2018/02/09//Fri.
巨樹を訪ねる 浄安杉
gifu1711.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 岐阜県の山へ入ってしばらく……その杉があるという矢印看板に誘われて山を登り始めてからまたしばらく。
 数百メートルという距離がとてもしんどい、そんな山道を息を切らせて登って行った先、尾根と言っていいような地形に、その巨大な姿が現れました。
 石徹白(いとしろ)の「浄安杉」です。


gifu1708.jpg

 ゼイゼイ、はあはあ、という感じで、ほかの杉につかまりながら、手前で小休止。
 息が切れててカッコ悪いながらも、ニヤリと笑ってみます。
 あれだ。あそこにいる。
 見間違いようもない巨躯がそびえています。
 あれは……なんだ、おかしい。
 おかしいくらいに、でかいぞ。

gifu1716.jpg

 なんだ……これは。
 初見、二又に見えた姿は、また驚くべきことに、四又であることが判明します。
 四角フォーメーションを組んでいるので、角度によっておばけ煙突式に二又に見える。

 4本、そのどれもが等しいくらいの太さ高さで立ち上がっている。
 そしてあえて言うべきは、例えこれが一本しかなくとも十分巨樹と呼ぶ範疇に入るであろう逞しさであるということ。
 それなのに、それが4倍。
 そんなことがあっていいのか!? と問いかけたくなるような巨大さです。

gifu1709.jpg

 杉の足元に何か落ちているようで、こんなところまで来てゴミを捨てる人がいるのかと眉をひそめましたが、よく見てみると、地元の子供が書いたらしきポスター。
 この樹の形をよく捉えていて微笑ましいです。
 そうだね、すごく立派な樹だから、大切にしないとね。

gifu1710.jpg

 ふり仰ぐ。
 塔のような高さと巨岩のような逞しさ。
 そこにみなぎる生き生きとした力強さは、次にはその印象を巨人のようだとも思わせる。

 しかし、これほどまでに巨大な存在に近づいているというのに、こちらの気分はすこぶる穏やかです。
 京都での伏条台杉を野獣の群のようだと恐れた、あの感じとは全く違う。
 とても見晴らしのいい場所……一等地に立って、森全体を見渡しているのだな。
 森の誰よりも大きく、偉いんだな、あなたは。
 そう思うような信頼感がある。

gifu1712.jpg

 ともあれ、どのようにしてこの「×4」という存在に至ったのか、そこは気になります。
 等しく4倍というのは、これまでになかったケース。
 その秘密を知るべく裏側に回ると、なかなか興味深い姿を見ることができました。

gifu1713.jpg

 ……すいません、なんだか結局よくわかんねえや(笑)。
 もともと4本だった杉が成長するにつれて合体したものであること、それだけは確かなようです。
 どれもほぼ同じ大きさだから、同時に植えられたもの……根拠はありませんが、人の手で植えられたもののような気がします。
 前方、側方から見た感じでは見事に融合しているものが、後方からだと、このようにして多少こんがらがっている。
 「個」の中に、また別の「個」を感じる眺めです。

gifu1718.jpg

 枝はそれほど密ではなく、光が多いのであろう一方向に長く大枝を伸ばしています。
 10メートルほども伸びているか……他の樹ではものすごくアンバランスになってしまうところでしょうが、この根幹があれば何も問題はない、そう言っているかのようです。

gifu1714.jpg

 そう、ただただ感嘆する、この大きさ。
 まごうことなき森の巨人、主、という感じです。
 大いなる存在と呼ぶのになんの躊躇も感じず、逆にそう呼んで清々しい。
 これぞまさに巨樹ですね。

gifu1719.jpg

 柵などがないことをいいことに、触れてみると、じんわりと温かい。
 思わず嬉しくなって笑んでしまうような樹皮の柔らかさ、温かさがありました。

gifu1720.jpg

 山だからか、刻々と天気が変わり、濃い霧が立ち込めてきました。
 雨が降るかもしれない。
 カメラを適当に固定し、人間との対比を撮りました。

 なんて大きいんだろう。
 自分が小人になったかのようでした。

gifu1705.jpg

 山道の入り口にあった説明文。
 なるほど、烏がね……で、その故事の教訓は何? なんなの?
 ……というような謂れですが、もしかしたら埋蔵金があるのかも?
 まあでも、大した額ではなさそうですね。
 コソコソやっても、そういうことって誰かが見てるぜ、ってことでしょうか。

