2016/03/18//Fri.
巨樹を訪ねる 中釜戸のシダレモミジ
iwaki1507.jpg
K-7 / CZ Ultron 50mmf1.8

 山形県への強行巨樹旅を終え、戻る途中で新しい朝が来ました。
 新しい朝というのは、いつでもそれなりのやる気をくれるもので、だからまあ、早い話がまた寄り道。
 ただ単にそのまま帰るのが勿体なくなっただけじゃなくて、この季節だからこそ訪ねるべき樹があるだろうということに気付いたのです。
 秋の終わり、見るべきは(扉写真があるのでもうクドいだけですが)紅葉する樹ということになりますね。
 その樹は、福島県のいわき市にあるということでした。


iwaki1501.jpg

 「中釜戸のシダレモミジ」。
 雨の中、傘をさしての訪問となりました。
 それにしても、「シダレモミジ」って、「ウィーピング・メープル」なのか。

iwaki1502.jpg

 ウィーピン・メーポーのおわすお寺に到着。
 人気があるのか、露店の気配すらある(笑)。
 モミジ饅頭だったりしてね。

 で、早くも奥にその個性的きわまるたたずまいが。

iwaki1506.jpg
(クリックで拡大)

 これがそのシダレモミジです。
 樹は2本あり、どちらも枝をうねうねと広げていますが、向かって左の樹が特に大きく、うねうねぶりも凄い。
 巨樹というよりは古木とか名木というカテゴリーかと思いますが、幹や枝の太さはなかなかのもの。
 何より400年を超えるという樹齢が現れてすごみを感じます。

iwaki1510.jpg

 盆栽や庭作りはやったことがないですが、こういう景色ある樹を撮っていると、それに近い楽しみをしているのではないかと感じてきます。
 ここはひとつ主役を引き立たせる被写界深度の浅いレンズで……なんて、本当はいつものシグマのカメラが山形でバッテリーを使い果たしただけですが。
 あいつ燃費悪すぎ、リッター2キロがいいとこ。

iwaki1509.jpg

 でも、この樹にこの撮り方は合っていたみたいですね。
 他の馬鹿でかい巨樹よりも寄れるし、部分的に切り取ってもカタチに味があります。
 いろんな角度から撮って飽きない、面白い樹です。
 色もこっちの方がいい出方するかも。

iwaki1504.jpg

 紅葉もちょうど見頃かなと。
 「こうよう」と書いているのか、「もみじ」と書いているのか、感じだけでは判別できませんね。

iwaki1505.jpg

 雨雫に濡れてしっとり。
 これぞ日本の美ですよ。
 ウィーピンとかもう言いたくない。

iwaki1513.jpg

 ぐっと寄って主幹だけを見ると、かなり奇妙な存在感があります。
 ねじくれながら伸びていったような、樹木でありながら躍動感すら感じます。

iwaki1511.jpg

 楽しく撮っていたら、キヤノン社の大型一眼レフを携えた兄さんたちがやってきました。
 我流でしか撮らず、這いつくばったり三脚を間違った方法で使ったりして足掻いている自分ですから、正しい撮影方法というものを勉強するチャンスと言えなくもないでしょう。
 彼らがどうやってこの樹を撮るのか横目でチェック。

 ……望遠で撮るのな。
 70−200/2.8(あの対空砲じみた白いレンズ)とかで、さっきの露店くらいも後ろに下がって、圧縮効果で撮ってました。
 それが終わると、ちょっとだけマクロくさく紅葉を撮って。
 寄るんじゃないのかあ。
 幹に話しかけたりしながら、時折力比べとかしながら撮るもんだと思ってましたよ。

iwaki1512.jpg

 まあいいや、思うように撮ろう。
 自分が綺麗と思えば綺麗、面白いと思えばそれがいいんだ。
 コンテストには入選しなくても。 

iwaki1514.jpg

 全景。
 腕を広げた威容がどこかタロー・オカモトの彫像を彷彿とさせるようにも思えます。
 氏はこういうところからもヒントを得たものでしょうか。
 味わい深い格好です。

iwaki1503.jpg

 解説文。


iwaki1508.jpg
(クリックで拡大)

「中釜戸のシダレモミジ」
福島県いわき市渡辺町中釜戸
樹齢:400年
樹種:イロハカエデ
樹高:6.8メートル
幹周:3.5メートル

>> 2016/03/18 08:17
どうしたらこんなにぐねぐねの幹になるんでしょう。
巨木になる木って、他の木とどこか
ちがう性質をもっているんじゃないかなぁと
おもいました。
人でいうとさらさらストレートと天然パーマの違いとか?
上から3番目、下から3番目の、お堂と一緒の写真に
心惹かれました。
紅葉の巨木もいいですね。
>> 2016/03/18 21:36
あたし、土方巽に見えた(あくまでもイメージ)。
あゝ狛さんにタレこみたい…。でも狛さんの写真で見るほどの樹ではないなぁ。
>> 2016/03/19 12:02
ぴよ社長さん>
そうそう(笑)、この樹はもともとこんなになるもんじゃないようなので、突然変異のようですね。
シダレ何とかってのはそういう変異種を大事に増やしていったものが多い……とのこと。
後はその特性を気に入った周囲の人たちが、どれだけ大事にするかというのも重要でしょうね。
だから巨樹は周りの環境を含めて見どころが多いと言えます。
神社とか寺とかに多いですもんね。

>> 2016/03/19 12:07
さかしたさん>
土方巽? そいつはまた……(笑)
樹以外のものに見えてくるっては、なかなかの霊力ですよね、たぶん。
おっと、いつ行けるかは別として、タレコミは歓迎ですヨ。
それこそこの記事の諸兄じゃないですけど、撮る人によっても違った姿になるでしょうし。
東京の巨樹ってのも回ってみるべきと思いました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//