2018/07/02//Mon.
福井や兵庫にちょっと行ってみる旅 6
hyogo1834.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 敦賀から日本海側に、福井県の細長い部分を走って京都入り、京丹波市の道の駅にたどり着きました。
 数台のご同類(車中泊)の方々がおり、真っ暗で安穏。よし。
 すぐさま寝床の準備にかかり、そのまま就寝しました。
 少し涼しいくらいなのがむしろ気持ちよく、昼の敦賀での疲れに任せ、ソースかつ丼の夢を見ながら熟睡しました。
 あくる朝は5時半に起床、NHKラジオを聴きながらパン、オレンジジュース、チーズのブレック・ファーストをし、顔を洗って、散歩に出かけました。

hyogo1830.jpg

 この道の駅はなかなか大き……

 !?
 これは……作者はこれで何を伝えたかったのであろうか……。
 何かの畜類がトボトボと……。

hyogo1829.jpg

 鹿さん:「ぼたん鍋じゃないの?」
 猪さん:「そうなの!?」

hyogo1831.jpg

 茶番どうもすみません。
 京丹波の道の駅はこんな感じでした。
 お風呂こそなかったものの、その他は概ねそろっていて、開店すればとても便利でしょう。
 トイレはつばめさんの団地と化しており、スター・ウォーズめいてビュンビュン飛び回っておる。

 もう道の駅様様で旅をしてしまってるわけですが、車中泊をする場合の位置どりというのはなかなか考えるところで。
 明るすぎるところは眠れないけど、真っ暗なところだと不用心。
 トイレに近い方が安心とも思えるし、トラックのアイドリングがうるさいから大型枠からは離れた方がいい、とかも。
 人によって結構好みが分かれるところもあるみたいです。
 
hyogo1832.jpg

 道の駅のすぐ下が由良川という大きな川でした。
 京都府、滋賀県、福井県の府県境にあたる丹波高地から出て、若狭湾に注ぐとのこと。
 鮎の漁場でもあるらしい。

hyogo1833.jpg

 でもどうやら怒ると怖いらしく、川岸がかなり派手に破壊されていました。
 京都も、だいぶすごい水害がありましたからね……。

hyogo1836.jpg

 興味に任せてテクテク歩きましたが、特に何事もなし。
 緑は濃ゆい、しかしこの念入りな電気柵が、人間以外の連中の攻撃力の高さを物語っております。
 考えてみりゃ、ぼたん鍋だってそうですが。
 食うか食われるか……緑色をしてるだけで実態はマッド・マックスとそう変わらない(言いすぎ)。

kyoto1803.jpg

 目覚めにはちょうど良かったです。
 いい空気を吸って、頭がすっきりした感じ。
 本日はもう少し移動して兵庫県との県境まで進めてto-fuさんと落ち合い、巨樹探訪旅・兵庫編のスタートです。
 兵庫は、前回の旅で南側を通過しがてら「法雲寺のビャクシン」を見ましたが……あとは前日お預けのせいでお風呂ばっかり探してたのと、神戸付近の渋滞にハマったことしか記憶にない。
 果たして今日は魅力的な出会いに恵まれるのだろうか??

hyogo1835.jpg

 勢い1時間も早く待ち合わせの次の道の駅についてしまいましたが……ここはあまり面白い施設ではない。
 散歩しようにも道路と山しかないぞ。

 天気はとてもいいので、合羽を干したり、コーヒー買って来て調べごと(主に今日のお風呂ポイント)や書き物を楽しみます。
 ははは、こういう時間もおつなもんだよ、とか言ってる間にto-fuさんが到着です。
 そこで思いついて、どうせ同じとこへ行って戻ってくるんだから一台で行こう、と提案させていただきました。
 もちろんうちのに乗ってってくださいよ。
 こう提案しといて相手の助手席にちゃっかり乗り込んでたらすごいよね。笑

 お忙しい中だと察しますが、こんなぶらぶらやって来た奴に連日付き合ってくださる。
 しかも、連日100キロも200キロも走って合流してくれるという……ものすごくありがたいことです。
 巨樹なんていうナロー&ディープもいいところの題材で一緒に撮りに行ってくれる人がいるだなんて、ここ数日のことをちょっと夢みたいに思いつつ、今日も充実した探訪にしようと気合いを入れるのでした。
 (気合いを入れてうらうらとドライブ)

(つづく)
>> 2018/07/03 20:16
こうして見るととんでもないところですねえ。中国の農村かと思った 笑
この頃はまだ朝晩涼しかったなあ。僕も涼しいうちに車中泊の旅をしておくべきでしたよ。(先日の勝山は深夜でも27℃、100%近い湿度で不快指数500くらいありました。)

狛さんやRYO-JIさんと行動を共にしたことで、100kmや200kmが近所のコンビニに行くのとあまり変わらないように感じるド変態になりつつあります。いつか行ってみたいな、なんて思ってたところも今行けるなら五体満足なうちに行っとこう、と。おかげさまでマンネリ化していた毎日が本当に刺激的なものに変わりましたよ。

巨樹を見ることももちろん素晴らしい体験ですが、とんでもない非日常な景色が見られるのも結構楽しみの一つだったりします。あの「白山神社のカツラ」に行く道とか、あそこにカツラがなかったら絶対通らないまま人生を終えたんだろうなあ。(あれはすげえ景色だった)
>> 2018/07/04 18:48
to-fuさん>
中国の農村! 確かに、雲南テイストがかなりありますね。雲南のこと何も知らんけど……。
前回の長旅でも九州なんかは秋なのに夏日になったりして、車中はちょっとした地獄になりますね。僕もあまり眠れなかった晩がありました。
夏もどこかへ出て行こうと思ってはいますが、ここは男らしく、ホテルの屋根の下で眠ろうかと。エアコンを存分に効かせようと。

僕としましてはto-fuさんのフットワークに触発されてどこでもドラッグストアーに行くみたいな格好で出かけるド変態になってしまったわけですが……(なすりつけあい)、そうですね、頑張れば行けるのであれば行かない手はないと思いますね、確かに!
逆に、いかにLCCで気軽に行けるといっても、行くだけで終わるなら海外なんか少しも興味はなくて……。
日本列島ってメルカトル図法のせいで小さく見えますが、九州から青森まで移動するとまるきりEU圏を横断旅行したくらいの規模になるんですよね……変化もあるし、色々と潜んでいるわけです。
いや、距離以上に、巨樹を追っていると日本の深みを覗き込むことができると感じています。
東北や四国が俄然魅力的に思えて仕方ないですもんね。

「白山神社のカツラ」のあたり、うおお、どうなっちまうんだ俺は?! 的な感じがあってゾクゾクしますよね。笑
いやでも、九頭竜湖方面から石徹白に登って行く道はもっと怖……いや、素晴らしいので是非行ってみてください!!!(謎の激推し)








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧



・11日間、2600キロ超。
 行き当たりばったり旅の紀行文・
「西日本長距離車旅」



・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示



最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
MX-1 
DP2Merrill 
Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OptioA30 
Distagon35mmf2.8 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//