2018/11/07//Wed.
秋の北海道巨樹紀行4 林道を走って泥んこになる
hokkaido1890.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
MX-1

 (なんでこの人こんな道に来てしまったのか、これからお話しします。✳︎)

  ✳︎まるで「人生の選択を誤った」みたいな書き方ですが、またかよ。


hokkaido1895.jpg

 車中泊の朝は早い。
 昨晩は結構しばれました。
 なにぶん北海道、しばれる(北海道なので、わざと言ってる)ということが簡単に想像できたので、いつもの寝袋に加えて氷点下性能のあるものを導入しております。
 おかげで安眠しましたが、寝袋にかけたアルミシートの結露の多さが寒さを物語っていました。

 まあでも、別に苦労したわけでもないよね。
 周囲にも乗り物と二人三脚で旅するテント泊のワイルド野郎が結構おり、気が大きくなってきます。
 こりゃあ本州ではビクビクする必要は全くないね。
 (そんなこと言ってる奴から死ぬんだということはご存知)

hokkaido1886.jpg

 今日は巨樹学会の野外調査に参加なのですが、10時に阿寒湖温泉に行けば良い。
 起きた段階でまだ4時間以上もあり、支度の他は会の人と話す場合を想定してのロール・プレイング・訓練くらいしかやることがないし、そういう生活はフェリーの中で飽き飽きしています。
 チェックしてある津別町の巨樹については復路で回ってみようかと考えていたのですが、実は現地点からかなり近い。 
 思い切って前倒ししてみることにしました。

 若干迷いつつも目印となる看板を見つけ、中の道に入る。すぐに舗装が切れます。
 どうやら若干の山登りになるようで、ガタゴト道はあっという間に綺麗に色づく木々に包まれました。

hokkaido1888.jpg

 ウワー綺麗、とか喜んでいたのも束の間、道は狭くなり……というか、道と呼べない何かに変貌していきます。
 いや、林道。林道ってのはまだ道ですよね。
 獣道ってのよりは全然上等なわけじゃないですか。

hokkaido1887.jpg

 だから安心ってことじゃないんですよ。ええ?
 分岐点で、「ははは、まさかあっちじゃねえだろ?」って言ったら、そっちだった。悪い方。
 この傍らには注意喚起の看板があり、「ここは林道です、何が起こっても誰も責任は取りません」という冷たいお言葉が書いてあります。
 ポストみたいなのもあって、進入時はカビたノートに名前を書くようになっているが、フタを開けた途端でかい蜘蛛が飛び出す。
 まあ、書きますが、何かあってジャフーに助けを求めようにも、携帯の電波が心細い。

 行きますか? やめますか?

hokkaido1894.jpg

 で、行ったわけです。
 行きは正直気が気ではなかったので、映像的にも落ち度が多く、帰りのドラレコ映像を使って雰囲気をお伝えしようと思います……。
 (なので、時間が逆回しになります。向きは逆にできないけど)

 林野庁か自治体か忘れましたが、案内のマップにも「雨の日などはぬかるみます」とありました。
 雨はここ2、3日降ってない気がしますが、それでもこれ。
 腐葉土と粘土質のドロドロのせいで、ズルズルっと滑ります。

hokkaido1893.jpg

 嫌さが極まっている。

hokkaido1892.jpg

 あー、えー、また水たまり。
 止まっちゃダメになる気がするので、突撃。
 うそ、こんな深いの?

hokkaido1891.jpg

 勾配はさほどではないですが、総合的に見ると、自動車は四輪駆動以外はやめといた方がいいような道です。
 路肩が崩落してるところもあった。
 それとも道民はこのくらい平気でファミリーカーで登っていくんだろうか。
 まあ、考えない。僕は道民じゃないし。


hokkaido1876.jpg

 そんなこんなを4キロこなして出会った「双葉のミズナラ」。
 苦労も報われる、素晴らしい巨樹でした。
 ああ、自分は巨樹を見に北海道まで来たんだなあ……そういう達成感が得られました。
 周囲の森林も静かで美しい。
 気の向くまま、存分にこの出会いを味わいました。


hokkaido1889.jpg

 ああ、来られてほんとに良かった。
 ……車さん、そんな顔しないでよ(そういう風に見える私の心)。

 実際、この樹の下が林道の終点です。
 途中で分岐もありますが、ここ30年ほどで発見された巨樹ということなので、こちらのルートの開発はここまでで止まっているのかもしれません。

