2017/05/18//Thu.
巨樹を訪ねる 崖の上の洞杉
uozu1729.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 洞杉群を撮影して紹介するにあたり、ひとまとめにしようか迷いましたが、特に目立つものをそれぞれ紹介することにしました。
 その分長くなってしまいますが、個々の樹がそれだけ巨樹として特筆すべき大きさと個性を持っているからです。

 洞杉の群が一番集中している地点よりも手前、高い崖上で、まるで斥候のように待ち受けているのがこの樹です。
 名は無し、あえて言うなら、崖の上の洞杉。

 高さ10メートルくらいの切り立った崖の上から、角度をつけて身を乗り出しています。
 合体樹のようには見えませんが、幹は大蛇が絡まったような様相で、どれが幹でどこからが枝なのか、はっきりしません。

uozu1730.jpg

 崖は鋭角に割れ落ちる岩石でできており、おそらく、杉が成長する間にも雪の重みや水の状態変化によって崩壊して行ったのでしょう。
 しかし杉はそれを掴んで離さず、根ははるか崖下にまでうねって伸びています。
 この柔軟さこそが強さと語っているかのようです。

uozu1722.jpg

 真っ正面の崖下にて。
 まるでのしかかってくるかのような迫力です。
 危険すぎて近寄れませんが、おそらく目通り幹周としては6〜7メートルはあるでしょう。
 一方で、樹高はそれほど高くない。
 これまで見てきた杉の巨樹たち……例えば、茨城の三浦杉などと比べると、とても同じ樹種とは思えませんが、紛れもなくどちらも同じ種類の杉という樹です。

 生きる環境こそが何もかもを変えてしまう……崖下で圧倒されていましたが、洞杉の本領はこんなものではありませんでした。
 進んだ先、さらに強烈な個性を持つ巨樹に出会うことになります。

 崖の上の洞杉には一旦お別れ。
 帰りにまた下を通った時、この杉が何を語りかけてくるのか……そう、必ず二度逢う樹なのですね、これは。


uozu1723.jpg

「崖の上の洞杉」
富山県魚津市三ヶ
樹齢:不明
樹種:スギ
樹高:20メートル
幹周:6メートル(目測)
>> 2017/05/21 20:54
長編、いいですね!
ワクワク、ドキドキ・・・。
>> 2017/05/22 06:05
RYO-JIさん>
道中全てが特色があって、どれを切り捨てたらいいかわかんなくなります。
面白い樹がたくさんありましたよー(笑)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
OtherCamera 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//