2017/05/11//Thu.
北陸の地へ 700キロ走る一日
gw201709.jpg
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 連休を取得するが為にいつもにも増して息苦しい数日をこなし、もうちょっと限界な5月2日の夜。
 帰宅するや、めしをかきこみ、咀嚼しながらバッグに色々突っ込み、風呂に飛び込んで、髪も乾く前に布団に入りました。
 3時間ちょい睡眠。
 ちょうど日が変わる頃に飛び起き、車のエンジンをかけたら、無鉄砲旅行に出発です。
 (「着替え」というシークエンスが無いようですが、何、出かける格好で寝たのです)

 今回の旅の行き先は、ズバリ北陸・能登半島という、自分というこの人生にとっては、わざわざ行かないと行けない土地のひとつ。
 ズバリとか言いつつ、決まっているのはいくつかの見たいモノだけで、ルートも何もよくわかんねえや。
 道はナビがあるから何とかなるでしょ。
 うちから、第一目標まではとりあえず7時間くらいみたい。
 計画はないがやる気と体力はある……つもり。

 眠くないか? ……眠くはない。よし。
 高速に乗り、昂揚のままにアクセルを踏んでいきます。
 通りたくはなかったけど、適当にルート入力したら、どうやら首都高を通る模様。
 ゴールデン週間でどうかというところですが、この時間はやはりまだ空いていて、ノンストップでどんどん走ります。

gw201701.jpg

 フォレスターの両目(アイサイトのこと)の便利機能である全速度追従走行を用いれば、前の車にピタッと吸い付くように一定の車間距離を保ちながら、自動アクセル、自動ブレーキで、ほとんどペダルを踏まずに走っていくことが可能。
 言わば、コバンザメ走法。
 これが楽なもんで、連続運転時間をかなり伸ばすことができます。

 こうして首都高を渡り、ぐっと北上に向けて舵を切り始めた頃、ラジオでは、星野源のオールナイト・ニッポンが始まったりする。
 これがまたお下品な内容でね、可笑しいのよ。
 ヘラヘラ笑いながらハンドル握ってたら、分岐を間違え、とんでもない方へ行くところでした。
 一度一般道に降りて、乗り直す。今度こそ新潟方面へ。
 関越道ってやつか。

gw201702.jpg

 次第に道は登坂が多くなり、同時にトンネルも増える。
 オールナイト・ニッポンではパーソナリティがWANIMAに変わり、これもまた面白かったのですが、トンネルの中では電波が途切れ途切れになってしまって無念。
 そんな折、フォレスターがやさしい声で言います。
 「そろそろ2時間です。休憩しませんか?」
 途中でトイレ休憩をした際にリセットされてるので(エンジン連続稼働時間)、ほんとはもっと行ってるのですが、夜明け前ってのは気温も下がるし、生理的にも谷となる頃合いなのでしょう。

gw201703.jpg

 無理はやめて、長めの休憩を取ることにしました。
 パーキングには、車中泊をしてる車がいっぱい。
 車中泊の人たちは皆それぞれで、いろんな理由があるのだと、車を外から見てもわかります。
 疲れてるのか、まだ余裕なのか、そういうことも。
 みんなそれぞれ工夫して夜を明かしてるけど、エンジンだけはストップしようぜ。

 郷に入れば郷に従えで(?)、こちらも長座布団を敷いた荷室(リアシートを倒してフラットにしてある)に引っ込んで、30分ほど手足を伸ばしながら仮眠。
 一応、宿無し日まで旅が長引いてもいいようにマットレスと寝袋を積んできてはいるものの、とりあえずそのまま寝てみると、仮眠程度なら、それはなくても十分楽。
 フォレスターの室内はやはり広く、快適で嬉しくなる。

gw201704.jpg

 だんだんに外が明るくなって行く気配を感じて、出発。
 夜明けだ!

gw201705.jpg

 ラジオは何をやってたか覚えてないんだけど、電波が悪かったのかな。
 オーディオに切り替え、出かけに父から借りてデータ化しといたQUEENのアルバムを聴く。
 最近、映画のトレーラーなんかでよくQUEENの曲が使われていて、知ってる曲が多いだけに頭の中でループしてしまい、ベストアルバムがうちにあったでしょ、貸してよ、ってったのに、なんか違うのを2枚貸してくれたんだよな。
 あれも入って無いしこれも入って無いし、くそ、だからベストが良いって言ったじゃんよ。
 とか思いつつ、ちょうど眩しい朝日が目を刺す瞬間、「I Was Born To Love You」がかかって、思わず音をでかくして、フレディと一緒に歌いながら爆走してしまいました。
 世界よおはよう!

