2016/05/31//Tue.
新緑の岩手へ 眠って眠って一夜が明けて
iwate-gw1636.jpg
K-1 / FA 35mmf2
LX / smc-m 50mmf1.7 / Lomography B&W 400

 中尊寺の閉門と同時に出て、水沢市まで走った我々は、予約した怪しい古いビジネスホテルにチェックインしました。
 ようやっと。

 午前3時に出発し、600キロ以上に渡る移動の連続、ハードな複数のアクティヴィティ(嘘です、ただ樹を探して小舟に揺られ、お寺を散策しただけです)、もはやへとへとです。
 実際、シンプルきわまるホテルの部屋に入った時には、そのままベッドに倒れ込んでしまいたい気分で一杯でしたが、荷物を置き、目覚ましに一度シャワーを浴び、茶菓子を食うなどしたら、この人たち、また動き始めましたよ。 

 どこまで欲張るつもりなんだ。
 ろくに下調べをしないことで有名な我々ですが、おむさんは知人から口コミ的なものを得ていることも多く、これがまたろくでもない……うそ、勝率5割ってところかしら。
 今回も、北上市にある展勝地というところがこの時期桜で滅法素晴らしい、是非見てくれ! との地元生まれの人からの情報を得、だったらもう行くしかねえ状態、予備電力での再出発です。

iwate-gw1638.jpg

 Q:
 展勝地なんてかっこいい名称のところで、しかも実際桜がたくさん植わってて、ISO3200でもきれいに撮れちゃうカメラもあるのに、なんで写真が白黒なんですか。

 A:
 どうだっていいだろ。

 ……行ってみて初めてわかるってこと、たくさんあるんです。
 例えば、その場所の空気の暖かさ、風の心地よさ、大地の香り。
 そしてこの場合、ちょっと前に桜が完全終了してたってこと。

 もう、心の中に「蛍の光」すら流れません。
 どっちかというと、閉店後の店内に閉じ込められた感じ。
 温厚で有名なおむさんですが、情報源たる友人に対して思わず「あの野郎」とつぶやいたのを、僕は聞き逃しませんでした(だからって書くなよ)。
 岩手の春は、夜ともなれば寒い。
 吹きすさぶ風に、取り残された桜祭の提灯だけが揺られ、なんだかうすら恐いような雰囲気です。

「なんか食べて帰ろうよ、餓死寸前だし、北上市の方が繁華だろうしね……って、グワー! 目が、メガー」
「(やだ、なんでこの人こんな時にムスカ大佐の物まねをしてるのかしら)」
「ウケる、鳥目になってる」
「かして! 私が運転する!」

 というような感じで、フィット號はよたよたと北上市街に入って行き、飲屋街でラーメンと餃子を食い、またよろよろと水沢市のホテルへと引き返してきました。

 ……
 (ナウ・ローディング、みたいな静かな時間が流れる)


iwate-gw1637.jpg

 テレビの旅番組とかだと、晩の一番最後は、気の利いたおのみもの等で乾杯でもしながら今日の旅の感想を語り合うような感じでしょうけれども、何か話したかすら覚えていません。
 気付くとビジネスホテルの寝床の上でぶったおれた姿勢のまま朝が来ており、おおそうだ、我々は岩手に来たんじゃった、とムニャムニャ言いながらベニヤで出来た内雨戸みたいなのを開くと、こざっぱりした風景、すぐ目の前が駅のロータリーでした。
 とてもあられもない格好の私。
 よかった、あんまり人口がいなくて(でも、ちょっといた)。

 どうやら、あいにくの雨のようです。
 いつも、こういうビジネスお宿に泊まる際には、あると言っても期待はできないので、前の晩にコンビニ等で朝ご飯を買い込んでおくのが常ですが、今回はもうヘトヘトでそれもできませんでした。
 有料で朝ご飯をホテルに頼みました。小さいシャケ、納豆、たまご、つけもの、みそ汁……等、オーソドックスですが、ごはん、ごはんがうまい。
 東北って、いろんなとこで白ごはんがうまいと感心しますね。うまい白ごはんは宝物です。
 おかげで朝からおかわり。

 さてと、では今日はどうしましょうか……いよいよ花巻まで向かうわけですが。
 雨は普通に降っていますが、この日も駄々をこねて、近隣の巨樹を探すことにしました。
 ところが。

 ところが……なんて、僕だって書きたくはないんですよ。
 ところが、書かなくちゃいけない、一本目は大ぶりな柳を見る予定だったのですが……見つかりませんでした。
 雨のせいであまり歩いて探せないというのもあるんですが、ここでトップの写真に戻っていただきたい。
 桜です。名もなき桜で、こんなにでかいんですよ。
 その辺だというゾーンにはこれくらいの桜がズラズラ並木を形成しており、いくら大きいとは言え杉のようにはならない柳などは隠れてしまって、行ったり来たりしても到底見つからないのです。
 桜、立派だった。あの大並木はさぞかし満開の時はあの世のようであろう……そう思いつつ、柳は諦めました。 