 ……うーん、こんなに立派な杉なのに、全然重みのない由縁(笑)。
 もっと、神武サンとか空海サンとかが杖4本箸2膳つまようじ4回分とかを突き刺してエイッ! ってやったからこうなったとか……そういうのがあってもいいのに、お坊さんのへそくりの話とは、これいかに。
 樹齢を書こうとして、よくわからなくなったようでもあります。
 この浄安の時代にすでに目立つ大きな樹であったことを踏まえれば、低く見積もっても500年ほどの樹齢はあるはずです。

 何にせよ、健全かつ立派な巨樹であることは疑う余地もありません。
 出会えて大満足です。


gifu1717.jpg

「浄安杉」
 岐阜県郡上市白鳥町石徹白 白山中居神社
 樹齢:不明
 樹種:スギ
 樹高:32メートル
 幹周:12.1メートル

>> 2018/02/09 22:51
あぁ、これは神々しい。
大きさのスケールがいまいち想像できませんでしたが、最後の狛さんとの比較カットを見たらとんでもないぞこれ。

ちょっと調べてみたら近くに鍾乳洞もあるみたいですね。一人旅の目的地候補に加えさせて頂きました。
>> 2018/02/10 00:23
いわれがちょっとまぬけでかわいいですw
>> 2018/02/10 23:32
to-fuさん>
これはもう、目の前で見た時はかなり興奮しました。
まるで特殊合成してるような絵だなあと自分でも思いますが、人なぞそうなってしまうのが巨樹というものです。
それでもやっぱり自分が小さいんじゃないか? と自分でも疑問に感じてしまいますね(笑)。

岐阜県は深そうでいいですね!
ちょっと踏み込むとまたガタゴト道だったりしますが……僕もまた行ってみようと思います。
>> 2018/02/10 23:33
さかしたさん>
日本昔話かよ、しかもへっぽこなやつかよ! みたいなね(笑
>> 2018/02/12 21:46
これまた見事なスギですねぇ。
4本それぞれが同じようなサイズで合体しているのも珍しい。
そんな仲良しスギだからこそすこぶる穏やかに感じるのかもしれませんね。
あと、この森いいですね。
湿度感があるのにジメジメした嫌な感じじゃなくて、力強い生命力を写真から感じます。
それもこの森の主であるこの浄安杉が存在しているかもしれませんね。
いわれも面白い(笑)。
この浄安杉の存在感からすれば、神武サンか空海サンが出てくるレベルですが、
『はぁ?』と思えるようないわれがかえって真実味がありますよ。
>> 2018/02/13 21:36
RYO-JIさん>
まるでそう設計された塔のように見事に4本が合体して存在していました。
この浄安杉に関してはいつも参照している本やサイトの写真も小さく、そこまでインパクトはなかったんです。
どちらかというと幹周囲の数値で見に行ったという感じ。

神社の裏山的なところにあるので、保護面では十分です。
巨樹を見るので夢中だったのでアレですが、こうして振り返って見ると、確かにいい背景ですね(笑)。
一番高いところに立って、威厳を感じる巨樹でした。
実際のところレジェンドの存在を引っ張り出せないとすると、いわれというのはこういう感じなのかもしれません。
浄安サンの物語が気に入られてたわけはないんですが……意味わかんねえし。
それもそのはず……というのも変ですが、これだけ立派ながら、これ、ここの御神木ではないのですよ。
それがまた……(引き延ばす)。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文が色々あります。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧



・11日間、2600キロ超。
 行き当たりばったり旅の紀行文・
「西日本長距離車旅」



・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示



最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

DP2Merrill 
Sigma28mmf1.8 
K-1 
MX-1 
OtherCamera 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
FA35mmf2 
K-7 
DA21mmf3.2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OptioA30 
Distagon35mmf2.8 
Flektogon20mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
Flektogon35mmf2.4 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//