2017/10/18//Wed.
巨樹を訪ねる 塚崎の大樟
saga1704.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 佐賀県武雄市、巨大クスノキ3番勝負、1番目は、武雄市文化会館の裏山にあるという「塚崎の大楠」です。
 お寺でも神社でもなく文化会館というのがユニークなところですが、いずにせよ場所が明らかなので迷うことはありません。
 「文化の殿堂・西九州の応接室」とか書いてある高雄市文化会館は実際立派な施設です。
 芝生や庭の手入れも行き届き、とても綺麗な環境。

 でも、そこではなく、「塚崎の大楠」は、その裏山の鬱蒼とした雑木林の中に隠れるように存在していました。

saga1710.jpg

 道からは見えないのですが、何となく気配はしていて、案の定、雑木の間からただ事ならない巨大な何かが垣間見え……という出会い方でした。
 これは裏から登った場合で、文化会館の建物の横をずっと行くと、丁寧な案内看板もあるのですが。
 
 関東では楠というのはほとんど目立つものがなく、本場のものとは初めての接触。
 正面にその姿が現れた時、ドキドキするような期待を遥かに上回って、驚愕に思わず立ち止まってしまいます。
 
 この樹は、どの情報を読んでも、その中心部が大きく空洞化していることが自明です。
 道からだと、ちょうど一番空洞が目立たない姿を向けているのですが……すでに、根元には洞窟のような穴が見えます。
 反対側に回り込んでみると……再び、その姿に大きく驚かされることになります。



saga1706.jpg

 これが、この楠の本当の姿。
 何という大きさでしょうか。
 しかも、目通りで13メートルを超えているというその幹が全て、大空洞と化してしまっています。
 しかし、それでも間違いなく生きている。
 その巨大な生命力が目に見える形で波打っている、そんな姿だと思いました。

saga1707.jpg

 近くに祠があるので、何がしかの信仰を受けているらしいですが、柵などはないので、空洞の……要するに幹の内部に入ることもできます。
 広い。
 普通のアパートの部屋くらいありそうです。

saga1708.jpg

 この姿になってからだいぶ長いらしく、恐らくは落雷から炎上し、燃え尽きたところから枝というか支幹というかが復活したのだと思われます。
 燃える前はどれだけ巨大な樹だったのだろう……。
 それを考えると、確かに、ここまで損傷していながらも天然記念物指定を受け、なおかつ新しい選にも残り続けるという事実もわかるような気がしてきます。

 ……などというより、この大空洞内にいると、紛れもなく生命体の内部にいるという事実が、本能的にじわじわとした恐怖に変わってきます。
 今にもこの周囲の壁がぐわっと動いて、食われてしまうんじゃないか、というような。
 おどおどと脱出しました。

saga1709.jpg

 地盤が固くならないようにマットが敷かれ、周りの雑木も、これはこれで管理されているようです。
 枝葉の茂りはまだまだ悪くない、そんな気がしました。
 これからの脅威は大型の台風でしょうか。
 いつまでもお元気で、そう伝えたくなる樹でした。

saga1703.jpg

 解説文。
 落雷は昭和38年のことだったようです。

saga1705.jpg

「塚崎の大樟」
 佐賀県武雄市武雄町武雄
 樹齢:2000年
 樹種:クスノキ
 樹高:18メートル
 幹周:13.6メートル
>> 2017/10/20 22:12
樹齢2000年の重みがずっしりと感じられますね。
落雷後のこの凄まじい姿が更にその重みを増しているように感じます。
そんな状態になってもなお生命力に満ち溢れているって、純粋にスゴイ!
でも、落雷がなければ今頃はそんな巨樹だったのだろうかと想像せざるを得ません。
次のクスノキも楽しみ!!
>> 2017/10/21 11:50
RYO-JIさん>
痛ましい姿だと言えばそう言えるのですが、そうなってはや60年以上、こうして立派に枝葉があるというのはすごいことです。
これはこういう樹なのだと思わせてしまうような、有無をも言わせないところ。
これからも長生きして欲しいものですよね!








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文。
スバル・フォレスターが来て、調子に乗っているようです。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」

・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示
<<全タイトル列挙 >>


最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OtherCamera 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
MX-1 
Distagon35mmf2.8 
DP2Merrill 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
DA21mmf3.2 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
OptioA30 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//