 さて、とりあえず走破できることはわかったので帰りは幾分気が楽ですが、油断して事故らないように気をつけましょう。
 あの道をまた帰る! 嫌だな!
 

hokkaido1897.jpg

 ……というような感じで、道の駅「あいおい」に戻ってきました。
 巨樹巡りをやっていると、四輪駆動で良かったと思う場面が何度もやってきますが……今回加えて言うなら、四駆は四駆でも、ラグジュアリイ・カーはダメですね。
 ハリアーさんであるとかレクサスさんであるとか、ああいうのの走破性がどんくらいなのかはともかく、泥んこの中に突入しようとは思わんでしょうし。
 帰って見てみたら、覚えのない小傷がいくつも増えてましたし(涙)。

hokkaido1883.jpg

 ありがとう、今回も君のおかげで行くことができた。ありがとう!
 だけどごめんね、先に謝っとく。
 指一本触れたくねえ。


hokkaido1882.jpg

10月14日(抜粋)

 14日朝は、エクスカーションの集合が10時だったのだが、車中泊の常で5時に起きている。
 ぐずぐず時間を潰しているのも勿体ないので、津別町の「双葉のミズナラ」を強行で見に行ってしまった。
 道の駅「あいおい」からさほど遠くなかったのだ。

 しかし、林道はぬかるみ、ハードだった。フォレスターもドロドロ。
 それだけに、とてもいい巨樹に出会えたと思う。「双葉のミズナラ」はまさに北海道のイメージにぴったりの巨樹だ。

 もどり道、「あいおい」の通過時にちょっと寄ると、まさに昨日のバイクの彼がライダーハウスの前で出発の支度をしているところだったので、声をかけた。
 オフローダーに対する場合、クルマが汚れているくらいの方が対等でいい感じかもしれないな。
 「汚しましたねー」とか言ってこちらの車を見てニヤニヤしていたので、ミズナラの話をすると(まだ興奮気味)、自分も行ってみたいと言い出した。
 まあ、バイクの方が何倍も楽だろう。人間が泥まみれになるかもしれないが。
 地図のプリントアウトがあったので、その裏にこちらのメアドを書いて渡した。
 「茨城へもいつかきっと行くので連絡したい」と言ってくれて、嬉しかった。
 名前も聞いたが忘れてしまった。まあいい。旅の出会いは良いな。

(続く)
>> 2018/11/08 23:04
フォレスターさん、ドロドロ(笑)。
いや、でもそれが格好いいし、頼もしく感じる存在ですよね。
同じような道に出くわし、ぬかるみにビビって勇気ある撤退をしたばかりなのですよ、最近。
やっぱりこの趣味を上で、四駆は必須のような気がしてきました。
>> 2018/11/09 14:30
RYO-JIさん>
ドロドロです。かわいそうに。泣
ほんとはすぐピカピカに戻してやりたかったのですけど、この後阿寒湖に急行して森の中を一日中歩く予定なので、駐車場で晒し者です。
でも、ここまで汚すとなると、それ相応のコトをやらかしたという証と言いますか。
並み居るSUVやクロカンに並べても、どうだ! という気分でしたよ。
「うわーきったねえ、近くに停めるのやめようぜ」とか言われてたかもしれませんが……。

スタッドレスの時期はともかくとして、そろそろ次タイヤも考える時期なので、悩ましいところです。
長距離楽なのを選ぶか、泥んこへっちゃらタイヤを選ぶか。
とはいえ、ジャフーの世話になるのは嫌ですから、調子に乗らず、慎重に行こうと思います。。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
プロフィール

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧



・11日間、2600キロ超。
 行き当たりばったり旅の紀行文・
「西日本長距離車旅」



・写真展(2013.2)・
「旅の、まだ途中」
(Web版が見られます)



カテゴリー検索と表示



最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
MX-1 
DP2Merrill 
Pancolar80mmf1.8 
OtherCamera 
K-7 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
FA35mmf2 
CZ・Ultron50mmf1.8 
OptioA30 
Distagon35mmf2.8 
Flektogon20mmf2.8 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
smc-m20mmf4 
Pancolar50mmf1.8 
smcTakumar105mmf2.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from coma222. Make your own badge here.
copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//