2018/04/12//Thu.
西日本長距離車旅 長野県へ、最後の宿泊日
gifu1830.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
VANTRUE X1 / Drive Recorder

 宿にて。
 一日を振り返る。

 今日の宿は長野県飯田市。
 やはりコストパフォーマンス重視で急な予約可能なところに限るので、宿というより「宿泊もできる健康ランド」という体裁。
 どっちがメインなのかはわからないけど、とりあえず靴を集合下駄箱に入れ、館内はずっと裸足。こういうところは風呂っぽい。
 風呂に入れずに苦しんだこともあったので、好き勝手に何度でも入れるのは嬉しいですが、結局一度きり、長風呂もしません。

 極めて大衆的なところで、温泉ではない。
 サウナでじりじりしながら、誰々の山に松茸が生えたとかいう、地元のおじさんたちの話を聞き耳を立てたりする。
 大衆的なところなので気兼ねないのはいいですが、裸でうろちょろするゾーンでやけに何度も女の従業員に出くわすのが印象的な施設であった。
 こういうのはセクハラにはなんないんですかね。
 お客にも従業員にもセクハラでしょうよねえ、やーですねえ。

 ……と、まず、ほっとして。
 窓辺で街の灯りを眺めていると、今日の出来事が思い出されてきます。……

gifu1811.jpg

 樹の巡り合わせから、下呂市から中津川市へ抜け、長野に入るルートになるようです。
 下呂市ばかり有名ですが、隣には上呂市というのもあるんですねえ。初めて知った。
 市街地にいるうちにお昼ご飯とすることにしました。

gifu1813.jpg

 京都でto-fuさんより、「岐阜のけいちゃん焼き、あれは実際うまい」との情報を得ていたので、珍しくご当地で名物を食うことに決まりました。
 路地っぽいところを入って行った、ここにして。

gifu1796.jpg gifu1797.jpg

 こういう感じ?
 自分で焼いてください、紙を破らず、焦がさないために常におはしで転がしてね。
 ライブ感!
 そしてやはりうまい。
 しょっぱいタレがいい感じで、ご飯が進みます。

 どんどんお客さんが増えてきましたが、麺投入。
 こんないっぱいですか?
 でも、たんと食べました。 


 お腹いっぱい。
 のろのろ走り出して、中津川市を目指します。
 中津川市といえば、やはりほとんど土地勘がないのですけど、全国的に有名なスバル自動車のお店「中津スバル」があるのだけ知ってる。
 スバル車というのは非常に熱心なユーザーが多く、このカリスマ的な店にわざわざ1000キロ以上も走って車検やメンテを受けにくる人が全国にいるらしい(曰く、スバル車は10万キロからがさらに面白くなるらしい)。
 僕としましても、「九州からフォレスターで旅してるんですよ!」とか言ったらおもしろいかな、と思いつつ、乗り方や使い方など道を誤った客は大統領でも怒られる店なので、今回はやめました(メンタルが弱い)。

gifu1816.jpg

 しばらく走り、中津川市加子母の大杉神社に到着。
 遠くからでも一目瞭然の、恐竜のようなでかい一本杉です。

gifu1828.jpg

 加子母の杉。
 ただただ圧倒的に大きな杉です。
 「巨樹」と、どでかく習字で書きたくなるような……書いたような、存在感。
 色々な個性を求めて巨樹を回っていますが、このようなストレート存在も欠かせない魅力を持っていますね。
 集落も杉を中心としている感があり、いい環境でした。

gifu1815.jpg

gifu1812.jpg

 のんびりした集落を走り抜けていくと、

gifu1810.jpg

 程なく登坂、ぐんと山がちになってきます。

gifu1801.jpg

 土砂崩れしたのか、予防工事なのか。
 山奥での工事、ご苦労様です。

gifu1807.jpg

gifu1808.jpg

 長野県にいつの間にか入っていたようです。
 山はどんどん深くなる。
 目指す「小黒川のミズナラ」は有名な国指定天然記念物なので、案内がよく出ていました。

gifu1803.jpg

 こんな山深く来たのにまだあと29キロ!? と思いきや、2・9キロで良かった。
 気温がどんどん下がっていきます。

gifu1804.jpg

 到着したことがすぐにわかる「小黒川のミズナラ」のこんもりとした立ち姿。
 この樹はこんな立地にあったんですね。

gifu1829.jpg

 小黒川のミズナラ。
 念願叶って、という訪問でしたが、この樹がここまでダメージを受けていたとは知りませんでした。
 3分の1が倒壊してなくなっているという印象で行く先が心配。
 しかし、葉のボリュームはたくさんあり、成長が早く切っても生えてくるとも言われるミズナラ、その生命力に期待を持ち続けたいところです。

