2017/06/07//Wed.
ようやく能登半島へ
IMGP3855.jpg
K-1 / FA35mmf2
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 カーテンを開けたら、輪島市の朝。
 うーん、清々しい。
 ……もう一眠りすっか。


noto1701.jpg

 事後報告スタイルですが、「埋没林博物館」を楽しんだ後、しばし魚津の漁港周辺を流し、その日の冒険欲を完全に満たしました。
 ちょっと日常にあらぬ冒険をしたいという欲求はどなたにもあるでしょうが、今日ばかりは「もういい、十分」という感じで、頭から蜃気楼が昇ってきそうでした。
 俺なんか、これっくらいでバテちゃうんだもん、川口探検隊ってすごかったんだな(それかよ)。
 欲張ることはせず、宿を目指して休むことにしました。

 ゴールデン・ウィークの只中にもかかわらず、さほど動揺しない値段で予約が取れてしまったホテルは、石川県輪島市にあります。
 当然、行ったことない。
 地図で見て、ああ、輪島市ってすごいところにあるんだな、でもどうせここまで行くんだろオマエ、という二重人格風の対話をして決めたもんですが、冒険欲が失われている精神性では、(めんどくせえな)、ともちょっと思ってしまいます。
 そんなんじゃだめだめ、道のりはあと200キロ弱。
 でもやっぱ、ここだけの話ですがね、うーん……
 (めんどくせえな)
 頑張ろう。

 写真欲も満たされているので、ちまちま車を停めて撮ることができない、おっくう。
 こういう時、ドライブレコーダーは便利ですよ。
 後で見るとそこそこ便利に使える絵が撮れているし、ぼーっとしてた割に、それを見ると色々と思い出すものです。

noto1705.jpg

 そういえば、出発してからこの方、ほとんど他人と会話を交わしていない……朝のセブンのおばさんと、登山ルックの若い奥さんくらいなもんか(←登山道のカメラマンはすでにどうでもいいらしい)……。
 そういう時、ちょっと給油に立ち寄って、スタンドの人と会話するのは楽しいですよね。

 「いらっしゃいませ、どうします?」
 「どうって、ここって入れてくれるお店なのですか?」
 「入れます」
 「入れてくれるスタンドは久しぶりです」
 「ハイオクじゃないんですか?」
 「普通ので」
 「はい、室内を拭くタオルどうぞ」

 気合いの入ったスタンドマンって、なんかよくわかんない言葉で喋ってることがありますよね。
 シャー、とか、シャーセー、とか、リャー、とか、適当言ってんだろ、とかね。

noto1706.jpg

 ナビに従って能登半島をとにかく北上しますが、市街地は渋滞していてつまんなかった。
 おまけに西日が暑い。
 この辺のことはあまり思い出せないな。

noto1707.jpg

 スモーク! が出たらINAKAのはじまり。
 田舎の人って、いつもなんか燃してますよね。

noto1702.jpg

 すると、とたんに峠道です。
 のぼる、くだる、ヘアピン。
 スバルの四輪駆動の実力を試すにはちょうどいいかも知れませんが、運転してる人がついて行けなくなりそう。
 まあでも、ぐりぐりハンドル回してた方が眠くならないってもんですよね。

noto1703.jpg

 やがて、「能越自動車道」とやらに乗りました。
 無料の高速もどきみたいなので、砺波市から輪島市まで100キロ一直線。
 登ったりくねったり多めな片側1車線基本の道路だけど、迷わないのは良いことだ。

 ちなみに、写真、道路に音符が描かれていますね。
 なんと、時速70キロで走るとタイヤが曲を奏でるという、不思議おもしろい道路なんです。
 確かに、走ると聞こえてくる!
 速くても遅くてもダメ!
 曲は、うーんとね、「希空(まれぞら)」って書いてあったけど、知らねえや。
  (※NHKの朝の連続テレビ小説「まれ」の舞台が輪島で、そのテーマ曲だったそうです)

 曲は知らないけど、結構きれいに聴けるもんです。
 ブリヂストンのデューラーがいいのかな(タイヤ)。
 眠気も消えるし、適度なスピードに維持したくなるので、いいアイデアだと思います。
 あちこちでやってくれたらいいなあ。

noto1704.jpg

 ……などとやって、日が暮れてくる頃、ついに輪島市に入りました。
 地図で見ると最果てみたいなところにありますが、立派な街です。
 街の雰囲気を重視しているのか、建物がみんな渋い色調の和風建築でまとめられていて、品があります。
 なんでも、輪島市周辺は「奥能登」と呼ぶらしい。
 いいですね、なんか、「奥座敷」、みたいなね。

 間も無くホテルに到着し、同じく間も無く、太陽も電池切れになりました。
 車から降りれば、再びヨレヨレの自分。
 ああ、受付のお姉さんの能登弁が耳に新鮮です。
「ここの中で晩ごはんは食べられますか?」 
「いただけますよ。右手には大浴場もございます」
「大浴場」
「はい、温泉です」
 最高。

 お部屋に荷物をぶん投げ、食堂で地のものでも何でもないソースカツ丼をがっついて食い(うまかった)、ゆっくり広い温泉に浸かりました。
 ちょっとしたもんで、鉄分と塩分が強くて赤茶色くなってるような、結構しっかりした温泉でした。
 ようやく自分がさっぱりしたような気分になります。
 あったまったし、疲れが……抜けた、と言うより、自分の芯が抜けたかのような……。

 考えてみたら、出発から約21時間、計700キロ移動し、変な小冒険をし、刺激的な巨樹と出会い……まあいいや、明日も色々見なくちゃ。
 計画も立てるつもりだったけど……明日のことは明日考える。
 と、あとはほんとになんもせず、電気を消し、朝までピクリともしなかったのでした。

(そして冒頭の写真に戻りつつ、つづく)

>> 2017/06/08 00:58
まれは完全な失敗作だからなぁと連ドラ視聴者はみな思うのでした…(記事と関係ないし
>> 2017/06/08 08:45
能登も黒い瓦屋根が続くんですね。
日本海側はどこも風が強いんでしょうか。

ドライブレコーダーいいなぁ。
しらない街を旅した気分になります。
700キロ…狛さん体力ありますね。
で、ソースカツ丼でチャージ(笑)
>> 2017/06/09 06:47
さかしたさん>
まれに見る失敗をやらかしたわけですね。
そういうのって、逆に興味が湧きます。
またこの間のと同じじゃん? とか思ってしまうので……。
(記事と関係ない)
>> 2017/06/09 07:02
ぴよ社長さん>
ああそうそう、黒っぽい、しぶい建物が目立ちましたね。
多分、季節によっては厳しいんでしょうけど、行った時はいい陽気で、どこも気持ちが良かったです(能登の風景はまた今度に)。

後でレコーダーの動画をひっくり返して見るのも楽しいですよ。
人間って、忘れたと思っているような些細なことも、案外覚えているものだなと思います。
でも、データ量ハンパない……コンスタントに保存するとあっという間に300ギガくらいになっちゃう。
遊ぶのに全体力を使ってしまって、撮った写真とかを編集する余力がないのが課題です(笑)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-7 
Pancolar80mmf1.8 
FA35mmf2 
K-1 
Sigma28mmf1.8 
OtherCamera 
Flektogon35mmf2.4 
CZ・Ultron50mmf1.8 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
Flektogon20mmf2.8 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//