2016/09/04//Sun.
びわ沼をのぞきこむ
asamai1602.jpg
K-1 / FA35mmf2

 朝ご飯チケットがなくって、近くでアサマックしたのち、僕たちは「びわぬま」というのを探しました。
 しかし、実際そういった地名は地図上には無く、「水辺だから地図上でブルーに塗られているところ」、あるいは「ネット上で囁かれた噂話」を頼りに移動したため、また違う公園に行き着いたりしましたが、まだ朝7時台で時間的余裕がずいぶんあるため、けんかはせず、良かったね。
 で、結局「幼稚園の近くにある水辺」という、FBI超能力捜査官が透視したみたいなヒントから、我々は「びわぬま」に無事辿り着いたということです。
 このフットワーク。

asamai1609.jpg

 それはそうと、琵琶沼は、秋田県横手市の割と街中にあるにも関わらず、こんこんと湧く清水が沼になっているところで、すぐ近所にはその清水を使う酒蔵(浅舞酒造「天の戸」)もある。
 実際のところ、横手市でどこに行こうかとリサーチした時、樹とともに注目したのは、湧き水でした。
 調べてみると、実にいろんなところに大小様々な湧き水があって、農業や生活に使用されています。

 中でもこの琵琶沼は湧水量が多いとともに、トミヨとイバラトミヨという、2種類のトゲウオが同時に生息しているという、数少ない場所でもあります。
 あまりに珍しくて県の天然記念物指定で、この水質を損なわぬよう、絶えず濾過ポンプを動かしてくれています。

 トゲウオってのは、巣を作って夫婦生活を送る珍しい小魚で、すごくきれいな水にしか生息しません。
 とても臆病な魚で、ちょっと足音がしただけですぐ逃げるし、元来小さいし、色は地味。
 すなわち……そんなの撮れるかってんだよ。
 こちとら、全高30メートルの巨樹様を撮る装備で来てんだ……ああ、80ミリでも150ミリでも持ってくりゃ良かった!(ズームレンズも一本あるとたいへん便利です)。 

 トゲウオさんの姿が気になる方は検索してみてね。
 かわいいよ。
 そしてこの琵琶沼のほとりに、その巨樹様が。









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//