gifu1814.jpg

 ことさら色々なことを考えさせられる樹だと思いました。
 巨樹全体のこと、樹と人間の関わり合いについても。
 そういう意味では、とても象徴的な樹だと思いました。

gifu1809.jpg

 山を降り、飯田市を目指しました。
 暮れゆく日の中、山がちな土地のこともあり、いっそう秋が深まっていることを実感しました。

 やはり、物思いに耽りがちな季節なのでしょうか。
 それとも、どうしても旅が終わりに近づいて来たという実感が湧いて来たということなのか。
 この旅とは、一体何だったのだろうとぼんやりと考えました。
 観光のようで観光ではない。旅行のようで旅行でもない。
 何を求め、何を探した旅だったのだろう。
 とにかく、毎日いっぱい走り回って、巨樹はたくさん見たけれども。

 そう考えるうち、そうして次から次へと、とにかく「進む」ということこそがテーマだったのではないかと思いました。
 その場所に留まっているわけにはいかない僕の足掻きだったのかもしれません。
 新しいものを見て、行ったことのないところへ自分の足でどんどん行くということが、目的だったのかもしれません。

gifu1800.jpg

 飯田市の街の灯が出迎えてくれているかのようでした。
 こうした旅を続けていると、明るい街中に出て来たとき、何ともほっとするものです。
 適当に夕飯を済ませ、この日は書店に入ってみました。
 この趣味を始めてからというもの、アウトドアや山についての書籍にも手を伸ばすようになりました。
 山登りについての本はわかりませんが……自然や、山を中心とした文化には興味があります。
 飛騨の森林官が聞き集めた山の不思議な話、みたいな本を購入。
 これは面白く、その晩は早めに布団に入って、しばらく読みふけりました。

 明日はどうするんだろう。
 本当は神奈川でもうひとり、昔の仕事仲間に会いに行くつもりだったのですが、都合が合わない旨のメールを数日前にもらっていました。
 長野も広いが、道は限られるし、ここを過ぎればもう関東です。
 何事につけても、ちょっとした区切りのようなものが頭をよぎるようになってきました。

 家に帰りたくなったというわけではありませんが、やることはやったような気がしていたのか……。
 「先に進む」ということが目的の旅だとしたら、それなりに「進んだ」のだと、内なる自分が実感していたのでしょうか。
 とりあえず九州まで行って、何日かけて家まで戻るのか?
 出発当時はそれすらいい加減な旅でしたが……どうやら、僕は帰るようです。

(続く)
>> 2018/04/13 21:39
けいちゃん美味かったでしょう? 笑
これぞ旅先の醍醐味!って感じの味ですよねえ。

しかしこうして見ていると距離もさることながら、近畿地方に入った辺りからはもう完全に悪路を選んで走ってるみたいですね。名だたる巨樹はやはり山奥に多いということなのだと思いますが、いやホント狛さんにも車にも怪我が無くて何よりです。
>> 2018/04/15 11:02
to-fuさん>
うまかったです! あの辺に行ったら、また迷わず食うと思います。
こういう味は誰かに話したくなる……期待通り旅の昼飯という感じですね。

そう、悪路を選んで走ってる感、ありますね(笑)。
九州では随分と街中にでかいのあって、そこが独特なような感じがしました。
他の地域は、まあ、信仰の対象にせよ、ある程度山奥にある方が自然にも思いますよね。
こうして、普通ではまず行かないいろんなところに導いてもらえるところも、巨樹探訪の楽しいところです。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧



・11日間、2600キロ超。
 行き当たりばったり旅の紀行文・
「西日本長距離車旅」



・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示



最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
DP2Merrill 
Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
MX-1 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OptioA30 
Distagon35mmf2.8 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//