2016/05/14//Sat.
新緑の岩手へ 走っているうち夜は明け
iwate-gw1601.jpg
K-1 / FA 35mmf2

「今年の五月連休は岩手にする。それしかないじゃん」
 3月終わり頃、期末の忙しさからの現実逃避でぐたぐた決めかけていたプランAを1分で蹴散らして、行き先は岩手に決まったようすです。
 悪さをしたのが、このニュース……「マルカン百貨店6月閉店」

 あの時、遠い地で感動的なまでの午後のくつろぎをくれたマルカンに面と向かってお別れをしたい。
 ついでに花巻の奥の定宿(と勝手に呼んでる)で存分に温泉につかり、ごちそうを腹一杯食ってだらだらしたい。
 ……「ついで」の比重が大変重いような気もするんですが、決定直後おむさんは自動的に温泉旅館に予約の電話をし、晩ご飯オプション「最上級岩手牛」をなめらかに選択しました。
 狛さんが「いいね!」と言っています。というようなリアクションも遅し、「おむさんの分はアワビもつけた」とおっしゃった。
 すごいね、そんな事後報告聞いたことない。

 そういうわけで、それまでのミーティングでは、たまには西や南に進路を取ろうよ、ってことで、静岡とか愛知とかが候補地だったはずですが、一転、結局我々はまた北国へと春を追いかけて走るらしいです。


 5月2日。
 今年の黄金週間は飛び石ぶりが半端なかったですね。
 仕事、休み、仕事、休み……と、黄金が聞いて呆れる、さながら「愚者の金」、フールズ・ゴールド連休というところ。
 黄鉄鉱かよ、でもまあそんなもんだ(ただし、2日有給を取れる賢者は爆裂大連鎖状態となって10連休、まさに錬金術)。
 そういうことで、2日はしっかり仕事、しかし休み当日にノソノソ出発していたのでは勿体ない。
 夜になって仕事から帰ってくる。おむさんも同じタイミングで東京から下ってくる。いつものゲーセンに寄って新幹線ゲームをやって遊ぶ暇はない、飯を食って急いで風呂に入ったら急いで寝る。
 22時から4時間ちょい寝て、出発は午前3時の豆腐屋スタートダッシュというわけです。
 
 うちの目覚まし時計は愛らしい小鳥のさえずりの音がするんですが、まだ寝ていたいのにいつもいつも起こされるせいで、狛もおむさんもこの顔も知らぬ鳥を憎んでおり、チヨチヨチ……
「このくそ鳥!」
 果たしてそんな時間に起きられるのか? なんて不安もなんのその、2秒しかさえずらせず目覚ましをブン殴って止めて、黙々と身支度。
 必要な旅荷物はもう全て車に放り込んであります。当然、いつでも「グランド・フィット・ホテル」できるようにマットや寝袋も積んでいますが、よく考えたら今回は車中泊はしないんだった。まあでも遭難するかもしれないし。したくねえけど。

 ちょい前の記事でも書いた通り、どうせ来ないんでしょ、とボケっとしてたら超特急で届いてしまったPENTAX K-1が手元にあり、ここでこれを持って行かないなんて、どう考えてもおかしい。
 旅カメラとして実力を発揮するカメラこそ良いカメラであろうという、自分の中での定義があるように思うので、これはK−1にとっても試練であります。この旅でダセエことになったら、すぐ中古で売っぱらってやんぜ……とは、ちょっとしか思いませんでしたけど。
 しかし、一昨日届いたばかりのようなカメラを使いこなすことができるのか?
 自分でも不安でしたが、フルサイズになってもペンタはペンタで、相変わらずのハイパー操作系、困ったらグリーン色のボタンを押しゃいい、みたいなね。おむさんも車中勝手に使ってましたし(実際、夜明けまでの写真はぜんぶおむさんの撮影です)。
 とはいえ、また今回もカメラマンとドライバーが同じ人なので、根本的にコマ数が少なく、写真より文章の記事になってしまうのは申し訳ないです。


iwate-gw1602.jpg

 これぞまさに日の丸構図! ってな感じで、夜が明け始めました。太陽、BB弾みたいだな。
 コースとしては、100キロ弱茨城を北上してから高速に乗り、あとは一路、岩手まで。
 高速に乗ってほとんどすぐ……5時半頃には夜が明け始めました。

