2016/04/25//Mon.
気になるいとうと幻の黄金週間
choshi1608.jpg
LX / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / Lomography B&W 400

 とこやさんだったのかな。
 写真には写ってないけど、けっこうカオティックな飲屋街にあります。


 本日の議題。
 黄金週間なんつって、そんなもんありゃしませんよ、と皮肉めいた笑いを浮かべる人は数多くいましょうけれども、僕は3、4、5は遠慮なく休みます。
 何、この仕事に流れつく前の仕事はどれもこれも、カレンダー通りに連休できた試しなんかなくって、だから、そういう世間に対する皮肉な気持ちもよくわかりますが、でも休みます。
 カレンダー通りに休めるってのも、どこ行っても混んでるから、良くないといえば良くないよね。
 前職での有給消滅危機に際して会社が摂れというので摂った連休は、いつも2月で、どこも空いてましたけど。

 肝心のイヴェントは、また車旅行のつもり。
 そしてまた北へ鼻先を向けるつもり。
 どこが幻なのかって?
 どこだろうね。
 黄金週間はみんなの心の中にあるってことだよ。


>> 2016/04/25 22:04
休めるなら休もう(o'ω')ノ

わたしみたいな時給で仕事している人間には割と大型連休は煩わしいものではあります…休みますけど。休まないと。ちょっと体が言うこと聞かなくなってきてるので寝ます。
>> 2016/04/26 21:10
旅先はまたも北ですか!
確かに旅の方向としては北がいいですね。
賑やかな家族旅行ならともかく、狛さんスタイルの旅なら
南ではなく北がイメージ的にぴったりきます。
勝手な想像ですが(笑)。
>> 2016/04/26 21:46
さかしたさん>
それです、それ。
僕は一応会社員ではありますけれども、手間で働いている人と付き合わなきゃならないので、一番損するタイプではないかと思います。
そりゃああんたらは働いただけ貰えるかもしれんけどもよ、ウチはボロくなるだけだっての。
いや、そんなことを言うのはまったく狭量なことですが。

休むのも仕事のうち。
心豊かでないといい仕事はできませんよね。
>> 2016/04/26 21:50
RYO-JIさん>
オムの人が北だ! 北にある! と言うので、北に(笑)。
東京が壁なんですよ。
東京を超えるのがウザくて仕方なくって。
個人的には西や南も攻めたいんですけど(ちなみに東にはもう海しかない)、RYO-JIさんにそう言ってもらえるなら、もっともっとディープな北に進路をとりたくなりますね。
もっとも、冬には行けない方角ですし。









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
Pancolar80mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OtherCamera 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
K-7 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Flektogon35mmf2.4 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//