2017/05/03//Wed.
巨樹を訪ねる 三春滝桜
miharu1702.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2 / CZJ Pancolar 80mmf1.8 / iPhone7

 巨樹の世界にもカリスマ的な存在があり、例えば誰もが知っている屋久島の「縄文杉」もそうですが、日本を象徴する桜にあっては、どうでしょうか。
 それが形を得たのが「日本三大桜」だと思います。
 「山高神代桜」、「根尾谷薄墨桜」、そしてもう一角が、福島県の「三春滝桜」とされています。
 
 桜を訪ねるには様々難しいところがあって……実際のところはこの春訪れた桜の巨樹の回を見て頂くとして(笑)、今回は今回で、この樹ならではの事情に悩んだりもしました。
 しかし、結果から言えば、思い切って突撃して良かった。
 それくらいに、ものすごい桜の樹でした。

miharu1703.jpg

 この樹、「三春滝桜」ならではの苦悩。
 それは、この桜の凄さを如実に表している点とも言えるでしょう。

 例えば、この駐車場……テーマパークや大型アウトレットモールとかじゃないんですよ。
 これがみんな、一本の桜の樹を見に来た車だという事実……信じられますか。
 当然、駐車場に入るまでは渋滞し、30分以上、のろのろと走らねばなりませんでした。

miharu1704.jpg

 桜を保護するためもあって、観覧料300円を支払い、チケットをもらいます。
 向かう道中にも、こんな門が。
 おそるべし。

 その先にも、茶屋はあるわ、屋台村はできているわ、無数の仮設トイレが用意されてるわで、お祭り状態。
 格の違いと呼ぶにも違いすぎる、一体どんなすごい桜なんだろうと、期待はどんどん膨らみ……そして……



miharu1705.jpg

 目の前に実物が現れた瞬間、思わず声をあげてしまいました。
 たしかにこれは物凄い!
 これが1本の桜の樹とは、感嘆しかありません。

miharu1706.jpg

 この圧倒的すぎるスケール感。
 巨樹として、例えばこれが別の種の樹であるとしても十分すぎるほどに巨大でありつつ(幹周9.5メートル)、それがよりによって壮麗な枝垂れ桜であるという……そしてこの春を祝うかのように、今目の前で満開に咲き誇っているという、この現実。
 こんな樹が存在するんだ……と、しばし呆然としてしまうかのような眺めです。


miharu1707.jpg

 斜面に立っているため、傍にある階段を登っていくと、上の方からも桜を眺めることができます。
 が、どこから見ても隙がないほど、あらゆる方向に枝を張り巡らせ、まさしく滝のように花を咲かせています。

miharu1709-1.jpg


miharu1715.jpg

 周囲の遊歩道を歩くと、花に手が届きそうなほどに近寄ることができますが、そこまで近づけば、ほとんど目の前や頭上が桜の洪水で埋め尽くされるような光景に。
 溺れそうなくらいの密度で、桜がのしかかってくる……そんな圧倒感。
 滝桜とはよく名づけたものです。
 
miharu1708.jpg

 これ以上の存在感を持つ桜が他に存在するのか?
 気分的には、日本一の桜と言って何も過言はないと感じました。
 日本一の桜ということは、おそらくは世界一の桜ということではないでしょうか。

miharu1712.jpg

 なんでも、幕藩時代には、藩主の大のお気に入りであり、この桜の枝の下は年貢は免除、毎日早馬を走らせて開花状況を調べさせ、満開時には自ら一行を率いてお花見に赴いたとか。
 実はこれでも、05年の大雪で枝が十数本折れてしまう被害に遭ったのだそうですが、さすがに皆に愛されているだけあり、樹勢は衰えているようには見えませんでした。

miharu1716.jpg

 解説文。
 国の天然記念物に指定されたのは、桜で第一号だそうです。
 「滝桜の娘」こと「地蔵桜」をはじめ、たくさんの子孫が桜の名木として春を謳歌している他、新しく築かれる施設や公園からも苗を要望されるなど、やはりその存在感はとてつもないものがあります。
 海外からもリクエストがあったばかりか、08年には実験のために種子が人工衛星に乗って宇宙にも行ったそうです。
 改めて、すごい桜です。

