2017/04/29//Sat.
巨樹を訪ねる 紅枝垂地蔵桜
koriyama1709.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 福島県郡山市の山中の道をくるくる走り回って、ぽっと開けた集落の中という感じのところに、遠くからでも目を引く大きなしだれ桜が立っていました。
 (しだれ桜の「しだれ」は「枝垂れ」と書くわけですね。今後はこれで行きましょう)

 幸運にもちょうど見頃の花は濃いめの紅色。
 その名も「紅枝垂地蔵桜」です。


koriyama1703.jpg

 福島のこの辺りは桜を育むのにとても適した土地なのでしょう、固有名を持った名木がいくつもあり、かなり広範囲に渡って道案内板が設置されてもいます。
 時間さえ許せば豪華な桜めぐりができるというわけです。 

 しかし、桜というのは難しいもので、いろんな種類があって、それぞれに少しずつ時期が違う。
 しかも、花盛りの期間はごく短い。
 よほどよく計算しなければ、一回の春に全ての桜を見ることは叶わないのではないでしょうか。
 今回の訪問は4月の20日前後、福島県ではエドヒガン系の桜が満開になる時期にちょうど当たっていたようです。

koriyama1704.jpg

 地蔵桜は、幹周4メートル、樹高16メートルという桜です。
 もちろん、桜の樹として、この大きさはかなりのものです。
 街中にある並木の桜などとは、明らかに存在感が異なります。

koriyama1705.jpg

 加えて枝張りも広く、そこから紅色の花が無数に枝垂れている様は、かなりの見応えです。
 紅色の濃い花は、写真撮りにもありがたい題材。
 どうしても白く霞んでしまう桜の花に、色をああしてこうして……なんて無粋なことを考えずとも済むというものですね(笑)。

koriyama1710.jpg

 一本で直立している幹も、地蔵堂に寄るついでに間近で見ることができます。
 全く健康そうで、頑丈そうです。
 パワーをもらおうと触れていく人も多いです。

koriyama1707.jpg

koriyama1712.jpg

 しかしやはり、この全体のプロポーションが見事な樹です。
 背も高いし、人は皆、目の前に来ると、ウワーとか声を漏らして……写真に撮ろうとしてしまう(笑)。

koriyama1711.jpg

 撮るということになると、どこをどう撮ろうか。
 桜の巨樹が、こちらに挑戦を呼びかけているかのようです。
 どの枝も満開、しかも地蔵桜の状態は万全で、どこからでもかかってこいと言っているかのようです。
 さて、どうしたものかと……しばしぐるぐる。

koriyama1706.jpg

 そして最後にはやはり、こうして重そうなまでの見事な花と枝垂れを撮ってしまいます。
 このような巨樹の前での「お花見」は、みんなで騒いで酔っ払ってというそれとは、やはりちょっと違ったものになってしまうものなのかもしれませんね。


koriyama1701.jpg

 解説文。

koriyama1702.jpg

 立派な「地蔵桜縁起」碑もありました。
 最後の「木目沢さん」で、泣く(涙)。

 書かれていることが確かなら、地蔵桜は、樹齢1000年を数えるレジェンダリー桜である「三春滝桜」の子孫ということになるようです(通称「滝桜の娘」とも呼ばれるらしいです)。
 果たしてそれは本当なのか?
 そもそも、その「三春滝桜」とは?
 ということは次回は……? (乞御期待)


koriyama1708.jpg

「紅枝垂地蔵桜」
福島県郡山市中田町木目沢
樹齢:380年
樹種:エドヒガンザクラ
樹高:16メートル
幹周:4.1メートル

>> 2017/04/29 23:19
鳥ちゃんとさくらんぼの種と木目沢さんに涙する夜でした(;∀;)
>> 2017/04/30 20:39
さかしたさん>
トリとタネとヒトが生み出す感動的サイクルですねえ。
木目沢さん。(泣く)
>> 2017/05/01 21:55
むむむ、これもまた見事な枝垂れ桜ですねぇ。
ちょっと派手めの鮮やかなピンクの花びらは、晴れた日に見ると
一層その美しさが引き立ちますね。
樹に触れてパワーをもらおうとする気持ち、よくわかります。
私も囲いがあって無理な場合以外はそうしてますから(笑)。
また根元に地蔵堂があるのもいいじゃないですか!
そして、樹齢1000年を数えるレジェンダリー桜?
それは大いに期待せずにはいられませんね。

能登旅、お気をつけていってらっしゃ~い!!
>> 2017/05/03 20:47
RYO-JIさん>
色で言えば、これが一番濃い紅色でしたね。
青空とともに、写真映えがします。
僕も、巨樹に触れられる時には触れてしまいますね。
硬いのか、はたまた柔らかいのか、樹種によって色々ですが、いつも何かしら、生きている温もりとか息遣いを感じるような気がしますね。
1000年の桜はゴールデンウィークスペシャルですね(笑)。

時に、今僕は能登半島の輪島市にいますが、RYO-JIさん、すごい樹がありましたよ!!(笑)








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-7 
Pancolar80mmf1.8 
FA35mmf2 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//