gw201706.jpg

 長野を出て、新潟に入る。
 妙高山(多分)がドンとそびえる中、登ったり下ったり。
 こういう山越えが徐々に効いてきて人も車もぐったりするところですが、フォレスターは多少唸るものの、快調に走っていきます。
 ここでもコバンザメ走法が活きて、前の車と同じスピードでフォレスターが勝手に加減速するので、周囲から遅れるということが(基本的には)ないわけです。
 いいなこれ。ガソリンは普通に食うけどね。

 日本海沿いに出、海に飛び出た親不知インターチェンジ(角度的に撮れてなかった)を抜け……日本海の渋い光景を横目に走れることを期待したのですが、あとはひたすらトンネルの連続。
 2キロ3キロのトンネル当たり前。
 ラジオが入らなくて退屈だし、疲れた身体に単調さが悪さを仕掛けてきます。
 QUEENもなんかバラードみたいなのばっかりになっちゃってよ、だからベストを(はいはい)
 エアコンをかける。
 ガムを噛む。
 小型扇風機で送風してみる。
 靴下を脱いでみる。
 もう少しでゴールだ。

gw201707.jpg

 そして、いよいよそのゴールのゲートをくぐる時がきました。
 ウィーアーザチャーンピョーン、ってフレディも歌ったよね(アルバムに入ってなかったけど)。
 富山県魚津市です。
 ここまで予想通り7時間強、スムーズでした。

gw201708.jpg

 とりあえずセブンイレブンに駐車し、ホッとしてエンジンを切ります。
 水平対向エンジンもご苦労さま。

 今のナビは目的地に到着すると、僕の運転評価をして「もっとアクセルを工夫しましょう(だったか、正確な文句ではない)」とか何とかダメ出しとか、お上手だったら上から目線で褒めてくれたりもするんですが、自分で走るよりコバンザメ走法してた方がよほど成績が良いです。
 ガソリンもまだ残ってる。このまま探検に出かけられそうです。

 コーヒーとサンドイッチを買ってきて、ゆっくり朝食しようよね。
 そうそう、食べる前に、寝巻き起巻きの格好で運転してきたので、とりあえず車中で着替えとこう。
 待てよ、ああそうだ、きっとこれからの道中はコンビニなんかもないんだな、ここで昼飯も仕入れてくに限るよな。
 ……そう気づいて追加でパンを買いに戻ったら、さっきサンドを買った人間が違う格好になって別のパンを買いに来たので、レジのおばさんが訝しんでいます。
 なに、そいつがルパンだ、とか言えばいいの?
 
 まあいいや、すがすがしい朝のラジオ放送も復活したしね。
 サンドではなく、甘い菓子パンの方を先に食うことにして、目的地をナビやスマホ等で捜索。
 ここから先は明確な施設名などはないから、道の様子、川の曲がり方などから推測するしかないのです。
 とりあえずここまで走ってこう。

 「探検」なんて書きましたが、この時にはまだそんなつもりはなかったんです。
 ちょっとだけ距離のある散歩くらいのつもりで、途中でっかい杉の樹を撮影するつもり。
 それが、あんなことにね。あんなことになるとはね……。
 フレディもびっくりだよね(アルバムは聴き終わった)。

(つづく)

>> 2017/05/15 11:49
いいですねえドラレコの画像。
こういうのって助手席でカメラを膝に乗せとけば記録出来るんでしょうけど常に記録してくれるのはいいですねえ。

ついつい自分のGW、尾道ー鞆の浦旅を思い出しましたよ。
巨樹を求めて北陸・能登半島なんてアホでいいですねえ。
清々しい。
何にも無いと言われようとも先に進む狛さんも清々しい。

QUEENのくだりがちょいちょい誰かの小説っぽい感じがしていい感じです。
>> 2017/05/16 05:41
atushiさん>
誰かに運転してもらえるなら、隣でパシャパシャ撮りたいとこではあるんですが、やはり両立は難しいです。
その点ドラレコはずっと撮っててくれますが、データを忘れずバックアップしないと上書きで消えるので、ずっと走る旅ではどうしてもパソコンが必要だと思いました。
僕の使い方が変なのかもしれませんが。

行ったことがないところを確かめに行くような旅です。
樹は動かないから、基本行けば出会える……と思いきや、毎回適度な苦労をしなければならず、ちょうどいいのかもしれません。
鞆の浦も、ぶらぶら歩き旅行してた時期に行っとくべきだったなあと思う場所の一つですね。
なかなか西日本の方にはチャレンジ出来ませんが……そのうち飛び出して行くようになったりして。

BGMは大事ですね。
もっと色々プレイリストを作ろうと思いました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-7 
Pancolar80mmf1.8 
FA35mmf2 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//