miharu1713.jpg

「三春滝桜」
福島県田村郡三春町
樹齢:1000年
樹種:エドヒガンザクラ
樹高:19メートル
幹周:9.5メートル
>> 2017/05/04 00:29
この春六義園に行ったら枝垂れ桜が咲いていることをすっかり忘れていて鬼のような行列を見てとっとと帰りました。
あんなに並ぶのだからよほど立派なのだろうとは思うけど、ヒマなジジババ達と一緒も嫌だなとひねくれ者は思うのです。
若葉が出てきた約1週間後にまた足を運ぶのですが確かに立派だった(木は)。
でも並ぶほどじゃないよなとも思ったのです。

六義園の桜も三春滝桜も写真では何度も見ましたが、今回狛さんの写真を拝見して『これなら並んでもいい、並ばないと損だわ、1回でもいいから見に行きたい』と思いました。
なんかねー狛さんの写真が圧巻なんですよ。やられた感パネェの。

これね、柳沢くんには申し訳ないけど田村くんのところの桜にはどう逆立ちしたって敵いっこないや。
駒込からぞろぞろと歩くジジババ達もこっち見た方がいいと思うよ。
胸を打つとかそんなレヴェルじゃないの、胸倉掴まれて投げ飛ばされた気分よ。
オカダカズチカの隣でルェヴェルが違うんだよおおおおと煽りまくる外道ちゃんの声が聞こえるわ…。
>> 2017/05/05 07:20
さかしたさん>
あれですよ、僕も出かける前には散々ウダウダ迷ってましたよ。
ライブカメラとかもあって、現在というのがわかるので、他の桜みたいに行って咲いてなかったということはなかったんですが……朝5時からウォッチしててもう人がいて、それがどんどん増える一方で。
しかし天気は良かったし、今年は桜の年だと意を決して。
現地で渋滞にはまってても、もうやめようかと迷ってたくらいですが……見てから文句言うべきってこともあるんですね。
この場合まさにそうで、見たらグウの音も出なかった(笑)。

まあ、周りがとても広々で、一旦車を停めて滝桜の元に行ったら自由に散策できるし、芝生で昼寝もできるくらいだったので、救われました。
実際、人が邪魔で邪魔で撮れんし見られんということは全然なく、楽しかったです。

これはほんと、さかしたさんにも、実際見に行ってもらうべきものだと確信します。
絵になる姿なので写真はいっぱい撮れましたが、やっぱりあの桜の瀑布の中にいるような圧倒感は表せたもんじゃありません。
難点はほんと、これ見ると他の桜がちっさく見えてしまうところでしょうね(笑)。
ぜひぜひ。
>> 2017/05/05 16:42
これは・・・。
もう『圧巻』の一言に尽きます!!
タイミングも天気もバッチリでわざわざ行ったかいがありましたね。
メジャーな桜は、この渋滞問題がありますけれど、これほど貴重で偉大な桜を一目見たら、
そんなことは些細なことにさえ思えてきますね。
樹齢が1000年を超え、樹としても巨大に成長し、尚且つ年に一度これほどの美しい姿になるとは、
本当に奇跡と言えるレベルじゃないでしょうか・・・。
それだけに留まらず、宇宙にも行ったですって?
いやはや、すべてにおいてスケールがデカイです!
>> 2017/05/06 09:05
RYO-JIさん>
行った甲斐、十分ありました(笑)。
車列から脱落する人も出るような渋滞でビビりましたが、行ってよかったですよ。
期待だけが大きくて実際にがっかりする場合ももちろんありますが、こういう、「それだけのことはある」ということもあるんですね。

巨樹としてもすごく立派な樹です。
杉でも10メートルというのはなかなかないのに、桜ですもんねえ。
長い年月の間、関わってきた人の思いの多さというのも、とてつもないものがあったと思います。
それがあって今の姿、だから尚更、壮大に見えるんだと感じました。
素晴らしかったです。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

FA35mmf2 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//