので、そんなことばかり考えていたのですよ。

船は、つげ義春の「ねじ式」で、村の中に汽車が入ってくるシーンがありますが、あれに似たインパクトでびっくりしました。
こんなでかいものが動くんですから、すごいです。

「うらうら」は、うちの方の方言かもしれません(笑)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//