2015/06/09//Tue.
佐渡へ 清水寺
sado1547.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8
MX-1

 佐渡・デスティネーション。
 佐渡の美しい風景に感動し、なんとなく鉄道会社のコピーの真似をしてそう連呼しておりましたが、帰って来てから調べるまで「デスティネーション」の意味がわからなかった。
 そういう人たちがお送りします、ごめんなさい、古刹・清水寺です。


sado1550.jpg

 デスティネーションとは、(旅の)目的地というような意味合いらしい。
 そう書けば簡単ですが、実際の旅のことを考えると、きわめて重要意味深なワードであることは間違いありません。
 特に、ボンヤリとしか行き先を定めず、現地でそれを考えるという我々にとってはズシっときます。
 しかしここはあえて「出会いこそが大事」「発見こそが重要」、そう述べてみたい。
 佐渡、古刹・清水寺の参道を歩いていて発見したことを発表してもいいですか?
 生えている樹がみんなでかい。

sado1555.jpg

 門の上の「寺 水 清」という字がなんかかわいらしい。
 実際、変換するときめんどくさいので「きよみずでら」と打ってしまっていますが、「せいすいじ」。
 しかし、この両者は無縁ではなくて、およそ1200年前の天皇だか誰だかが、佐渡は遠すぎて京都の清水寺にお参りすることもできん、これは不憫千万、ってんで、佐渡にも清水寺をちょっと作ってみようと思ったという、それがこのお寺なんだそうで。
 そんなおかしな話があるかいな、と思いますが、本堂を見ればわかるというので……。

sado1548.jpg

 おおっ、このような。

sado1551.jpg

 飛び降りるべき清水の舞台もちゃんとあるわけです。

sado1549.jpg

 想像以上に立派だし、かっこいい。
 しかし皆さん待ってくださいよ、喜んでいますがね、京都の清水寺ってこんな格好でしたっけ?
 ……記憶のどこかがそう囁くので試しに検索してみたら、ぜんぜん違うじゃねえか!
 しかもその上、京都の清水寺のHPがむちゃくちゃかっこいい……(おためしあれ

sado1552.jpg

 いや、そんなことは、長い年月を経た現在では些細なことでしょう(本家のHPがかっこいいことすらも)。
 遠い佐渡島にあっては、これこそが「清水寺(せいすいじ)」です。
 長い歴史、そして京都を上回る厳しい気候の中に建つ風格を感じさせます。

sado1554.jpg

 市街から外れたところにあり、普段は無人らしいということもありますが、だいぶ枯れ褪せた感じが出ています。
 やはり冬の深い雪のせいもあるのか……舞台はギシギシ言い、下手に走り回るとぶっこ抜きそうで多少怖かったです。

sado1553.jpg

 脇に建てられたお堂も、雪の威力と深い山の生命力に埋もれていきそうになっていました。

sado1561.jpg

 隣接して蔵もありました。
 よく見るとリュックを背負ったおむさんが立っているんですが……それにしたって樹々がでかいのです。

sado1562.jpg

 緑が春を謳歌しながら押し寄せてくる中、ただひたすら静かに佇んでいる……そんな感じのお寺でした。

 「じゃあ、次はどのお寺にする?」
 ……って、いつから寺巡りになったんですか?
 
 じゃあここ、長谷寺(ちょうこくじ)。
 またなんか、どこかで聞いたような字面のお寺ですが……大事なのは名前じゃない、実際行って感じることでしょう。
 そのために我々は佐渡まで来たのに違いありません、そうですとも。
 そういうことデスティネーション。

 (つづく)

>> 2015/06/10 07:42
一目見て、すごい杉!とびっくり。
まわりの木立だけでなく、お寺の柱も立派なのには
ため息がでます。
佐渡には歴史のある建物が多いんですね。
お堂の写真がすてきでした。

「せいすいじ」に「ちょうこくじ」。
「はせでら」ではないのか〜。
清水寺のホームページ、かっこよかったです。
>> 2015/06/10 20:04
ぴよ社長さん>
佐渡はほんとうに自然豊かで風景がきれいでした。
杉の樹って、細いまま高く高く育って行くのもあれば、太く高く育って行くのもあって……ちょっとずつ種類が違うみたいですね。
実はこの旅、この後ものすごいのに出会ったんですが……それはまた別の記事で(笑)。

本土のお寺を模してというところが、いかにも島の風土らしくて興味深かったです。
はせでら……じゃねえや、長谷寺もお楽しみに(笑)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OtherCamera 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//