 しかし、不運は続くものです。
 ならば2本目、今度は日本有数のハルニレがあるということで探しまわりましたが、なかなかそのような樹影が見つからず。
 この辺りの集落は「散居」という、お屋敷が広範囲に等間隔的に散らばって存在するスタイルで有名な地域で、だから見通しはとても良いのですが……。

iwate-gw1639.jpg

 粘り続けた結果、路地のようなところで、目印の鳥居と看板も発見。
 しかし……

iwate-gw1640.jpg

 来るのが数年ほど遅かったようです。
 コブがたくさんあることでコブニレと呼ばれた巨樹は、すでに死して伐り倒された後でした。
 切り口から見ても幹が空洞化し、根元もバラバラになってしまって、とても痛々しい姿です。
 何枚か写真を撮りましたが、とてもひとつの記事にまとめようとは思えませんでした……。
 まだ元気だった頃の姿を見てみたかった。

「コブニレ」
岩手県奥州市水沢区佐倉河
樹齢:800年(枯死、伐採)
樹種:ハルニレ
樹高:13メートル
幹周:9.3メートル


 車に戻り、写真を見せて事実を伝えると、おむさんも一緒に残念がってくれました。
 成果が出なくても、あんたのやってることは無駄だと言わないから、僕は色々なことを続けていけます。
 いつもありがとうよ。
「それより、もうねむい」
「そうかい、おやすみ。まだ午前10時だけど」

 さて、気を取り直して花巻まで向かいます。

(つづく)

>> 2016/06/01 07:30
オムさんも運転してくれるんですね。
これは心強い。
長距離はたいへんです。

今回の巨木、1枚目の桜かと思ったら
そうじゃなかった。
こぶの木もすごいけど、なにげなくこの桜
でかいですね!!

桜の見頃って、むずかしいです。
>> 2016/06/01 21:24
岩手の春、寒い夜、吹きすさぶ風、取り残された提灯だけが揺れ、うすら恐いような雰囲気。
そして温厚で有名なおむさんが発した「あの野郎」との呟き。
あぁ、コワイ。
その情景を勝手に妄想して震えてしまいそうです(笑)。
>> 2016/06/01 22:34
おむさん男前やなw

鳥居は明神かな。
反ってるから多分そう(ひとりで納得する)。

桜の咲き頃だけはすごいアンテナ張っていてあいぽんにアプリみっつ入れてますわ。
これだけは逃すものかと。
旅の目的に桜っていうカテゴリが自分の中にあって2月後半あたりから行動がおかしくなります。
桜アプリと天気予報アプリ日々にらめっこになって。あ、天気予報アプリはよっつ入れてます。
今年は3月4月忙しくて桜を追う旅も出来ませんでしたが。
そんな自分の話はどうでもいいね。

そそ、行かないとわからないことなんていっぱいですよね。
だから旅はやめられないですわ。
>> 2016/06/02 06:46
ぴよ社長さん>
僕が東京にいる時は僕よりもだいぶ運転がうまかったのですけど、今では退化してしまって、ちょっとしかしてくれません。
もっと助手席で楽がしたいんですが……。

岩手は実は目立った巨樹は少なかったんですが、普通の樹がでかかったです。
これが満開だったらさぞ絵になっただろうな〜と思いますが、休みが取れないのでどうしようもないですよね(苦笑)。
>> 2016/06/02 06:51
RYO-JIさん>
恐いような状況でしたが、あの時はぐたぐたに疲れていて、何が何だかわからなかったような……変なテンションでした。
ネット時代だし、ちゃんとリアルタイムな情報を得ることもできるとは思うんですけど、それに左右されすぎるのも旅の醍醐味を失うことになりそうです。
だからまあ、空振りもある、むしろ空振りを楽しむ(と自分に言い聞かせる)。
>> 2016/06/02 06:58
さかしたさん>
石鳥居はあれど、社はなくて、後ろに写ってる石のようなのがそれなのかな、というところです。
コブニレがなくなってだいぶ寂しくなってしまったようです。

へえー、複数のアプリ情報を比較検討してるってわけなんですね。
たしかに、仕事がら天候は気になることが多いのでテレビや携帯や見比べますが、差がありますよね。
桜は自分の中の根本的な苦手意識を克服しないとと思ってます。
桜を心から愛でるのには、まだガキすぎるのかな(笑)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//