 あーたーらしーい、あっさがきた、きーぼうのーあーさーが。
 そう歌いながら高速走行、味気なかった真っ暗闇も、次第に風景を与えてくれるようになりました。

「我々も、けっこう1000キロ超えの車旅行をするようになったじゃない、だから足回りのいい車も必要だと思うんだよね、あと居住性」
「居住性とか言うと、行く所キャンピングカーみたいになるの? 私あの車大嫌い」
「俺も、ウィンナー焼いたら車内ぜんぶがウィンナー臭くなるんだぜ」

iwate-gw1603.jpg

 先年の佐渡島旅行での経験を踏まえても、やはり東京がいけない。前回は東京を経由して新潟まで抜けていったので、首都高および埼玉あたりでは渋滞にはまった。
 しかし、今回は東京には完全に背を向け、田舎 to 田舎、茨城から北上して行くだけだし、見て、車数は多めなものの詰まることなく流れていきます。

 そんな風に調子づいて福島をどんどん行き、宮城に入り……という感じだったのですが、このルートゆえに困ったことが。
 サービスエリアがしょぼい。
 いや、昨今流行のように一種の行楽地としてサービスエリアを見て、「茨城のサービスエリア超ださーい、芋と納豆しか売ってなーい」とか、馬鹿にしようってんじゃないんです(フィクションです、饅頭も売ってます)。
 そもそも、常磐道から東北道にかけて、SA、PAの数自体がちょいと少ない。各ポイントの間の距離がかなり開いてるし、すると何が起きるかと言うと、飯ショック、トイレショックです。
 どのSAも進入路から溢れるくらいに車列がつながってしまい、下手をすると、それが唯一の渋滞の原因になっていたり。
 とは言え、いざトイレに行きたいと思ってから探していてはエマージェンシー、適当なところで並んで立ち寄りましたが、ご飯までは食べる余裕がありませんでした。
 3時に出て来たので、10時には腹が減ってしまう。仕方ないので、食品庫がわりのクーラーボックスからお菓子を取り出して食う。

iwate-gw1604.jpg

 だいぶ緑が鮮やかに目に映えるようになってきました。
 今回は岩手一本に絞りますが、それで十分なの? という問いかけは無用です。北海道の次に広いのが岩手県、とても回り切れません。
 朝10時ちょっと前、しめやかに一ノ関市で高速から降りる。ほぼ岩手の最南と言っていいところから上陸です。
 
 まずどこへ行く?
 大雑把にノートに書きなぐって来た計画どおり、ここは一丁、巨樹探しから始めますか。
 電光掲示板の情報によると、早くも進む先で事故による通行止めが発生した模様。つまり、必然的に一ノ関からは下道で北上せよということになったわけです。
 一ノ関、水沢、そして花巻、余裕があれば遠野まで行ってみたいというもくろみです。
 どうなることやら。
 
(つづく)

>> 2016/05/15 10:20
いい!いいよ!オムさんっ!(笑)
やっぱりこのコンビの長旅が見たいのです。
あわび? いいじゃないの
スペシャルゲストなんだから。とーぜんでしょ?
続きが楽しみです。
>> 2016/05/15 21:07
きたきたきた~。
この旅の始まりのワクワク感。
しかも最上級岩手牛!
私もなめらかにオーダーしてみたい(笑)。
この先の展開が楽しみです。
>> 2016/05/16 06:05
ぴよ社長さん>
毎度ありがとうございます(笑)。
どうしたって珍道中になってしまう我々ですが、おかげさまで、毎回振り返ってみるのも楽しみではありますね。
しかしあれは食い過ぎた……。
>> 2016/05/16 06:08
RYO-JIさん>
きましたよ、ゴールデンウィークですよ。
目の前にニンジンをぶらさげといて、濃密スケジュールで突っ走ろうというわけです。
三日しかないですからね。
相も変わらずで進んで行きますんで、おつきあいよろしくお願いします(笑)。
>> 2016/05/16 12:32
一つ前の記事、実に見事に写真家ぶっておりますな(笑)

ああ、いいですねえ、恋人さんが旅館の手配をしてくれるって。
僕のとこは旅の行き先から予定、予約まですべて僕ですよ。

なるほど、常磐道から東北道はSA等少ないのですね。
僕の脳内では山陽道に比べ交通量もSAもぐっと少ない中国道が頭の中で再生されましたよ。
続きを楽しみにさせていただきます。
>> 2016/05/17 06:15
atushiさん>
「いいちこ」ぶっていると言っていただきたい。
「二階堂」も棄て難いですけどね。

我々の場合、ご存知のようにあらかじめ行き先をあまり決めないので、分担してやってる感じですね。
欲望が先に立つと予約とかしてくれます(笑)。

さすがにGWですから、交通量は少なくはなかったですが、止まらずに行き来しました。
仙台あたりで少しゆっくりになったかな……と、そのくらいです。
大型連休は東京に足を向けるという北枕スタイルに限りますね。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//